子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪人するか迷うとき  経済的なこと

2017.03.10 (Fri)

国公立前期試験の結果が出そろいましたね。
あとは国立後期試験だけ。
私立も後期の結果だけを残し、あとは補欠繰り上げ合格が
回るのを待つだけの状態でしょう。

ここで(また)浪人するか・・・
(もう)他の道に進むか・・・
迷っている方も多いことでしょう。

本人の意思や夢はもちろんですが、
現実的に、浪人はお金がかかります。
予備校、受験料、旅費などなど。
これは一番大切で親子でしっかり
話し合わなければならない問題です。

下手するとうちの長男のように多浪してしまうこともあります。
一度はまると抜けられなくなる可能性のある医学部受験。
小さい頃からの夢だったならなおさら叶えたいし
叶えてあげたい・・・

時に周りは残酷で無責任なことを言います。
「弟が先に現役で合格して・・さすがに今年ダメだったら
あきらめるだろうよ」と夫の親戚があちこちに言っていたと
耳に入ってきました。
私たちの前では心配するふりをして・・・
間違ってはいなくてもそんなことをペラペラと・・。
合格後に聞いても傷つきました^^;

大切なのは本人の気持ち、
そしてそれを経済的に支える親。
それ以外は誰も責任をもってくれるわけでもないです。
これでダメならあきらめるという経済的な限界があるなら
それも伝えておかなければいけないと思います。
家庭によってそれは全然違いますから。
国立だけなのか、ここまでの学費の私立なら併願も可能かとか。

我が家は3人子供がいるし、夫の年齢を考えれば
4浪が限界でした。

最近は仮面浪人が増えているようです。
特に医学部をあきらめ薬学部に進学した人に多いようです。
息子たちの同級生でも薬学部に行っていた人はいるようです。

今日もご近所の次男の同級生が、1浪して薬学部に
進学したけれどあきらめられず医学部をもう一度
受けたいと言っていると聞きました。

うちも長男と4浪することを決めた後、
「仮面浪人は失敗する可能性が高いみたいだわ」
と長男が言いました。
「やっぱり・・考えてたんだ・・」
私は思いました。
薬学部に行ってもきっと辞めたいとかもう一度挑戦したい
っていうはず・・そうどこかで思っていたからです。
そうすれば薬学部の入学費・授業料・引っ越しなどなど
すべてが無駄になりました。
再受験なんてさせてあげられなかったでしょう。
仮面浪人するくらいならしっかり浪人を
それが我が家の答えでした。








スポンサーサイト

医学部入試面接のあれこれ

2017.02.02 (Thu)

国立大学の最終志願倍率が出たようです。
何倍であろうが点数を取れば受かる
それが受験です。
とはいえ気になりますね^^;

私立医学部入試も現在毎日のように行われています。
連日本当にお疲れ様です。

さて、医学部入試の面接ですが、
我が家は次男の推薦、長男の国立・私立と
様々な入試の面接を体験しました。
推薦はもちろん面接がかなり重視されるでしょう。
点数配分も半分を占めていました。


一般入試は、国立と私立の大きな違いは
私立の場合は1次試験が受かった人のみが
面接を受けて、国立は入試の最終日に受験者全員が
受けるということです。
だから私立は面接官が1次試験の点数・順位を
知っている可能性がありますが、国立の場合は
それがないのではと思います。


あくまでも長男が受けてみて・・・の感想ですが、
国立はごく普通の面接(本当に適性がない人をふるいにかける的な)
だったそうです。


ネット上には圧迫だった~とか全然興味を示してもらえなかった~
多浪だから厳しかった~
とかいろんな噂が飛び交って特に多浪生は不安になりますが、
以下が私立の面接と結果です。


すごく嫌なことを言われた面接・・・正規合格 Σ(゚Д゚)
圧迫で有名だったのに意外に優しかった・・・正規合格
試験の手ごたえ一番、面接も盛り上がった・・・補欠10番(あれ?)
ごく普通の面接・・・補欠20番(まあそんなものか)
全く興味なさそう・・・補欠後半(やっぱりね)
これは絶対に受かってると確信・・・正規合格(ほらね)


