子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業~もうとっくに前を向いている

2012.03.19 (Mon)

次男の卒業式も無事に終わりました。

まだ入場する前に在校生が歌の練習をしていて、その時から涙・・。

母友に「早い!!!」ってつっこまれる有様でした。でも肝心の次男の答辞の時は

胸がドキドキしすぎて泣けませんでした。(内容も知っていたので・・)

でも初めて聞いた夫が泣いている!!

そして部活で一緒だったお父さんも「次男にやられた~!泣けた!」と。

他の母達からも「良かったよ~立派だったね。」そう言われてやっと私もホッとしたのです。

そして最後の「旅立ちの日に」の合唱あたりからはもう涙・涙・・・。

退場する時のみんなの顔、「いい顔」でした。先生も泣いていました。

入学式でのあどけなかった子達が、立派に成長していました。


クラスでは1人1人みんなの前で挨拶をした後、親あての手紙を手渡してくれました。

子供たちが先生を囲んで、合唱コンクールで優勝した「虹」を歌ってあげた時は

先生も号泣でした。

「こうして全員そろって今日を迎えられたことが先生は一番嬉しい」

不登校気味の子も全員そろったこと、「全員そろう」って当たり前のことなのに

感慨深い言葉でした。



その数日前に長男の中3の時の先生と話す機会がありました。

長男が浪人すること、中3で一緒だった人たちの近況などを話した時に、

先生がこう言いました。

「前を向いて進んでいる子の近況って僕たちは案外知らないものなんです。
今が充実している子はもう中学には来ないですからね。
中学によく顔を見せるのは、前へ進めない、中学で止まっている子供たちが多いんです。
だから便りがないのが元気な証拠って思っています。」

そうか・・・。うちの長男も中学には顔を出さないし、今は「高校の友達が最高!」だそうです。

保護者代表挨拶をされた方は、上のお子さんが長男達と同じ学年で、高校を中退しました。

挨拶の文を読みながら、

「こうして3年前はみんな同じように卒業したのに、何でうちの子だけ・・」

そう思うと涙がこみ上げてきたそうです。

そして 「3月1日(高校の卒業式の日)は胸が苦しかった。
本人は後悔はしていないって言うけど
高校を辞めた後の社会の厳しさをすごく感じていると思うのよ。
中卒じゃどこも雇ってくれないし・・。」

「うちの子は友達も思い出も中学で止まっているの・・」

その言葉に先生の言葉が思い出され、何も掛ける言葉がありませんでした。


クラスで仲間と騒いで写真を撮ったりしたら、次男、さっさと友達と帰っていきました。

涙を流すこともなく、「もう中学校に想い残すことはない!!」って感じの

すっきりとした表情でした。

もう心はとっくに次に進んでいます。

私たち親の方が、小学校から慣れ親しんだ親同士の関係に名残を惜しむように

いつまでも残っていたのです。(みんな子供に置いてきぼり)




私立中や公立の中高一貫校、国立附属中などに比べて

公立中は決して恵まれた環境とは言えないでしょう。

でも先生も含め、いろんな人がいる公立中で得られたものは

次男をたくましく成長させてくれました。公立だからこそできた体験も多かったです。

将来、恵まれた環境ばかりに身を置ける訳ではありません。

いろんな人の中で生きていく中で、人間関係も上手くやっていける力がついたと信じています。




一般入試の合格発表の前に制服の採寸に行きました。

やはり学ランなのですが、高校の学ランを着ると高校生らしく見えました。

楽しかった中学生活に別れを告げ、いよいよ次男も高校生活が始まります。

スポンサーサイト

次男ももうすぐ卒業

2012.03.13 (Tue)

先週、県立高校の一般入試が終わり、次男たちの学年も受験がすべて終わりました。

卒業までの約1週間は「パラダイス」です。

遠足・クラスマッチ・レクレーションなどなど、授業が何もなく楽しいばかり。

今日も朝、「今日は何があるの?」と聞くと

「教室の掃除とレクレーションと卒業アルバムにメッセージを書いてもらう時間」だそうです。



3月に入ってからすぐに次男にとっての最後の大役である「答辞」の作成に取り掛かりました。

過去数年分の答辞をお借りして、大体の流れをつかんで取り掛かること2週間。 

 
聞いているみんなが、「そうだな、そんなこともあったな・・」って思えるような

内容にしたいと強く思っていたようで、今までの出来事の中に先生が言った言葉などを

交えました。

ようやく今日から自分の字で(これがショボイ字で・・不安)清書します。

先日、親と先生の謝恩会が開かれたのですが、1年の担任でもあり

国語の先生なので答辞を添削して下さった先生は、

「次男君らしい飾り立てた言葉ではなく、自分の言葉でとても良い答辞だと思いますよ。」

「なんか友達に「短くて泣ける答辞にしてくれ」って言われてプレッシャーを感じていました。
女の子が読んだ方が泣けるんでしょうけどね・・・男の子だから淡々と読む気がします。」

