子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

長男、追い込み時期

2013.11.26 (Tue)

紅白歌合戦の出場歌手も決まって、今年の締めくくりみたいな

内容の番組も増えました。

今年もあと1か月ちょっとですね。

センターまでの日数はあえてカウントはしていませんが、

じわじわ近づいてきているのは実感できます。


我が家は以前書きましたが、あらゆる可能性を考えて

たくさんの願書、赤本を購入して入試に備えています。

アドバイスをいただき、入試日程をスケジュール表に

書き込んだ ところ、国立一本の時にはセンターから

2次まで長く感じた ものですが、

私立を複数受験するとなると今回は

かなりハードスケジュールになりそうです。

そして受験料・宿泊・旅費もかなりなものになります。

他の進路も見据えてどんな道でもしっかり見届けようと

私の気持ちが落ち着いた今、ちょっと変化が・・・。

最近受けた模試がとても良かったのです。

しかも記述。

どうしても今まで越えられなかった偏差値の壁を超えました。

判定ももちろん今までで一番良かったのです。


2年も余計に勉強しているのだから当たり前と言われれば

そうなんですけど・・・長く浪人すればそれに比例して

飛躍的に成績が伸びるって訳ではないのです。

2浪は中だるみって言葉も聞きます。

夏ごろには

「しなきゃいけないってわかっているんだけど
なんか気持ちが乗らないんだよね・・」

そう言っていた時もありました。

予備校をやめたいって言い出した時もありました。

2浪目なのになかなか結果が自分の思うように出せない

苛立ち・焦り・あきらめ・・

じゃあ必死にやれよ!って私は思いましたが

なんかいろんなものと一人戦っている感じでした。



ある時成績が飛躍的に伸びる瞬間がある

とよく言われます。それがすぐに来る人もいれば、

なかなか来ないままあきらめて他の道に進む人も・・。

私もずっとそれを待ち続け、

「あ~長男にはそんな瞬間は来ないんだ・・」

そうあきらめかけていたものです。

それがやっと最近になってセンター模試でも

そして記述でも「結果」が出せるようになってきたのです。

もちろん「模試」なのでなんの保証もありません。

たまたまかもしれません。

でも本当にうれしそうでした。いい笑顔。

「これを手応えっていうのかな?
今まで感じたことないけど。」と長男。

そしてものすごく気持ちに勢いがついたようです。

「これならいけるかも!」

この気持ちを追い込みの時期に持てたことは

本当に良かったと思います。

今、必死にラストスパートをかけています。

親の目から見てもその違いがはっきりとしています。

その姿に少し成長を感じています。











 | HOME |  »

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<10 | 2013/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR