子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

次男、内緒の行動

2013.05.25 (Sat)

ある日、次男の担任からクラス役員の事務的な連絡があり、

そのついでに先生に聞いてみました。

「先生、最近次男元気ですか?学校のことも何にも言わなくなったし
何かあったかな~?って思ってるんですが・・」

「あ~この2日くらいは立会演説のことで緊張していますね」

「たちあいえんぜつ????」

「お母さん知らなかったんですか?生徒会に立候補しているんですよ」

「全く知りませんでした・・・だから何にも言わなかったんですね」


いや~~~びっくりしました。

中学で生徒会長をして結構次男なりにはまっちゃったのかな?

そういえばこそこそパソコンを使っていたわ。

でも次男には知らないことにしておきました。

1300人くらいの前でどんなこと言うんだろ??聞きたいくらいでした。


そして数日後、家庭訪問がありました。

次男は帰りが間に合わず担任と2人で話しました。

「無事に当選しましたよ。今回は副会長で頑張ってもらいます。
次男君は演説の時に他の候補者は全員名前を連呼して
清き一票をお願いします・・って何度も言っているのに、言わないんですよ。
後で「名前連呼しなくて良かったの?」って聞いたら
「僕はあんなのは嫌いですから」って。
まあ、次男君らしいですけど(笑)
でもクラスの子の感想では「次男君の演説が一番心地よく聞けました」
っていうのがありましたよ。」

あんなのは嫌いって・・(苦笑)選挙なんだけど・・・。

まあ、先生が言うように次男らしいです。

で、連呼しなかった割に得票数は多かったらしく副会長になったようです。

美化委員長も兼任、自分の机周りも美化してね・・って感じですが・・。

生徒会長は女の子で前生徒会からの残留。

ものすごくしっかりしていて、先生にも厳しく詰め寄っていくようです。

次男と仲良しのS君は「女って怖いね~」って言いながら

その会長と先生の雰囲気がまずくなったら、

俺たちが空気を変えようぜ~って誓ったそうです。

でも役員の雰囲気も良く、6か月の任期中に文化祭・体育祭もあって

やりがいもあるとのこと。

また人間関係の幅も広がることでしょう。



担任にもう一つ聞いてみました。

「あの子が生徒会に立候補したって聞いて、思ったんですが、
医学部ではなくあの子はみんなで何かを形にしていく仕事のほうが
実は好きなんじゃないか、って。
田舎にいるといろんな職業があるってことがわからないから、
医学部でいいのかな~って思います。」

「次男君が迷った時には進路を変えても構わないと思うんです。
でも今お母さんがそう言ったらあの子は絶対に揺れます。
お母さんのこと、すごく好きですよね(笑)
役員をお母さんが引受けた時も、いやそうではありませんでしたし。
だから迷っていなければ今のままでいいと思います。
そして医学部なら地元大の推薦を受けられる条件はそろっていますので
そちらもお母さんの中で考えていてください。
もちろん今、推薦の話を本人にしたらダメですよ。」

そうか・・先生公認のマザコン??(笑)

母を好きってよりも、自分の一本筋が通った意見がないっていうのが

ホントだと思うんですが・・。


こうしてまた一つ大きな経験をさせてもらうことになりました。

勉強は???これで下がったらかっこ悪いと思って

頑張るんじゃない?っていうのが夫の予想です。

まあ、半年の任期、めいっぱい楽しんでちょうだい!です。

次男の近況

2013.05.08 (Wed)

5月になりました。ゴールデンウイークも終わりましたね。 

我が家はそれぞれバラバラの予定で終わりました。


さて、久しぶりに次男の話です。

高2に無事に進級しました。ほんとに早いものです。

担任は次男も私も大好きな去年の先生。

始業式の日に「やった~~」ってにこにこして

帰ってきました。高2男子がこんなに喜ぶ先生なら・・・ってことで

誰も引き受けそうになかったクラス委員を引き受けちゃいました。
(先生から事前にお願いされていたこともあって・・)

ちなみに娘ちゃんのクラスの委員も引き受けたので、

何かと忙しい一年になりそうです。

でもそのほうが気が紛れて良いかな~って気もしたのです。
 
役を受けて厄払い?!になればいいけど・・。


勉強のほうは、見たこともない偏差値の模試(去年の夏ごろ)以降、

地道に(次男らしく)成績を上げて行きました。

特にできる教科もなければ苦手すぎる教科もない・・っていうのは

相変わらずなので、全体的にあと一歩力をつけたいところです。

2年になってすぐの実力テストでは、物理・化学がいま一つ・・・

授業は理解できるようなのでこちらは演習量不足かな。
 
それでも総合順位は名前が載ったようです。

2年までは英数国を中心にと言われますが、夏休みとかには

理科も習った範囲の演習は積んでおきたいものです。

塾に通っている人も結構いるようですが、次男は塾に時間を

とられるのがいや・・とのこと。
(私も行かせたいわけではないのです・・なるべく自分でやってほしい)