と私が言うと、

「卒業式では卒業生が主役だから、多少答辞が長くても良いんですよ。
男の子には男の子の力強い良さがあります。
でも次男君が読みながらちょっとでも涙したら、学年みんな泣きだすと思いますよ~。」
と言ってくださいました。

また3年間持ちあがりの学年主任の先生も目を通されたようで、

「いや~~~お母さん、僕は読みながら4回涙が出ました。」と。

私も次男に相談を受けながら一緒に考えたので、内容はすべて知っています。

先生が泣けたヶ所、わかります!

内容は知ってても、卒業式当日は次男の読んでいる姿に涙・涙・・・だろうな~。


先日、部活動のお別れ会もありました。

その時にまたあるお母さんが次男情報をくれました。

「次男君ね、うちの子に何で百点を取りたいか・・ってそれはお母さんにほめられたいから
って言ってたってよ。お母さんのことがホントに好きなのね?!」

ほめられたいから・・・?なんかすごく意外でした。

やっぱり自分に関心を向けたいのかな?私の愛情不足?  

色々思いました。

でも私自身の兄弟もわが子と同じ構成なのですが、

次兄は長兄が運動神経抜群で学校でも目立つ存在だったので、

自分の存在をアピールするかのように中学から必死に勉強しました。

そして高校(田舎ですが・・)では常にトップの成績。

それに似ているのかもしれません。

次兄も母にほめてもらいたかったのかな?なんか胸がキュンとします。

そういえばうちの次男は長男よりも私に甘えている面があります。

「学校や友達の前ではあまり話しかけるなオーラ」を出していた長男と違って

次男は自分から話しかけてくるしな~。

もしかして次男は「マザコン??」

まあ、長男がもうすぐいなくなるから次は次男に目が向くのは確か。

でもね・・・高校で100点は取れるかな~~~?!

その時は盛大にほめてあげましょう。

子供って幾つになっても親にほめられたい、認められたいものなんでしょうかね?!







中3もそろそろ受験モード?!

2011.11.25 (Fri)

次男たちの学校も文化祭が終わって、遠足もあり、一番最後まである部活の吹奏楽部も

ようやく引退。あとは全員「高校受験だけ」の状態になりました。

次男も10月いっぱいで生徒会長の役を終わりました

ある先生から「最初はどうなる事かと思ったけど、役が人を育てるって本当だね。
生徒会長になってホントに成長したよ」

そう言ってもらったそう。最初はどうなることか・・って先生も思ってたの~?正直だわ。

でも私もこの1年で次男は大きく成長した気がします。

いつも「生徒会長挨拶」がある時は「ねえ、これでいいと思う?」と

私にワードに下書きした原稿を見せていたのですが、

最後の引き継ぎ式での挨拶はもう私に聞くこともありませんでした。

その内容は学校通信に載せられていたのですが、先生・地域の方々・全生徒への

この1年間のお礼と次期生徒会役員への励ましの言葉などなど、きちんとそれらしい?

挨拶が 出来たようです。1年前は挨拶を考えるのも暗記するのも大変だったのに・・

やはりこういうことは、経験しただけ上手くなるのでしょう。

そして学校から感謝状まで頂きました。とても貴重な経験をさせていただいたと思います。

部活でも生徒会でも、毎朝校門前で挨拶運動を行っていたので、

7時過ぎには登校していたのですが、 11月からは30分ゆっくり出来るようになりました。

朝の30分、貴重です。こんなにゆっくり登校していた子もいたのね~~っていうか

それが普通だったのね。それだけでもよくがんばった~って思います。
 
生徒会のメンバーは学年の中でも意識の高い子ばかりです。何をするにも決めるにも

かなり速いスピードと団結力で出来たようです。クラスをまとめるよりかなり楽で楽しかったと。

その経験は「意識の高い集団の学校に行きたい」という気持ちをますます強くさせました。

経験から得られる動機づけ、これが一番の「志望理由」になるでしょう。


この時期、学校では受験に関する説明会が立て続けに行われました。

私立校・公立校・受験全般・・・長男の経験でわかってはいるものの、一応参加しました。

先生の「去年の卒業生も何人高校を中退しています。」

との言葉の「何人も」にびっくり。確かに長男の同級生も何人も中退しています。

そしていろんな母と話すと、改めて1人1人進路は違うんだ~~って実感します。

ある母は、「うちの子は中学で不完全燃焼で終わった部活をもう一度高校で思いっきり
やりたいって言うのよ。それには私立だって。でも部活では将来食べてはいけないから、
大学入試にもしっかり対応できるカリキュラムの高校に進学させたいのよ」と。

そしてまた違う母は、「公立の普通科を考えていたけど、先生に私立でたくさん資格が取れる高校を
勧められて本人も私も迷っている。確かにうちの子の成績で普通校に行っても中途半端な
気がする」と。

先生も言っていましたが、「高校を卒業する時、すなわち出口をしっかり考えるように
普通科に行っても就職はありませんよ。」と。

当たり前のことなんですけどね。

自分は何が好きで将来何になりたいのか?大学を目指すのか?

どこの高校に行きたいのか?そこで悩んでいる人って意外に多いのです。

「15歳の選択」 この選択、結構大切です。

間違ってもやり直しは出来るけど、遠回りになってしまうことも多いからです。 

でも高校生でもまだ自分の将来に悩む子がたくさんいるのに、中3でわからないのなんて

当たり前なのかもしれません。
 
それでも12月初めの3者面談までに結論を出さなきゃいけないのです。



少し前に学校でこの3年間の自分の記録を書かされたようです。

部活での活躍、生徒会活動、検定、表彰、などなど先生が内申書に書く際の

参考にするのだと思います。書いてみて初めて

「わ~俺何にも書くことがない~~~」とこぼす子もいれば、

個人競技の部活で活躍した子は記録・表彰がびっしりと。

次男は1年の頃からの学級委員長・学年委員長・修学旅行実行委員長・生徒会長の

役と、英・漢・日本語検定、作文コンクール最優秀賞など。

「お前ありすぎ~。なにか俺に一つくれ~!」と友達に言われたようです。

そういえば、長男も中学の頃は同じようにたくさんの役・検定など書くことがありましたが、

高3で同じように書かされた時に「俺、何にも書くことがない」って言ってたっけ。

いろんな経験が出来るのも中学までかな~?(もちろん高校で活躍する子もいますが)
 

面談前のテストもすべて終わり、あとは最終決断です。

次男に「ねえ、学校での雰囲気は受験生らしくなってきた?」と聞くと、

「ぜ~んぜん」 らしいです。

「受験は団体戦だ」と先生方の決まり文句がありますが、

やはり公立中は目指す高校も様々、定員が多い高校ではもうすでに合格ラインの子も多く、

なかなか大学受験生のようにみんなが必死なムードにはならないようです。

私個人的には高校受験は個人戦って感じがします。 (うちの学校だけ?)

で、次男ですが、最後の実力テストの結果が返ってきて、迷っていた決断をしたところです。

それはまた面談後、記事にします。

にほんブログ村 受験ブログへ  今日も皆さんの応援をよろしくお願いいたします☆

前回は励ましのコメントをたくさんいただいて、ありがとうございました。

 




















最後に決めるのは次男

2011.11.01 (Tue)

11月になりました。子供達も完全に冬服にかわり、3年間お世話になった夏服に

もう袖を通すことはありません。 またひとつ終わりました。

さて、中3次男ですが、先週担任と2者面談があったそうです。

ちょうど最後の志望校判定の実力テストが終わった日です。

少し話をして先生の方から、「推薦はどうする?」と切りだされたそうです。

「どうでしょうね~~???」と次男は答えたそう。

「6月の実力テストは大きなミスもあったけど9月にあった結果はほぼ9割とれているし、
今回のテストでこれと同じくらいか、これ以上にとれていたら、推薦大丈夫だと思うよ。
お母さんたちともよく話し合っておいて。」

そう先生から言われたそうです。


推薦に関しては、私も次男も半分はあきらめていました。

実力テストで満足いく成績が残せなかったことが次男は大きいのですが、

私は少し違った思いがありました。

長男を見ていて、「長男がこんなにあきらめずに前向きに努力できるのはあの一般入試での
泣き崩れるくらい嬉しかった合格体験があったからではないか? 次男も推薦ではなく
勝負して合格を勝ち取った方が、次の大学受験につながる高校入試になるのではないか・・?」

そういう思いが強くなってきたからです。 推薦で入った子はその後伸びないとか

大学入試でも安易にランクを落としがち・・とかいろんな話も耳にしました。

でも改めて先生から勧められると次男も私も気持ちが揺れました。


学校の実力テストと同じ時期に必ず塾の模試もあります。

だから成績を比較してみることもできます。6月の学校の実力テストでは大きな失点でしたが

塾の成績は安定・・・というか最近はむしろ上がってきています。

そして9月の塾の模試では、県内で10番で塾の先生をびっくりさせました。

今回の学校の実力テストも数学は記入ミスがなければ100点取れているかも?

国語が記述が多くて自信がないけど、他は全部9割以上取れていると思う。と。

次男がそういうってことは自信があるのでしょう。


ちょうど塾の先生と話す機会があったので、推薦について私の迷いをぶつけてみました。

毎年中3生を受け持っている先生だから、たくさんの例を見ています。

その先生がこう言いました。

「僕は他の学科だったら安易に推薦は受けるなと言います。ただ次男君の志望する
○○科に関しては、ここでも何人も志望していますが、正直言って3~4人受かるかな?
ってところです。 だから学校が推薦をしてくれるなら次男君に関しては受けるべきだと
思います。あそこに推薦を出すってことは、学校もかなり慎重に学校の代表って子供しか
出さないはずです。 生徒会長っていうのは場数を踏んでいるので、アピール能力も
あって推薦にはかなり強いです。 塾では推薦の対策は一切せずに、一般対策に集中
しますから、学力は落とさないようにフォローします。」 と。


私も色々考えました。

長男が高校入試で必死で頑張ったのは1・2年の頃にさぼっていたためで、

次男は1年の頃からコツコツと頑張って、学年のトップの方で維持できてきました。

1学期の通知表の先生からの欄に、

「部活が精神的に苦しい時期もあったのに、学校の顔として、生徒会長の仕事を
いつも笑顔で嫌な顔一つせずにこなしてきたあなたを私は尊敬しています。」

そんな一文がありました。 

やはり長男には長男の、次男には次男の受験スタイルがあるのでは?

私が知らない面も含め、学校が次男の今までの努力を評価してくれて、推薦してくれるなら

それはありがたく受けてみても良いのでは?


で、長男に相談してみました。

「俺だったら受けるね。だって生徒会長までやったんだろ?逆になぜ受けないって感じ。
それに推薦で入った奴がみんな成績落ちてるわけではないし・・・。頑張ってるよ。
推薦で合格してもその後はあいつ次第だと思う。」

だそうです。確かにね・・。

次男は慎重で、今回のテストの結果や今までの推薦入試の論文のテーマを見て

考えるそうです。 後は本人次第。私はどちらでも次男が決めたことならかまいません。

そうやって自分の大事なことを決断していくのも「大人への一歩」でしょう。
 



その後、「推薦入試では尊敬する人とか良く聞かれるらしいよ。その人のことも
調べておかなくちゃならないんだろうね~」

なんて私が何気なく言ったら、少し考えて・・・

「兄ちゃんかな?」 次男がポツリと言いました。

兄ちゃんは偉人ではありません。 でも尊敬しているっていうのは本音だろうな~~。

長男の時には見たことがない好成績を取っても「兄ちゃんにはかなわない」って言う次男。

そんな兄弟に育ってくれたこと、昨日19回目の結婚記念日だった私達には

何よりうれしいことです。

あぁ・・・次男の入試もいよいよ近づいてきたな・・・・って感じです。


にほんブログ村 受験ブログへ  今日も皆さんの応援をよろしくお願いいたします☆














運動会はおもしろい

2011.10.08 (Sat)

次男の最後の運動会が終わってしまいました。

次男にとってはまだ高校で3回あるわけですが、「親が見に行く運動会」っていう意味で、

今年が最後でした。学校によっては5月の開催もあるようですが、私的にはやはり

クラスも仲良くなり盛り上がってきた秋の開催がベストです。


思い起こせば次男の幼稚園年少さんの初めての運動会。

4頭身?の頭が大きめの次男、どう見ても足が速くは見えなかったのですが、

期待にこたえ?かけっこでは一番うしろ~~~から、しかもPTA役員で本部テントにいる

私に大きく手を振り、にこにこしながら走っていきました。

「ダメだこりゃ・・・」 かつて運動会では不動の全校リレー選手、

陸上部に借り出されるくらい 足が速かったらしい夫と大笑いしたものです。 

この夫のDNAは残念ながら3人の子供の誰にも 受け継がれることがありませんでした。

一人ぐらいは・・・って思ったのですが・・


そんな次男の最後の運動会。 生徒会長なので学校の校旗を持って先頭で入場してきました。

放送で名前まで読んでもらって・・。それだけでじ~~~~ん

それから「生徒会長挨拶」。我が家の場合は開会式が一番の 見せ場でした。

みんなから「挨拶は短く!」なんてリクエストされたので、家でも時間を計りながら 暗記。 

挨拶には、「団長やリーダーの目立つ人たちだけでなく、団の立派な絵を描いてくれた
美術部をはじめ 目立たないところで準備に関わってくれた
たくさんの人たちへのねぎらいの言葉を入れたい」

という次男らしい挨拶でした。 

なんか感動・・・涙でそう・・・って思っていたら鼻水をすする音が・・。

私の母が「あの次男がね~~立派になって・・・。あ~涙が出る~」って泣いていました

で、私は泣きそびれました。 でもホントに私たちにとっては「あの次男が」なのです。

生徒会主導で全生徒に指導した「ソーラン」では一番前の真ん中で踊っていました。
(これも準備が大変だったよね~~)



中学の運動会はすごく面白いです。運動部に入っている子がたくさん、おまけに

陸上部はすごい記録の持ち主多数。自分の子が出ていなくてもすごく楽しめます。

男子のリレーは200メートルなので、少々差が開いていても

コーナーを抜けたら気持ちいいくらいに余裕で 陸上部の子達が抜かして行くのです

その速さ・フォームの綺麗なこと・・・ほれぼれします。

運動会では陸上部は花形ですね! 他の部の子達はなかなか敵いません。

それから、小学校から知っている子ばっかりなので、その成長がまぶしいこと!

次男もですが、部活で走りこんだだけあって、みんな足が速くなっている

ことにびっくりしました。

次男も徒走では1位でしたし、クラス対抗リレーでは前の人を抜かしていました。

小学校では常にリレーだった子があまり中学では速くなかったり・・・。

子供の能力はわからないものですね。

そして3年男子の「棒倒し」。これにはかなり練習の時から

どこの団も作戦を立てて必死でした。

「一番元気で足が速い団長が突っ込んで棒に上る。
それを阻止されたら2番手は○○で、守りは 柔道部の○○が中心を支え、
背が高い奴らが棒の真ん中あたりを支え倒れにくくする」

なんて楽しそうに次男が家で話していたので私も楽しみでした。

上半身裸になった姿もみんなたくましくなりました

で、次男の団は作戦がかなり功を奏し、相手を「秒殺」で倒し圧倒的な勝利でした。


早い時期から運営に関わり、当日も最後の最後まで片付けなどに

追われた次男ですが、 帰ってきたときには、みんなでやり遂げた

満足感でいっぱいでした。

たくさんの先生方からも「良い体育祭だったよ。」ってほめてもらったそう。



こうして次男の最後の運動会は終わりました。長男にも次男にもたくさんの思い出が出来ました。

4時起きのお弁当作りもあとは娘ちゃんの5回の運動会だけ。

幼稚園・小学校・中学校の3つの運動会が あった年もありました。今思えばなつかしいです。 

 
わが子ではないのですが、忘れられない運動会の光景があります。

小学校の運動会のプログラム最後の全校リレー。

各学年の一番早い子たちが次の学年に バトンをつないでいく・・

自分の子が出ていなくてもみんなが注目する一番盛り上がる競技。

配点も大きいので各団の応援の盛り上がりも最高潮です。

そのスタートの1年生の女の子が 途中でこけてしまいました。

「あ~~~~~っ・・・・」会場全体から漏れる声。

すぐに起き上がったものの、その差は最後まで縮まりませんでした。

小学校の初めての運動会での大役。きっと家族中で楽しみに応援していたでしょう。

ずっと下を向き泣いていました。そしてすべてが終わり人気のなくなった運動場。

あの女の子とお父さんが、さっき走ったコースを2人で走っていたのです

見ている親御さんたちもつらかったのでしょうね。 

あれから何年も経ちましたが、きっとあの子に とっては、

こけたこともお父さんと走ったことも思い出に残っていることでしょう。


たかが運動会、されど運動会。やっぱり面白く感動します。

孫の代には夫のDNAが受け継がれますように~~~!

皆さんにもお子さんの運動会の思い出はありますか??


にほんブログ村 受験ブログへ  今日も皆さんの応援よろしくお願いいたします☆





 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。