同じ大学でも圧迫だった、優しかった~
と感想があったりするので
多分当たった教授の性格かな?と思います。
それでもちゃんとめげずに答えたら試験ができていれば
正規合格です。

圧迫面接の時は本気でその生徒を試しているから
望み大という噂もあります。

でもあんまりいやなことを言われると
「絶対にあの大学蹴ってやる~~」と
本人は思ってしまうようです。
そしてこれは絶対に受かってると思った大学の合格が
やはり一番うれしかったようです。
面接官の印象がとても良かったと。


面接官も生徒をじっくり観察しているのでしょうが、
生徒のほうもそこで「この大学やだな」とか
「この大学なら」と感じるのでしょう。
就職試験と同じですね。

女の子に比べて面接が苦手な男子。
志望理由って言われても「偏差値で受かりやすそうだったから」
しかなんだけど^^;
言っちゃいけないけど・・思ってもいないことを
ペラペラと言えないのも男子ですね。

一般入試は過度に心配しなくても大丈夫ですが、
聞かれることはだいたいどの大学も同じなので
事前に自分の意見をきちんと整理しておくことが
大事かと思います。

まだまだ寒い日が続きます。
次男もインフルエンザにかかり心配しました。
我が家の大学生2人も進級をかけて戦っております。
無事に春に後輩を迎えられますように(祈)


つらかった

2017.01.23 (Mon)

先週の金曜日、夫がインフルエンザにかかり、
仕事を早退してきました。
ちょうど仕送りの日だったので、息子2人にも振込の
報告と一緒に夫のことを報告。
すると二人とも同じ反応
「え~~お父さんがインフルエンザって珍しい、
見たことない。」と。

そう、私も結婚して夫がインフルエンザに罹ったのは初めてです。
家族が罹っても夫だけは罹らなかった。
それほど元気で仕事を休まず頑張ってくれた夫。
息子たちはその後ろ姿、ちゃんと見てきた、
それが父親の大事な役割かな・・と感謝しています。

そのやり取りの中で、
「受験、始まったね、早いわ~一年が」と私。
「ほんと、去年の今頃は大変だった。
今もそこそこ大変だけどやっぱり先が見えなかったからね、
つらかった(笑)」と長男。

そうだよね~辛かったよね~~
と、やり取りは終わったのですが、
後でふとそのやり取りを思い出し
長男から浪人中に「つらかった」って言葉、
聞いたことあったっけ?
と考えました。
いや、一度も聞いたことなかった。

男だから?
親にだから?
浪人させてもらってるって思ってるから?
言葉に出すともう抑えられなくなる?

本心はわかりませんが、一度もつらいとは言わず、
次男の心配とかしていました。
そして「俺は大丈夫だから」って。
つらいって本人から聞いたら私もたまらなかったと思います。

帰省した時に思ったのですが、ずいぶん食べるようになりました。
「大学入って5キロ太った。入学した時は50キロだったから
受験期は50キロ切っていたんだろうな~」と。
それでもまだ痩せていますが・・。
浪人時は肌もニキビがたくさんできて、
頭にも頭皮湿疹が・・。
片頭痛も時々襲っていたようです。
平然を装っていましたが、体はストレスで限界近かったのかも。

浪人生がつらいのは長男が言うように
先が見えないから。
先が見えないなんて当たり前だけど・・・。


つらかった
その横に(笑)付き。
その言葉を聞いて、やっと過去のことになった気がしました。







たかが、されどセンター試験

2017.01.16 (Mon)

極寒の中でのセンター試験が終わりましたね。
ニュースで大雪の中試験に向かう受験生の姿は
たくましさを感じました。
お疲れ様でした。

我が家ののべ6回のセンター試験、
毎年パソコンの前から離れられず、
試験速報(難化・易化とか)が気になっていました。
見ても仕方ないとはわかっていながらも・・
それに予備校ごとに評価も違っていたりで・・
結局は自分の子ができたかできなかったか
それに尽きるんですよね。