でも英語の文法だけはしっかりやっておきたい(私もさせたい)。

どうも英語の先生にもタイプがあって、文法をしっかり教える先生と

文章を読みながら覚えていいけば良いっていうタイプがいるようで、

長男も次男も後者の先生にあたったもんだから、

できるのかできないのか自信のないままなんです。
(点数はそこそこ取れるんですが)

そこで気になっていた「東進」の英語の文法講座を受講することに

しました。通うのは嫌なので「在宅受講コース」っていうものです。

家のパソコンで受講、何度でも見れるので(浪人中の長男も見れて)お得。

感想は、やはりとってもわかりやすいようです。

90分間、全然眠くならないらしいです。

これを夏休みまでに終わらせて文法を固めてほしいと思います。


高校受験でもそうでしたが、2年の時に気を緩めずにしっかり基礎を

固めておくことが大学受験ではもっと大切かと思います。

とてもじゃないけど3年の1年だけでは基礎ができていないと

どうにかなる量ではないので。

そして最近すごく感じるのは、「読解力」って大事だな~~ってことです。

英文法だって文法の本を読めばちゃんと書いてあるでしょう。

ほかの教科だって参考書を見ればわかるはずです。

でも文章を読んで理解する力がなければ、

良い参考書だって役に立ちません。

「国語の成績が上がったら他の教科も上がった」と受験ブログに

書いていた人がいましたが、なんか納得です。

パソコンなど簡単・便利なものがたくさんあるので、

文章をしっかり何度も読んで理解しようという力が

弱くなってきているのかな・・・。

(そういいながら東進頼んじゃったけど)


部活も何とか続けています。

でも中学のころに痛めて無理をした脚(ひざ)が、

長時間の試合や練習試合になると痛んでくるようです。

やっぱり古傷って痛むものなんですね・・。

だから部活はもうすぐ3年生が引退ですが、

最後まで続けるかはわからないみたいです。

でも、担任から「よく両立できている」ってほめられるから

辞めにくい・・そうです。


まあ、次男はこんな感じ(?)でマイペースでやっています。

2番目ってこともあって、勉強もとっても大事ですが、

高校でしかできないことも楽しんでほしいな~って思う私です。

彼女は???今はいない気がしますが謎です。
















次男の謎

2012.12.11 (Tue)

次男が言うには、この時期「クリスマスをどう過ごすか?」が

クラスでも話題だそうです。

男子でもそんなこと話題になるんだ~イブはお休みだもんね・・。


最近彼女ができたK君、それはそれは楽しそうに

平日の夜のファミレスで彼女と食事をしていて、

家族で行った次男に全然気づきませんでした。

次男がこっそり「お前、楽しそうだね~」ってメールを送ったのですが、

それにも気付かないくらいK君は舞い上がっていました。
(私も見ていてほほえましく感じました)

店を出た後メールに気付き周りを見回したそう。

「あいつどこにいるんだ~~」って。


また部活が同じのかず君(仮名)、入学当初お母さんが

「うちのかず君、女の子が苦手で、話をするのも嫌なのよ。
お母さんが大好きって言うのよ~お風呂もまだ一緒に入ることも
あるし~」

などと嬉しそうにいつも話していたんです。

まあ、子供の話をする時に、「君」づけすることだけでも

私とはまったく違うタイプなんですが・・。
(部活の応援も「かずく~ん!!」です)

その最愛のかず君になんと彼女ができたそうで、

お母さんは最初の頃、発狂してました

「彼女と別れるか?お母さんが死ぬか?どっちか選びなさい」

なんてしょちゅうかず君に詰め寄っていたそうなんです。
(すごく極端な選択肢)

私が冗談で「そりゃ~彼女をえらぶでしょ?」って言ったら

「え~かず君はそんなことない。どっちも大事って言った」

と真剣に言われました。

まあ、建前は「彼女ができて全然勉強しなくて、1ケタだった成績が
100番台になってしまった。担任にもお前にはがっかりだなんて
言われて情けない」そうなんです。

でもやっぱりそれより何より、私以外の女に息子がとられるのはいや・・・

って言うのが本音、かず君の母、正直なんです。

うちにかず君が遊びに来ても、本当かどうか私にメールが来ます。

「うちのかず君、本当にお邪魔してますか?」って。

そんなかず君、「将来は彼女と結婚して、お母さんとも彼女の
両親ともみんなで暮らしたい」

って言うんですって。それに彼女と❤スした報告まで・・。

まあ、他の部活母の表現を借りると

「幼稚園生がそのまま高校生になった感じ。」
(ナイス表現!)

