子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

公立中を選ぶ

2010.03.08 (Mon)

小学校5・6年生くらいになると、小学校からも私立・国公立の中学の
パンフレットをもらってくるようになり、周りの子も塾に行く子が増えてきました。
長男も「俺ってどこの中学に行くの?」「一緒に受験しようって友達に誘われた」
とか 言うようになりました。
受験する子=頭がいい子って雰囲気があったのかもしれません。
まったく受験を考えなかった訳ではありませんが、
公立中を選んだ理由を挙げると
  1 3人の子供たちを平等に私立に行かせる経済力がない
  2 高校を考えたとき、この地域はまだ公立志向が強い
  3 私立中高一貫で過ごした夫が自分の経験から、
    高校受験をさせた方がいいと考えていたから
  4 公立が荒れていなく落ち着いていたから
  5 公立は給食←これ大事

などなどです。

でも一番は「世の中にはいろんな人がいるんだということをわかって大人になってほしい」というのが私たち夫婦の願いでした。
一生選ばれた人たちとしか付き合わないなんてできません。
家庭環境も色々な子供たちや良い先生ばかりではない公立中は
社会の縮図。
そのなかで、人との付き合い方や距離のとり方を学んで
たくましく成長してほしい。

長男にも私たちの思いを伝え、晴れて公立中に入学することになりました


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学<a href=にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR