子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘ちゃん、進化中

2013.10.23 (Wed)

最近の娘ちゃんですが、中学に入ってずいぶん変わったと思います。

小さいころから人見知りが激しく、

あいさつされてもうつむいてしまうほど、

声も小さくて小学校の低学年の頃は授業中も手をあげることもなく

本当に目立たなかった存在です。誰に似たの?っていつも不思議でした。

高学年になると少し変化してピアノの伴奏をしたりしましたが、

それでも積極的で活発な女の子たちの中では控えめな存在でした。

「決して前に出てみんなを引っ張るタイプではありません」って

担任にも言われたし。

それが最近では、生徒会に立候補した子の応援演説をしたり、

クラス役員を受けたりしています。部活にも異常に燃えてるし・・。

席替えの時に

「先生、この班、男子は俺しかいない~」と嘆くある男子に

「ここに男子みたいな女子がいるわ~~」と先生が言ったそう。

だんしみたいなじょし???娘ちゃんが???

薄々気がついてはいましたが、最近私に性格が似てきました。

そして兄2人の中で育っているので、どうも性格が女の子らしくないようです。


女の子たちのごちゃごちゃした世界がとてもめんどくさい様で、

男子と話すほうが気が楽とか。女の友達もあっさりとした子ばかり。

部活で1年生のユニフォームやウインドブレーカーを決める時、

女子はそれはそれはもめるそうです。(色とか形とか)

男子ではそんなことなかったな~~~。

意見が分かれどっちも退かない。そのうち誰かが泣く・・・。

そんな日にはぐったりして帰ってきます。

「めんどくさい、どっちでもいいじゃない?!
泣けば意見が通るって思うって卑怯じゃない?
もう早く帰りたかったわ~」って。



友達とメールしても、面倒な時はたまにシカトしているようです(苦笑)

そんな娘ちゃんを見て長男が言いました。

「友達にあいつはあんな奴・・って思われたら楽だわ。」って。

断れないタイプの子はメールも延々と続いて大変なうえに

女の子のいざこざに巻き込まれやすいとか。なるほどね。

わかる気がするわ~~~。大人の世界でも同じですよね。

なんかいつももめ事に巻き込まれる人います!



激しい反抗期はないものの、都合が悪いことや面倒なことは

聞き流されています。これも一種の反抗期?と夫に聞けば、

「お母さんそっくり」らしいです。(確かに夫の話を聞き流すときあるわ)

女の子って自分を見ているようでなんだか変な感じですね。


勉強は課題テストで初めて学年で3番になりました。

学期末の通知表に「希望の進路」って欄があって

そこに長男・次男と同じ高校・学科が書いてあるんです。

「あれ?先生間違ってる?面談でO高校って言ったよね?!」

って私が言うと、

「あ、なんか一度学校で希望調査があって書いた気がする」と

言葉を濁す娘ちゃん。

長男が娘ちゃんがいない時に言いました。

「お母さんがO高校って決めつけたら駄目じゃない?
本当は娘ちゃんは俺たちと同じ○○科を目指してるんじゃない?」

そうなのかな~~。娘ちゃんには合わないと思うけどやっぱりどこかで

意識しているのかな~?

長男の言う通り、ちょっと黙っておこう・・。(反省)



上の子たちでも思いましたが、中学生からは変化が大きいです。

娘ちゃんも同じ、このブログのタイトルでもありますが、

本当に「子育ては中学からがおもしろい」と実感しています。






スポンサーサイト

最初が肝心

2013.07.05 (Fri)

中1の娘ちゃんの2度目の定期テストが今日で終わります。

入学時に初めて順位が出るテストがあり、なんと娘ちゃん

220人中9位でした。(家族・祖父母みんなびっくり!!)

実は春休み、インフルエンザが治って入学までの5日間くらい

小学校の復習を一緒にしました。それでも我が家ではいつまでも

赤ちゃんのような娘ちゃんがここまでの結果が出せるなんて

正直誰も思っていませんでした。

何にも勉強しないまま最初のテストに臨んでびみょーな結果だった

長男と、少し復習をして2位を取った次男ではその後の勉強に対する意識

が全く違いました。(もちろん性格の違いもありますが)

塾にも行っていなかった子供にとっては、初めて順位がつくこのテスト、

親子共々大きな影響があるものです。

私の中で「最初が肝心」と強く思うところです。

で、娘ちゃんですが自分でも予想外の結果だったので嬉しかったのは

もちろんですが「自信」がついたようです。

そして周りから「できるんだね」と思われたこと。

これがあると次に「下がれない」という気持ち(プライド)になるようです。

この自信とプライドを最初に持てることが私の狙いでした。
 (特に女の子は自信を失いがちなので)


そのあと初めての定期テストがありましたが、この時は5教科で479点、

平均約96点で10位でした。

まだ範囲が狭く平均が高いのですが、中学受験組の男の子たちが

たくさん残ってくれたことで上位は高得点です。

その中で娘ちゃん、健闘したと思います。

今回は副教科もあるので順位はあまり気にしないですが、

5教科で485点以上を目指そう!!と目標にしました。

さてどうなるかわかりませんが・・・。


最初の定期テストから「テスト勉強のやり方」をまだ一緒に考えて

教えている状況です。次男もアドバイスしてくれています。

反抗期に入る前(まだ親の言うことに耳を傾けてくれる)に

自分でやれる力がつくと良いかなと思っています。


今のところ面倒くさがるものの土日は一日4~5時間、テスト勉強を

集中してしていました。

テスト前でなくても毎日2~3時間は勉強していますし(内容は??)

授業はよく聞いているみたいでした。(質問にほとんど答えました)

あとはテスト前に実際にいろんな問題を解いてみて弱いところを

確認していく、問題に慣れる、ミスをなくすという段階です。


まあ、最初の長男の時に比べて一番良いのは環境です。

次男も少しずれましたが週末はテスト期間中でした。

そして長男は一年中テスト前(苦笑)

だから勉強しなきゃの雰囲気はばっちりです。

わからないところはすぐに次男に聞けるし・・。


夏休み、塾の夏期講習に行く?と聞いてみましたが

行かない・・とのこと。

自分で数時間できる力があれば今は私も必要ないかな~と

思い、この夏は自宅学習だけにしました。

夏休み、暑い野外でテニスの部活、

きっと体力もつくことでしょう。(そしてお顔は真っ黒に・・)

たった数カ月ですが、すっかり中学生らしくなった娘ちゃん、

「小学校も楽しかったけど、中学のほうがもっと楽しい」

その言葉が親にとっては何よりです。









ようやく4月 娘ちゃん中学入学

2013.04.10 (Wed)

4月になりました。(もう10日経ってしまったけど・・)

3月までは体調も悪かったこともあり、なんかすっきりしない気持ちを

ずっと抱えていました。

でも4月の持つ魔力なのでしょうか・・?

新しいことが始まる4月になってようやく気持ちがすっきりしました。

4月の最初の更新なので、予備校の続きがありましたが

娘ちゃんの中学入学の記事にします。


おととい、無事に地元中に入学した娘ちゃん。

長男・次男いわく

「かわいい子でも100パーセント地味に見える制服」
(要するにいまどきのかわいい制服とは程遠い昔からのデザイン)

を身にまとい、髪も2つ結びにし、女子中学生になりました。

それでも親から見れば十分かわいいです。(親ばか)

学年は周辺の学校と合わさって、220人、7クラスです。

県内では大きい規模の学校です。

そして今日と明日、初めて学年順位が出るテストです。

小学校の卒業式の日、算数を教えてくださっていた先生に

「娘ちゃん、受験されたらよかったのに~もったいない!
やらなきゃいけない時にきちんとできるお子さんだから
きっと伸びますよ~」

って言われました。受験なんて全然考えてなかったので意外でしたが、

あれ??まったくできないわけではないのかな???

そう思いました。

塾にも行っていないと自分の子がどれくらい勉強ができるのかなんて

小学校では全然わからないですからね・・。

そもそも「やらなきゃいけない時にきちんとできる」だけで

公立中ではまあまあの成績が取れるわけで・・・

それができるかできないかは高校でも大きな差となってきますね。

兄弟3人をよく知っているピアノの先生は

「娘ちゃんが3人の中で一番カンが良い」と小さいころから言っています。

また長期の休みだけお世話になった個別指導の先生も
(長男の高校受験・次男も半年ほど通いました)

「娘ちゃんが目標を持ったら3人の中で一番すごいかも・・」と。

親には全然ピンと来ないんですが・・・。




でも過度な期待は禁物、体が華奢な娘ちゃんなので

部活(テニスに入ると言っています)に慣れて体力をつけながら

少しずつ競争心や集中力がついて来ればよいかな~って思います。

我が家にとっても最後の子なので、今までの経験をもとに

焦らずに見守っていこうと思います。
 
でも欲を言えば私ができなかった理系科目が得意な女の子

「理系女子」になってほしいな~憧れです!!