彼女ができてもお母さんにも優しい、

そして同じように彼女にも優しい・・

だから余計にお母さんは彼女の存在がいやみたいです。

「misaさんは次男君に彼女がいるけど平気なの?」

そう真顔で聞かれたことがあります。

う~~~ん、ぜんぜん嫌じゃありません。正常なことだもん。

これって私がおかしいのかな?

K君のお母さんも息子に彼女なんていや!って言っていました。

「お母さんのようにぽっちゃりした人が好みって言ってくれる」って。

いや~K君の彼女・・とても華奢でした

K君もかず君もお母さんへのリップサービスをたくさんしてたんだわ~

親は素直に嬉しいもんね~~。



で、うちの次男なんですが・・・

昨日ゴミ出しの時に、ごみ箱に中学からずっと付き合っていた

彼女とのプリクラが捨てられていました。

あれ?別れた?(夏まで続けば・・と思っていたけどよく続いたわ)

でも先週、携帯に「進研の数学何点だった?」って彼女から

メール来てたけど・・
(次男の携帯、開けなくても相手の名前と最初の文が表示されるんです
決してのぞいたわけではありません・・目に入ったんです)

別れた?振られた?それとも振った?

若い子の恋愛は急展開だからな~~~。

あまり感情を表に出さないポーカーフェイスの次男、

謎・・です。

そしてクリスマスどう過ごすのかも・・謎です。







手放す勇気

2012.11.16 (Fri)

少し前に次男の3者面談がありました。

その日も夕方から5人ほど予定に入っていたので、

先生のペースで進められていきました。

「じゃあまず選択科目ね、社会は地理、間違いない?」

「はい」

「理科は生物にしてるけどこれでいいの?」

「いや~物理は苦手意識があったので生物ってしましたが、
最近難しい物理の問題も解ける時があって、先生にもほめられたので
迷っています。」

「そう、あなたの数学の成績から見て物理が苦手ってことはないと
思うんだけど、物理は独学ができないからとりあえず物理を選択して、
ダメだと思ったら生物に変えたら?どちらにしても2次の理科は
かなり難しいよ。」


「はあ、わかりました」

「ところで、第1志望大学の入試科目の特徴はわかってる?」

「・・・・?」

「国語が2次試験にあるってことです」

「お母さんの方が知ってるじゃない?!そう、これが大きな特徴。」
で、この大学のランキングがどれくらいか知ってる?」

「・・15番目くらい???」

「いや、4番目くらいでしょう」

「そうです。またお母さんの方が知ってるじゃない!!
かなりレベルが高い大学だよ、わかってる?
忙しいのはわかるけど、自分のことでしょう。ちゃんと調べなくちゃ。
今のクラスの目標は何かわかっているよね?」


「目標???・・・・・・」

「自立ですよね」

「は~~~~最後までお母さんの方が知ってた。なんかね、
医学部に行きたいっていう気持ちが感じられないのよ。」


「最近、教師にもなりたいかなとか迷っているみたいで・・」

「そう、前回の2者面談でそう言っていましたね。よほど今までに
良い先生に出会ったのかな?で、今はどう?」

「まだ迷っています。」

「あなたはどちらの道でも合うと思うから、迷っているんだったら
色々調べたり、セミナーに参加したりして自分から行動を起こし
なさい。わかってる?自立だよ!自立!!



とまあこんな感じでゆる~い次男にビシバシと先生の言葉が飛んできます。

先生の言われる「自立」

教師として子供達に至れり尽くせり(面倒見が良い)が良いことだと

思ってきたけれど、いずれ社会に出ていく子供たちにそれでいいのか?

「手放す勇気」も必要なのでは・・?と最近では感じると。

受身ではなく自分で行動を起こせる子に。

長男を外に出してみると、先生の考えに共感します。

次男もあと2年で親元を巣立っていくんですもん。

自分で考えて行動を起こしておくれ!!

親として(大人として)の助言はできるけど決定は自分でしてよ!

今までしっかり握っていた手を少しずつゆるめて行こう。



親としては免許があれば就職に困らない医師の道が安心ではあります。

小児科とか向いているな~って思うんですけどね。

それに理数系が苦手ではない次男なら長男ほど苦労しないのでは?

でも生きていくのは次男ですからね、今はそっとしています。

面談後、教育関係を目指すにはどこの大学か?とか調べていました。

「う~~んわからない・・・でもわからないっていうと東大目指せって
言われるからね~東大なんてとんでもないし・・」

医学部とは違い大学をしぼって目指さないといけないですからね。

長男は「教師になりたいなら予備校講師になったら?」と。
(次男は予備校に行っていないのでそのすごさはわかるわけないじゃない!)

というわけで、いまだ(まったりと)迷う次男です。
(でも友達と話しているときは、医学部志望で話しています。)

文理選択の秋

2012.10.30 (Tue)

先日、次男の学校の保護者会がありました。

1年の今頃といえば、文系・理系の選択についてが主な話でした。

これって結構大事な選択ですよね・・。

長男の同級生にも、3年で文転して独学で足りない教科を勉強して

東大に合格した人もいますし、理系で受験して浪人から文転した

人もいます。何になりたいかはっきりしていない人にとっては

とても迷って、数学が苦手だから文系とかって選び方も

してしまいます。私もそうでした。

でも後で変わろうと思ったら、独学しなくてはいけない教科があり

かなり大変なので、しっかり決めなくてはいけません。


今は就職難ってこともあって女子にも理系が人気だそうです。

次男の学年全体でも文系と理系の志望者は1対3くらいの

割合で圧倒的に理系が多いそうです。


次男は理系です。

そこでは迷いはなさそうですが、「物理より生物を選ぶ」

って最近言っています。え~良いの???って感じですが、

物理は点数がとれそうにない・・そうです。

そんなにテストが悪いわけではないのに・・・早すぎる決断・・。

次男たちの学年からセンター試験も大きく変わるようです。

自分の受けたい大学の情報をよく見てから科目選択も考えるように

・・ってことなんですが、医学部の場合、センターの結果次第で

志望校変更ってこともかなりあるので、

化学と生物で受験できる大学がどれくらいあるかを

調べておかないといけないです。まあ、今までも理科2科目のところが

大半だったので、化学・物理・生物から2教科になるのでしょうが、

大学がまだ方針を出していないところもあるようです。

センターが大きく変更がある年って混乱しますよね。

物理も(捨てずに)頑張れば、理科3教科の医学部も選択肢に・・

って親は思うんですが、本人は2教科でもやっとなのでしょう。


社会は地理を選択するようです。

これは私の勧めもあってです。

日本史は時間をとられすぎます。地理は点数がとりにくいらしいですが、

センターしかなく100点満点なので、2次にもある他の教科で

しっかり点をとる方が良いのではと思います。
(傾斜配点を設けているところは、数学や理科の比重が大きいし)

何より今の担任が地理担当なので期待が持てそうです。

日本史の先生が長男たちの先生だと対策はほぼしてくれません。

長男が予備校に行ってみて、圧倒的に理系は地理選択が多かったそうです。

そんな色々なことを総合して、地理に決定しました。


そうそう、1年の今は現代社会を習っているのですが、テスト前に必死に

現社の勉強をしているクラスメートに、次男とお兄ちゃんがいるO君が

「現社って入試に要らないよ」 って言ったそうです。

「え??マジ??な~んだ、じゃあしない」とクラスメートたち。

先生すみません、余計なアドバイスをしました・・。



高校に入学して早くも半年以上が過ぎ、文系理系の選択、理社の選択など

じわじわと次男にも大学受験が近付いて来るんだな~と思いました。


高校の保護者会も長男の時からすべて参加してきましたが、

事あるごとにされる先生方の

「授業に集中し宿題をきちんとして、遅刻もせず容儀面も
きちんとしていた生徒が最後には合格を勝ち取る」

みたいな内容の話・・・実際はどうなんでしょう。

「要らないと思う授業中は他の勉強をして、宿題もろくに出さず、
遅刻の常習犯で真面目じゃなくても勉強ができれば合格する」

って長男が笑って言っていました。

「先生の話、ウソだわ、宿題も無駄に多すぎるから時には取捨選択も必要」って。

合格したメンバーを見ると・・・なるほどね!
(特に京都大合格者はユニークな人が多いです。)

もちろん先生方の理想の生徒さんもいるんですが・・。
(東大合格者や医学部推薦の人がこちらのタイプかな~?)

まあ、学校はそんなこと言えませんからね~。


自分の志望大に行くのにはどんな力が必要で、自分には何が足りなくて

そのために今、どう対策すればよいかを冷静に見極め実行できる人が

最後に成功するのかな~って思います。

それが真の賢さなのかもです。







 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR