子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4浪からは・・・

2017.04.14 (Fri)

4月になりました。
わが子たちもそれぞれに進級し、
長男 医学部医学科2年、
次男 医学部医学科3年、
長女 公立高校2年
になりました。
それぞれ忙しそうです。

特に長男と娘ちゃんは
新入生の部活勧誘に忙しいです。
長男は新入生が入らないと何かにつけて芸をさせられるのが
一番下の学年なので、必死だそうです。
特に戦力になる経験者は熱烈勧誘、
思い起こせば去年の新歓では
経験者の長男にはびっちりと先輩たちがマークして
勧誘されたそうです。

次男は3年生になり部活の立ち位置は少し余裕が出てきました。
でも勉強のほうがこれから専門になるので大変らしいです。

子供たちの新生活のせいか、私までこの季節はワクワクします。
最近新しいことも始めましたし、
ずっとしなかったことを復活させたり・・。
長男が浪人中は何もやる気がしませんでしたから。


浪人生も新たなスタートですね。
私が励まされてきたブログの1つ、トホホ母さんの
ある記事の中にこんな言葉がありました。
(許可を得て引用させていただいてます)

子供が言っていたことがあります。

医学部一般入試で現役合格は「神」。

一浪も「稀」

二浪は「当たり前」

三浪は「当然」

四浪からは「その精神力が神」


この言葉見た時に、すごく私のツボにはまりました。
そうそう、そうよね・・って。

医学部の一般入試で現役や一浪で受かるなんて
ほんとにすごいこと、
そこで受からなくてもあまり驚かないかな。
二浪は現役みたいなもの(かつての予備校の先生の言葉)
三浪でまあ妥当かな。
そして我が家の四浪長男のように
それ以降は「その精神力が神」これに尽きます。
だんだん精神的に脱落していくんだと思います、多浪になると。
厳しい世界です。


以前三浪する前に「もう息子さんを解放してあげて」
「息子さんが医者になりたいのではなくあなたがさせたいだけでは?」
そんなコメントが来たことがあります。
弱っている時なのでそんなコメントに深く傷つきました。
でも最近気づきました。
長男が大学生活のことを話すとき、本当にいい顔しているんです。
勉強はすごくすごーく大変らしいけど、いい笑顔で話すんです。
ただこの笑顔を見たかっただけなんだ・・・
希望の道に進み、いきいきしている姿を見たかっただけ・・・

きっと浪人しているお子さんを支えている方も
同じ想いですよね。

「死なないでね」長男にそう言ったこともありました。
「はあ?」って長男は苦笑いしていましたが、
それくらい心配だったんです。
人から見れば大げさかもしれませんが、やはり当事者じゃなければ
わからない気持ちですね。

四浪からは見守る親の方も
「その精神力が神」なのかもしれません















スポンサーサイト

卒業式ですね

2017.03.01 (Wed)

3月になりました。
娘ちゃんの高校でも卒業式がありました。
え?あの子がもう卒業?この前高校合格したって
喜んでたのに~~
そんな感じで高校の3年間はわが子もよそのお子さんも
あっと言う間ですね。
地方だと親元を離れるという区切りでもあります。

私は卒業式の退場するときの子供たちの顔が好きです。
それぞれのいろんな想いを抱いての卒業、
やり切った、やり残した、つらかった、楽しかった・・・
それが1人1人の表情に出ている気がします。
見守る親御さんにも・・。


長男は浪人が確定していました。
次男は合格をいただいていました。
真逆の立場の卒業式でしたが、
長男も高校生活の中では「やり切った」という感じで
次男と同じく晴れ晴れとしていました。
ギリギリで合格して優秀な仲間の中で脱落することなく
よくついて行ったものだと今は思います。


娘ちゃんは中学では成績は上位でしたが、
今、数学・化学に大苦戦しています。
こんな偏差値あるの~っていう成績の連発です。
毎回「赤点回避」が目標っていうレベル。

それでも毎日めげずに元気に登校しています。
3番目の末っ子ともなると元気で学校が楽しいってだけで
嬉しく感じてしまいます^^;
2年後の卒業式は感無量だろうな~私。

高3の皆さん、
ご卒業おめでとうございます


うちの2人の息子たちも試験をすべてクリアしましたので
進級できそうです☆良かった・・・



GWに母娘旅

2016.05.10 (Tue)

GW、用があって次男のところに行きました。

娘ちゃんと夫はカレンダー通りの休みなので私だけ。

で、私の母に何気なく聞いてみました。

「次男のとこに行く?」

すると「行く!!行く行く」と今までにない弾んだ返事。


父が逝って2年、母も4月に80歳になりました。

近所の方、友達に毎日声をかけてもらい、独りで

暮らしています。自営業だったので常に父と一緒にいて、

毎日3食父の食事を準備して、出掛けても帰りの時間を

気にしていたので、今は淋しさよりも

自分の時間を十分楽しんでいる感じもします。


長男が合格したこともあり

自粛ムードも無くなったのでしょう。

母と2人で旅行したのは結婚前に北海道に行って以来です。


1日目は次男の部屋に泊まって、

きれい好きでパワフルな母と

普通の主婦の私で大掃除!洗濯は5回、

見違えるようにすっきりきれいになりました。


解剖で忙しい毎日で、洗濯も掃除もしていませんでした。

クリーニングに冬物を出して、

食材・日用品もたくさん買い出し。

「助かった~ばあちゃんまた来たらいいわ。」

(お小遣いももらったし次男はうれしい限り)

そんな次男の言葉が母は何より嬉しく、

大学と住んでる部屋も見て安心したようです。



2日目は旅館に3人で泊まって観光。

よく食べ、しゃべり、笑い、満喫しました。


「ばあちゃん、こんなに元気ならまた来れるよ」

そう次男は言っていましたが、私には1回1回が

最後になるかもという思いが強くなりました。

やはり80代ですから。

だから今回2人で行けて良かったです。

「次は長男のところに行く?」

「うん、行く、また連れて行って。」だそうです。


自分が80歳、あと30年後にこんなに元気で

子供に迷惑をかけず、1人暮らしができるだろうか?

そう考えただけでも母には感謝・尊敬です。

せめて長男と次男が国家試験に合格して

独り立ちする姿を見てほしいです。



そして8日は母の日でしたね。

息子たち2人からLINEで「母の日なので・・・」の

メールがありました。それだけで十分嬉しいです。

母親とは何て安上がりなのでしょう(笑)

「一人前になるのを楽しみにしておきます」

と2人には返信しました。



LINEはありがたい

2016.04.26 (Tue)

息子2人を外に出していると色々心配もあるし、連絡を

取らなきゃいけない時もありますが、その連絡は

ほとんどLINEです。有難いのは読んだのか読んでないのか

わかること「既読」です。

これが表示されたら「あ、読んではいるから忙しいのかな」と

返事がなくても思うのですが、既読がない状態が長いと

「何かあったのでは?」って心配になります。


返信がしやすいので、「生きているのやら?なんの連絡もない」

っていう昔の親のような状況ではありません。

「便りがないのは元気な証拠」とか言われてましたが、

携帯がない時代、親はすごく心配だったことでしょうね。

親にならないとわからないです。


入学式も「1枚くらいは写真撮って送って」といったら

友達と一緒に映った写真を送ってくれたし、

次男も話のついでに彼女がいるとカミングアウト・・・(*゚Q゚*)

わざわざがめんどくさい男にはLINEは

手軽なので送りやすいのでしょう。


「4浪はいた?」

「4浪は普通にいた、5浪もいたわ。でも仲良くなったのは

1浪が多いかな~」

「俺、よく1浪と間違われる。」

「1浪生は次男と同級生だね、弟みたいでいいじゃない」とか


「部活決めた?」

「テニスとバレーで迷ってる。どっちも先輩めっちゃ優しい。

新歓続きで疲れた。」


次男「解剖が始まってめっちゃ大変(;д;)夜遅くまで

帰れない。」

「いつもはユルイ大学でも大変なの?」

「うん、解剖だけは厳しい・・」

「がんばれ」


とか。まあ用事のついでに私も聞いているので

しょっちゅうではないですけどね。

その所々に様子がわかって安心してます。


そう言えば浪人時代には

「ダメだった・・・」

「落ちた・・医学部もう無理」

そんな1文にどれだけ私も落胆、心を痛めたか・・・。

励ましの言葉も見つからない時もありました。

合否を知らせるLINEが表示されるのがどんなに怖かったか。

それでも何にも連絡がなく悪いほうに悪いほうに

想像するよりは良かったと思いますが。


そんなLINEやり取りですが、

今通っている大学に合格した時だけは電話でした。

よっぽど嬉しかったのでしょう。


まあ、若い世代には何かと問題もあるようですが、

男の子の親としては有難いツールです。





コメントへの御礼

2014.04.07 (Mon)

たくさんの励ましをいただき大変うれしく、

何度も読み返しています。

今後1年間、苦しい時は皆さんのコメントを読み返して

元気を出そうと思います。

ブログ卒業にあたり大切な宝物ができました。


非公開のコメントを含めてもこのブログタイトル

「子育ては中学からがおもしろい」

が印象に残って下さっている方が多く、意外でした。

ブログを始める時に感じていたことをタイトルにしたのですが

このタイトルに?と思い読み始めて下さった方が

とても多かったようです。

ブログをお持ちの方はまたそちらでお付き合いのほど

よろしくお願いいたします。

メッセージにメールアドレスを書いてくださった方へは

改めてそちらにメールさせていただきます。

いつかまた「あれからどうなった?」のご報告を

新ブログで書ける日が来たらいいなと思います。

その時は温かく送り出してくださった皆さんには

ぜひ見つけていただきたい・・。

見つけていただけるよう今のブログタイトルを

どこかに残しておこうと思います。

その日まで皆様もお元気で。

また会える日を楽しみにしています。





 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。