長男のセンターを振り返ると、一言で
「センターは苦手」
でした。
もう二度と受けたくないって先日も言っていました。
必ず何かで足を引っ張っていました。
それが物理の年もあれば化学の年もある、数1だったり数Ⅱだったり。
これだけは比較的安定していた・・っていうのは
英語だけでした。
で、センターの後は落胆することばかりでしたので、
私もセンター試験といえば苦い思い出が多いです。


たかがセンターごときで命取られるわけじゃない
って開き直ろうとする気持ち。

されど今まで全受験生に平等に開かれていた門が
閉じられようとしている厳しい現実。
浪人するとその厳しさが痛すぎました。


難化・易化で多少の影響はありますが、
医学部を受験する人たちはやはり86%以上は必要かと、
そのうえ2次試験で武器になるような教科がなければ
もっとセンターで逃げ切らなければ厳しいかなと
思います。
センターリサーチを見るとA判定の上位グループが
必ず一定の割合でいて、その次のグループのB、C判定の
人たちの熾烈な戦いだと感じます。


少しでも可能性のあるところを全国津々浦々
リサーチや2次試験内容を見ながら出願を決めましたね。
できた人は迷いなくすぐに2次対策に、
いまいちな人は迷っている間に時間も過ぎていく。
そこでも差がついてしまいます。


そしてすぐに始まる怒涛の私立入試。
これも年々国立受験生の併願が増えて
多いところでは4000~5000人の出願。
特に東京都内の旧設校はかなりの難易度。
国立に受かり私立に全滅って人もいるくらいです。
滑り止めと思って受けて滑り止まらなかった3浪目(苦笑)
そして精神的に追い込まれ国立の対策も不十分で
全滅しました。


前回の記事に載せたカロリーメイトのCM をセンターの日に
夫に見せたら
「あ、これはやばい涙が出る」と。
今流れているCMには本当の受験生の後ろ姿と
親御さんのメッセージが流れていますね。


子供を想う気持ちは父親も同じ。
そして受験生を持つ親の気持ちも同じ。

センターの結果で閉じかけている門であれば
こじ開けてやる!そんな気持ちで最後まで頑張って!
浪人を考えるのはすべての闘いが終わってから。
受験校が決まったら、親バカといわれても信じましたね、
わが子の合格を。
それでいいんだと私は思っています。












あっぱれ、ゆとり世代

2016.08.15 (Mon)

オリンピック、はまってます。
今日の卓球女子団体準決勝、惜しかった~~

選手のほとんどがゆとり世代と言われる年齢。
世間では色々と問題・・も聞きますね。
うちの子供たちがその年齢であるので問題を聞くたびに
複雑な思いでしたが、
オリンピック選手たち、大活躍じゃないですか?!
なんか素直に嬉しい~~

監督や仲間のために、先輩のために、後輩のために・・
と頑張る姿は感動しますし、
捨てたもんじゃないじゃない!ゆとり世代も!
って思っちゃいます。
やはりどんな年代でも出会う先生・先輩・仲間って
大事だな~ってつくづく思いました。
ダメだダメだと嘆くよりいつまでも同じ指導ではなく
柔軟に指導も変えていくことなんでしょうね。

そして選手の親御さん、ただの部活動でも色々大変なのに、
あのレベルの選手でしたら、小さいころから経済的にも
労力的にも大変なご苦労をされたことでしょう。
やっぱり選手の年齢から私もほぼ親の立場で見ていますね。
(金メダル選手の一人は長男と名前が同じ^^)


4年後の東京オリンピックでもメインの選手はゆとり世代。
頑張れ!!また4年後が楽しみ!!
ゆとり世代のうちの子たちも強く生きていってほしい
お世話になった先生・先輩への恩を忘れず、
仲間を大事にし、後輩へ良い後ろ姿を見せられる。
オリンピック選手のように!!
頑張れ!ゆとり世代!





 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。