子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備校の面談

2013.02.05 (Tue)

1週間前になりますが、予備校の面談で長男に会ってきました。

もう私たちの中では出願校はほぼ決めていましたので、

どんな面談になるのか・・去年の学校の面談とどう違うのか・・

ある意味興味がありました。

担任が約200人くらいの生徒をセンター後に面談するようで、

時間は「20分厳守」とのことでした。


「前期はどこに出願する?」との先生の問いに

「○大に足切り覚悟で出願します」と長男。

「そうか・・ここは今年はセンターができていない人が
かなり増えると思うが・・。
足切りが気になるなら、ないところに出願するって方法もあるけど。」

「いや、○大にします。」

「そうか・・うん、まあ、そうだな。」
(長男の言葉の意味を汲み取っているよう)

「後期はどうする?」

ここで私が質問しました。

「後期はセンターができていないと可能性がまったくないのなら、
他の学部を受けさせて合格という体験をさせるのも
もう1年浪人する場合に気持ちが違うという方もいます。
どうなんでしょう?それがよいのでしょうか?
でも他の学部を受けるのは虚しいのでしょうか?」

「他の学部を受けて合格をもらうのも確かに悪くはありません。
一番虚しいのは、足切りにあって受験せずにおわってしまうことです。
僕は本人が何にこだわるか・・だと思います。
医学部受験に最後までこだわりたいなら、後期も医学部に
足切り覚悟で出願しても悪くはないと思います。」

そう先生が言って長男を見た瞬間、

「じゃあ、後期も医学部で出願します!」

そう長男ははっきり答えました。

去年の三者面談では、うつ向いて小さく小さく見えた長男でしたが、

今はまっすぐに先生に向かってしっかり自分の気持ちを言っている・・・

その姿に親としていろんなことを感じました。


先生はデータのうえで厳しい現実は言われましたが、

学校の先生のようなマイナスな言葉は一切ありませんでした。

後期出願校も、いくつかの候補を挙げて長男のセンター持ち点で

少しでも有利(傾斜配点など)な学校をすすめてくれました。

そして後期出願校も決めました。


短い時間の最後に私は言いました。

「もし受験できることになれば、逆転合格するつもりで最後まで
諦めて欲しくありません。今も悩んでいる人に少しでも差を
つけなさい・・って言ってます。
ここで頑張れなかったら、もう1年浪人することになっても
きっと頑張れないと思うんです。」

ずっとうなづいて聞いていた先生、

「その通りです。今も悩んで決められない生徒はたくさんいます。
慎重な出願ってよりもかなり弱気な出願になるでしょう。
僕たちも今年の受験は最後まで何が起こるかわからない
って思っています。」


そして面談は終わりました。

短い時間だったけど、的確な内容だったかな・・と思います。

淡々としていましたが、

医学部受験生を長年担当しているので、

全国の医学部の傾向などが先生の頭の中に入っているな~って

感心しました。 長男が信頼していたのがわかります。

学校の先生は地元や近県の情報が主でしたので・・。
 
また他の予備校でも、面談する人の力量(情報量)に

不安や不信感を持ったという人も身近にいました。



長男とは5時間ほど一緒に過ごし、話をたくさんしました。

寮生活なので、過去4年分のデータや出願校の面接の内容、

などをコピーして持って行きました。

いろいろ(考えてきた)前向きな言葉もかけました。

厳しい言葉もかけました。
 
長男は言いました。

「センター前の模試とかで今回は9割いけるって思えた。
でも実際は全然取れなかった。
難化したって言われているけど
今年のセンターは対策だけじゃできない、
ある意味本当の実力を問われた試験だったのかも
できてる奴はやっぱりできてるし・・。
そう思うと力が足りなかったんだって思える。」

そして

「俺もう医学部諦めようかな~って言ったら
S(君)に はあ?お前ふざけんな!!って怒られた。」

とも。なんか自分でしっかりセンターのことは受け止めて

くじけそうな気持は仲間に支えてもらってたんだ・・・

そう思いました。

「ふざけんな」男の子らしいたった一言だけど、

S君の想い・・しっかり伝わってきます。

同じ想いで頑張ってきた浪人生だもんね・・。

ありがとう。

親のどんな言葉より励まされたかも。


遅めの昼食後、デパ地下で「じゃあね」とあっさり別れたのですが、

長男の背中が4~5メートルくらい進んだときに思わず

「あきらめないよ!!」

私は(元旦の朝のように)叫んでいました。

長男、気がついたようで、顔だけ振り向き笑って少しうなづき

また地下鉄の駅に向かって行きました。

まったく・・こんな人混みで恥ずかしい・・の

苦笑いだったのかもしれませんが

確かに笑顔でした。(そう信じたい・・)

いろいろと励ましたつもりだけど、一番長男に言いたかったのは

思わず叫んだ最後の言葉だったな~と後から思いました。

そして帰って来てから、予備校の先生の言葉が私の中で

だんだん大きくなってきています。

「今年の受験は最後まで何が起こるかわからない」

だからこそ自分にも言い聞かせています。

「あきらめないよ!!」って。













スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<01 | 2013/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。