子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男の医学部入試⑧ 巣立ちの準備

2016.07.08 (Fri)

他の人より早く合格をいただいた次男。
発表の翌週には、住むところを探しに行きました。
ちょうど入学時期に合わせて建築中のマンションが
学校近くにあり、間取りも気に入り、
すぐに決まりました。部屋もまだ選び放題でしたので、
南向きの3階を選びました。

受験の時に「落ちたらもう来ることはないかも」と言ってましたので
ご縁があったのだと改めて思いました。

それからはいろんな手続きと、
一人暮らしに必要なものの準備、
大学にお子さんを出されたことがある方はわかると思いますが、
この時期はびっくりするくらいお金が飛んでいきますね~
入学金・学生生協関係の出費・家電・家具・敷金礼金、
受験から落ち着くまでの往復旅費(我が家は往復4回)
本当に諭吉様が大量に我が家から出て行かれました(-.-)

家電はまとめて買って、設置まで日にち指定で手配できたのですが、
家具はそれぞれネットで購入したので、3月末は時間指定はできず、
少しずつ届き、おまけにベットや本棚は次男がマンション下から
運送屋さんと階段で3階まで運ばなきゃならず、玄関先からは
私と2人で・・・本当に大変でした。
おまけに梱包がしっかりしすぎていて、外すのも大変なうえに
大量のごみが出てさらに大変でした。


4回の往復のうち、私は3回、夫が入学式に1回。
次男と2人で旅行なんて・・・いい思い出になりました。
小さいころは子供たちと2人きりになる機会を大事にしてきました。
例えば1人だけ学校や幼稚園が休みの時などは外で食事をしたり・・
それが「自分だけ」と子供たちは嬉しそうでした。
特に真ん中の次男はそうでした。
でも今は親のほうが嬉しかった(笑)

長男と娘ちゃんの間で兄妹のバランスをうまく取ってくれていた
次男がいなくなることはとてもさみしかったです。
我が家の中で「いい仕事してくれてた」癒し系の次男です。


部屋が整い、スーパーに食料品を買い出しに行った帰り、
次男は自転車で先に荷物を部屋に運んだので、
私は一人で歩いていました。
大学の近くを通った時にふと見上げると、
大学の校舎と雲一つない空に満開の桜が飛び込んできました。
行くときには全然気が付きませんでした。
「わ~~きれい」
もう長男の4浪が決まり、本当につらかった時期、
でもこの桜は次男が咲かせた桜だ・・・
そう思うと胸がいっぱいになりました。
「次男のことを6年間よろしくお願いします」
心の中でそう願いました。


全ての準備を終えて、次男はうきうきしていました。
新しい生活が楽しみでたまらないのでしょう。
駅で別れる時、次男に手を差し出しました。
その途端ドーッと涙が・・・
次男はΣ(゚Д゚)
「泣かれても・・・。俺は大丈夫だから!」
握手をしながらそう言いました。
「そうね、頑張ってね。もうここでいいから」
やっとそう言い次男と別れました。
いつの間にあんなでかい手になってたのでしょう。
こうしてまた一人子供が家から巣立っていきました。

あれから1年以上たち、すっかり3人の生活にも慣れて
次男から「今度帰る」とか連絡があると
「え~~~旅費が~食費が~~~」と心で叫んでいます。
涙で別れたのに・・・(苦笑)慣れるんですね






スポンサーサイト

次男の医学部入試⑦ 発表&推薦入試の危うさ

2016.07.05 (Tue)

一応、前期と後期の出願も終え、さあ2次対策・・・なのですが、
実際は推薦入試の結果が気になって、勉強に集中できない状況です。

推薦入試の発表は2月上旬、たぶん7日ごろだったかと。
一般入試を受ける人たちは、すでに2次対策の真っ最中。

センターが目標通りに取れて、志望大学がはっきりしている人は
センター直後から2次対策に切り替われるわけです。

次男のように推薦入試の結果が出るまで対策に集中できないと、
結果がもしダメだった場合、もうそこで3週間ぐらいの
差ができてしまうのです。
ましては浪人生もたくさん狙っている医学部、
これが推薦入試の危うさです。


推薦入試を受けて、センター試験が全然取れなかった場合は
医学部受験自体がその年は厳しいし、
他学部に出願してもやる気が起こりません。

センター試験が微妙な点数の場合は、ダメだろうな?でももしかして?
そう思ってしまい勉強に手が付きません。

センター試験ができた時、マークミスなど気になりますが
合格を確信しているので他の2次対策なんか集中できません。

と、どんな場合でも推薦入試は結果が出るまで集中できないので、
推薦で不合格だった場合は浪人の可能性が大です。

次男の学年にセンター試験が次男よりはるかに取れていたのに
推薦が不合格だった人が2人いました。
もちろん誰もが合格を確信していました。
「まさかのマークミス??」
本人はショック、周りはΣ(゚Д゚)
でも2人とも前期試験でしっかり合格していました。
ってことは面接点??今でも大きな謎ですが2人ともよくそこから
気持ちを立て直して頑張ったと思います。



発表の日、次男は学校に行っていました。自主学習期間です。
発表の時間、私は怖くてしばらく見ることができませんでした。
でも「きっと大丈夫!」そう言い聞かせ手が震えながら
パソコンの合格発表のページをクリック、
一瞬で受験番号が目に飛び込んできました。
「あった~~~」そう言いながら涙が止まりませんでした。
すぐに次男の携帯にもラインで連絡を入れました。


次男のクラスではそれまでに合格者がいなくて、第1号だった様です。
職員室にあいさつに行くと
「皆さん、○組の次男君が○○大学の医学部に合格しました!!
○組の第1号です!」
そうある先生が大きな声で言ってくれて、先生方から
「おめでとう」と拍手が起こったそうです。


本当に嬉しい空気に家族も包まれました。
次男は「あ~これで数学から解放される~~」と。

反面、長男はつらかったと思います。
「次男におめでとうって伝えて」そうメッセージがありました。
合格発表をクリックして番号がない・・・
どんなにつらい瞬間か・・・
弟が先に合格してしまった・・。
この時期から長男も精神的に追い詰められていきました。

私は次男の合格の嬉しさと、長男のことを想うとつらく、
この両極端の気持ちのバランスを取ることが
とても難しかった時期でした。


翌日、大学から届いた合格通知といろんな手続きの書類を見て
「合格したんだ」と実感しました。
長男がセンター出願で近大の薬学部に合格した時には
「あなたの夢への扉が開かれました」とか書いてある
感動的なお祝カードが合格通知だったので期待したのですが、
A4の用紙で淡々と合格を伝えるだけのものでした(苦笑)






次男の医学部入試⑥ いざセンター試験

2016.06.28 (Tue)

そしてセンター試験の日を迎えました。
次男は学校集合でバスで行くので安心、どちらかといえば
長男がちゃんと自分で起きて、無事に行けるかのほうが
心配でした。


次男の会場はこじんまりとしたところで、トイレもあまり混雑せず
割と落ち着いて受けられる環境だった様です。
センター試験って1日目は文系教科なので
採点してみないとできたかできなかったかはっきりわからないですね。


1日目が終わった後は次男もそんな感じでした。
「う~~んまあまあじゃないかな?」くらい。
「地理は対策しても意味がなかった」そうです。


そして2日目、理系教科。ここが問題。
この年は数ⅡBが現役生は平均点がかなり低く、39、31点
旧課程と10点近い差になりました。
数ⅡBで泣かされた友達も多く、「俺終わった・・・」
そんな言葉も周りで聞かれたとか。
数学が苦手な次男も「やばい・・・」そう思った様です。


でもでも「平均点の男」または「総合点の男」である次男、
(解説)テストを受けるとどれも学科内の平均点あたりをとり、周りから
 「お前何点?」「あ、じゃあそれくらいか、平均」と
 いつも言われていた次男。結果、総合点では半分以上の位置につける。

試験中に手ごたえがなくても、
「きっとみんなも難しいはず、俺は絶対にあきらめない!」
そう思って最後まで頑張った様です。


そして2日間を終えました。
「どうだった?」
「採点は明日学校でするから今日はするなって、だから寝るわ」
と、やり切った感じで疲れていましたが、表情は
悪くありませんでした。
点数がすごく気になりましたが、もう終わったこと、あとは静かに
結果を待つしかありませんでした。


次の日、ドキドキしながら見送りました。
そして昼頃に帰ってきた次男、
「○○○点!!やった!!」本当にご機嫌でした。
それは今までの模試をはるかに超えていたからです。
そして今までの合格者のデータでも確実な圏内だったからです。
「マークミスがないことを祈るだけだね」
学校では残念な結果だった友達もたくさんいる中、
帰ってくるまで感情を抑えていたようです。


やはり数ⅡBはできていなかったのですが、
その分得点調整があったくらいの生物で98点。
結果「総合点」で目標を大きく上回ることができました。


その後3者面談で、推薦が不合格だった際の受験校を決定。
「受験料払うなら(推薦で受けた)大学に払いたいな・・・」
もう合格を半分確信していたようで、次男はそう言いました。
あと一つは地元大に決定。担任からも
「この自己採点が間違いなければ、合格だと思いますが・・」
そう言われましたが、やはり発表までは
「マークミス」が気になってたまらなかったです。



次男の医学部入試⑤ センター対策にすべてをかける

2016.06.20 (Mon)

推薦入試を終えて、あとはセンター試験だけとなりました。
センター試験といえば、長男も毎年泣かされてきました。

現役・1浪目は撃沈、2浪目は国語、3浪目は自己採点時に
気づいた化学のミス(自信があったところで大きく失点)
センター模試は良くても、本番のセンターでは予想しないことが
起こることは毎年実感してきました。
なかなか全教科高得点がそろわないんですよね~。


現役生は特にセンター試験での失敗が毎年多いです。
にもかかわらず学校ではセンター対策には力を入れていません。
先生の中には「力があれば取れるもの」という考えが大きいし、
2次重視の難関大対策に力を入れているからです。


模試で常に9割を超えるくらいの人は、実際のセンターでも
大きく落とすことはないのですが、
模試で700~780点くらいの得点の人は
本番で大きく下げたり、逆もあったり・・・
何が起こるかわからないって思います。
(失敗のケースのほうが圧倒的に多いですが)

それを痛感していたので、次男には言いました。
「センターで失敗すれば推薦も落ちるし、一般入試の土俵にも
立てないから、ここは2次対策は捨てて、センターだけに
専念しよう。センター失敗すれば浪人だから。」
次男にもそれは十分わかっていたので、すぐにセンター過去問を
買いこみ、センターマーク用のノートを使って対策に
入りました。


そんな時期に受けたあるセンター模試で、大きなミスをしました。
結果が返ってきてびっくり、なんとマークミスで20点ぐらい
失点していました。
「これが本番じゃなくて良かったね~~~」
このミスのおかげで次男はかなり慎重になりました。
(これも次男が持ってる運なのか?)


「あ~もうセンター対策は飽きた~~」
そう言うくらいやっていたようです。


センターができないと全く土俵にも立てない
センターが終わった瞬間に1年の努力も無駄になる
力のある人たちとの戦いで、2次で逆転というのは
よほど得意教科がなければ無理。
それがどんなにつらいことか・・・次男は見てきました。
次男の周りの友達で、センター試験を失敗しなかったり、
模試よりも大きく得点を伸ばして合格した友達は、
次男と同じく上に浪人をした兄がいる人たちでした。
きっと親子ともにセンターの重みを痛感していたのでしょう。

そうして対策に対策を重ね本番を迎えました。
新課程と旧課程が入り混じった年のセンター試験、
やはり思うようにはいかないセンター試験になったのです。


次男の医学部入試④ 面接

2016.06.07 (Tue)

小論文が終わって最後は面接です。
受験番号順なので、もちろんラスト。
だから他の受験生よりも長い間の緊張でした。


控室で待っている間、面接マニュアルを読んでる人も
居たそうですが、次男はあるものを見ていました。

それはクラスの全員がハッピーターンにメッセージを
書いてくれたもの、そしてクラスは別でも受験の時期に
出回るお菓子をメッセージ付きでたくさんもらっていました。
それを1つ1つ見て心が落ち着いてきたそうです。


私も見せてもらったんですが、メッセージにもその子らしさが
出ます。真面目にことわざを書いている子、冗談を書いている子、
仲が良い当人同士にしかわからない内容、などなど。
みんな受験勉強に忙しい時に、その心遣いが有難かったです。


そして次男は面接を終えて出てきました。
ニコニコしていて「あ、うまくいったんだ」って
直感で思いました。

大学を離れながら次男は興奮気味に面接のことを
話してきました。
何が学校の練習と違ったか・・って
3人の面接官と自分の4人で会話をしている感じだったそう。
答えると他の面接官もどんどん突っ込んできたりしたそうで、
話題も次々に変わっていくと。
でも終始和やかな感じだった様です。

そして面接の中で何を一番評価されたかといえば・・・
3年まで部活をしたこと?
生徒会役員?
ではなく、3年間無遅刻無欠席と評定だったそうです。
これはその後長男のいろんな大学の面接のことを聞いても
思いました。
「君はこんなに評定が良くて何で4浪もしたのか?」
「インフルエンザとか以外は欠席はしてないんだね」
と言われたそうです。


高校の内申書から見えてくることと本人の話を合わせての
面接点だと思います。
有名進学校とそうじゃない学校では同じ評定でも
差があるよね~って思うかもしれませんが、
それは大学もわかっていると地元大にお勤めの方から
聞いたことがあります。
定期テストなどでどの教科も気を抜かず頑張っているということが
評定を見ればわかるんだと。
確かに受験に関係のない科目は全くしないって人(特に男子)
もたくさんいるし、提出物を出さないと評定に影響も。
医学部はほとんどすべての教科が必須なので、
そういうことを評価(重視)されるんだと思いました。
特に推薦入試では。


2日前から観光もしていましたが、それも役立った様です。
「○○の印象はどうですか?」
「将来は○○に残って働く気はありますか?」
そんな質問があったそうです。

全体的に落ち着いてきちんと話ができているな~と
次男の話を聞いて思いました。
(小さいころは長男が通訳するほど意味不明な会話だった次男が・・)
わからないことは「すみません、調べていませんでした」
聞こえない時は「すみません、もう一度お願いします」
と言えたようです。面接の基本ですが・・。
「すごく落ち着いているね。」
「そうですね、そんな気持ちで6年間勉強してください」
そんな言葉をかけてもらったそうです。

「これでダメだったらここには縁がなかったと思ってあきらめる」
そう次男は言いました。
やれることはやったのでしょう。
「受からなかったらここにはもう来ることもないかもね~」
そんな話をして3泊4日の受験旅行を終えました。

さあ、あとはセンター試験。これが一番問題だ~~
だって「センター試験には魔物が住んでいる」
何が起こるかわからないですから・・・。


 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。