女の子はこれから人間関係も複雑になりますね。

次男の同級生の女の子のお母さんに

「女の子は中学から大変?」

って聞いたら、

「う~ん、でも自分も女だから、そうね・・そんな人もいたね・・
そんなこともあったね・・って共感できるからそんなに大変って
思わなかったわ。それより上の男の子のほうが
なんでそうなの?ってわからないことがたくさんあったわ」

って言っていました。確かに自分も女の世界で生きてきたんですもんね。

共感できること、アドバイスできることはたくさんあるのかも・・。

私は兄2人がいたから男の子の子育てもあまり大変って思わなかったのかも・・。

いろいろあってもそれが生きていく力になってくれればいい。

このブログのタイトル

「子育ては中学からがおもしろい」

これを娘ちゃんでも感じていければ良いな~って思います。

女の子をお持ちの先輩母の皆さん、いろいろとアドバイスくださいね!!


ところで,女の子の制服のスカートって、洗濯したら毎回ひだにアイロン
かけるのかな??ひだが多いんですよね~娘ちゃんの制服・・。
昔は布団の下で「寝押し」ってしてませんでした??


想わぬ人から想われる

2012.11.14 (Wed)

小6の娘ちゃん、3・4年生ごろから学校での女の子の話題の中心といえば

「誰が誰を好き?」というお話。

1番は○○君、2番目は△△君、3番目は・・・・なんて順位をつけて、

「誰にも言わないから教えて」っていう友達がいて、

言ったらみんなに広まった、本人に伝わった・・とか

私が小学生の頃からとあんまり変わっていません。

誰がモテる・・とか本当に女の子はおませです。


長男が3年生の時に学校から帰ってきて、

「こんなのもらったけどどうしたらいい?」

って女の子からのラブレターを私に見せました。

それはご近所のとてもしっかりした子、そんな子がラブレターを

書くことにとてもビックリしました。

「Hさんはピアノが上手ですごな~って思います。
これからも友達として仲良くしてください。 とかは?」

そう言ったらそのまんま書いて返事をしたようです

女の子はお母さんにそれを見せてお母さんの言葉通り

返事をしたなんて想像もしなかったことでしょう。

3年男子なんて女の子に比べてすごくお子ちゃまですもん。


で、娘ちゃんですが・・コクハクをされたそうなんです。

周りのお節介女子から好かれていることは聞いていたので、

「もう気持ちは知っていると思うけど返事を聞かせてほしい」って

本人から言われたそう。

へえ~~~結構一人前な言葉・・・で???

「性格はすごく良くて優しいんだけど・・・太ってるのよね・・・

また~???

実は3年生くらいから、娘ちゃんを好きって言ってくれる男子が何人か

いたそうなんですが、み~んなおデブちゃんなんです。

おデブちゃんに好かれる娘ちゃん、私ではなく亡くなった義母に似て華奢なんです。

そこがおデブちゃんに好かれるのか???

そういえば義父も太ってるわ~!

そしてその告白のあとにまた娘ちゃんを好きっていう子が現れたらしく、

「その人も太ってる・・・」そう。あらまあ・・。

友達に「娘ちゃんを好きな人ってみんなデブばっかり」って笑われたとか。


娘ちゃんが今誰を好きなのかはわかりませんが、今までに1度だけ

4年生の頃に好きな人を教えてくれたことがあります。

長身でスポーツ万能、顔もカッコ良くて爽やか、そして優しい・・・S君。

もちろん今も学年で1番もてるそうです。

ちょっと前に学年でレクレーションをしたんですが、そのS君、

腕相撲にクラス代表で出場して、女の子と対戦した時に

さりげなく力を緩めてあげて勝負をつける時にもゆっくり倒していくんです。

女の子への気遣い、モテル男はこんな頃から違うんですね~~。

私の目も❤になりました。

でもS君を好きっていう時にも娘ちゃんは悩んでいました。

「S君、いいんだけど勉強ができないのよね・・・」

勉強が自分よりできないっていうのがいまいち引っかかる様でした。

優しくてかっこよくてスポーツ万能で勉強もできる男子なんてね~

なかなかいないでしょう???どこか妥協しなきゃ。

それにそんな素敵な男の子は素敵な女の子が好きなはずよ~~

そんな人に選ばれるようにならなきゃ~~~って指導いたしました。
  
  
  余談ですが、私の小学校からの同級生の超モテ男、
  大人になって会ったら、え???って言うほど地味な男に
  なっていました(笑) 


「想う人には想われず、想わぬ人から想われるっていうのよ」

「友達の絶対誰にも言わないからって言葉は信用しない方が良いよ」

などなど、かなり昔を思い出して娘ちゃんと女子トークをしています。

「お母さんはモテてはいなかったけど、好きな人とは両想いになれたな~」

「え~それの方が良いよね。好きな人だけに好かれた方が・・・」と娘ちゃん。


「ところで、あのコクハクの返事、どうしたの?」

「え?別に何にも・・・」

はあ?もしかしてそのまんま???男の子かわいそうに



中学になればもっと学校ではそんな話題ばかりでしょう。

今度は女の子の親目線で男の子を見る、なんか楽しみです。



   娘ちゃんとプリクラを撮りました。これ私??
   笑っちゃうくらい若くお目めパッチリ!家族大ウケ
   まだまだイケるんじゃない?って錯覚するわ~
   あの修正(しすぎ?)技術、すごいですね。
   息子たちいわく、「プリクラの写真で女の子を紹介されても
   絶対に信用できない」そう。
   息子は一緒に撮ってなんかくれないので、娘ちゃんがいて
   良かった!

夏休みの思い出 その1

2012.09.03 (Mon)

夏休みも終わり、今日からやっと1人の時間が帰ってきました。

ブログも娘ちゃんがいるので書けなくて御無沙汰していましたが、

皆さんお元気ですか?忘れられてたりして・・



さて、夏休みにも書きたいことがありましたので、思い出として

何回か書いていきます。

今日は珍しく娘ちゃんの事。

夏休みに娘ちゃん、生理が始まりました。

まだまだ体も細く、我が家では幼い末っ子のイメージの娘ちゃんなので、

年齢的にはそろそろと思いながらも、中学生になってからかな~って

のんびりしていました。

夏休みのある日、トイレから出てきた娘ちゃんが

「生理ってどんな感じ?」

と聞くので「もしかして始まったの?」と言うと

「う~~~んわからないけど・・・なんかパンツについているから」

って。

学校で生理について習っていたけど、

真っ赤ではないので娘ちゃんも戸惑ったよう。

下着を確認して、「生理が始まったんだわ!!おめでとう!!」

そう言うと、「何でおめでとう??」と不思議そうでした。

あれ?おめでとうで良いんだよね??

私も母にそう言われたし・・・

「体が大人になったってこと。赤ちゃんを産める体にね。
だからおめでとうなのよ」

「ふ~~んなんか変な感じ。」

私は母がぜんざいを作って祝ってくれたっけ。

ちょうど2人っきりだったのでファミレスでデザートを食べて

「女子だけでお祝い」をしました。

記憶に残ってくれるといいな・・。



夫にはメールで知らせたのですが、やはりびっくりしたようです。

職場の女の人に

「俺は帰った時にどう接したらいいか??」って相談したそうで

「普通にしてれば良いですよ」・・そう言われたそうです。

そりゃそうですよね。男親は何も言う必要はないですよね~~。

でも男親も複雑な想いのようです。



私に更年期の症状が現れたと思ったら娘ちゃんは生理が始まった・・。

長男や次男の思春期の成長はたくましく異性として嬉しかったのですが、

女の子の成長は同姓なのでちょっと違った思いがします。

自分が失っていくものを娘ちゃんがだんだん備えていく・・・

吸い取られていく感じです。きらきら輝いている姿に

軽く嫉妬してしまいます。

娘ちゃんを赤ちゃんの時から知っている母友が

「小学生だけど娘ちゃん、最近色気が出てきたよね」

って言っていました。

母と娘で女の世代交代って感じがします。

これから行事ごとに生理が重ならないか心配したり、

精神的に不安定な時期があったりするのでしょうね。

でもこれからが女同士で共感できる部分も多くなるのかもしれません。








 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。