子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やっぱり受けたかった」って言いたくない

2010.08.20 (Fri)

長男がこの夏、志望大学を見学し言った一言、

「後で「やっぱりここを受けたかった」って言いたくない」

この言葉を聞いて思い出したことがあります。


高校の入学式の日のことです。

晴れやかな気持ちの入学式であるはずなのに

高校合格後すぐに行われたテストで振り分けられたクラスが貼り出されていました。

長男の学科は平等に?わかれていますが、

もし不合格だった場合に第2志望だった学科は、

その成績で特別クラスかそうでないかにわかれます。

だからそちらの科に合格したお子さんも親御さんも、入学式をドキドキしながら

迎えたのです。

長男と同じ学科を推薦入試で受験し不合格・一般入試でも不合格、そしてこのクラス分けでも

特別クラスに入ることが出来なかった人も数名いました。

決して成績が悪いわけではありません。むしろ長男よりはずいぶん良かったです。
 
おそらく運が悪かっただけなのでしょう。


念願の第1志望に合格でき、入学式で本当にうれしそうに入場してきた長男。

でももし不合格でおまけに特別クラスにも入ることが出来なかったら・・・

おそらくこぼれそうになる涙を必死にこらえながらうつむいて入場していただろう・・

そしてやる気もなくなり医学部なんて無理ってあきらめていただろうな。

そんなことを考えただけで、私は涙がこぼれそうでした。

そちらの可能性のほうが大きかったのですから。

(ちなみにその数名のお子さんの中には、1年でその悔しさをばねに頑張り、2年では
特別クラスに入り優秀な成績をとっている人もいるそうです。)




そして幼稚園が同じだった方に再会しました。その娘さんは特別クラス。

「うちの子も○○科(長男の学科)を受けたらよかった・・って後悔してたの。
○○科に合格したA君とは中学の時成績がかわらなかったのよ。
だからA君が合格したなら自分も合格してたかもって言うのよ」

「そう、受けたらよかったね」

そんな会話をし、私は何も気にとめてはいませんでした。

でもうちに帰ってその話を長男にすると、いつも比較的穏やかな長男が

「挑戦もせずに○○が合格したから合格したかも・・なんて言うのは卑怯、
それなら一緒に受験して落ちた奴らのほうが俺はよっぽど立派だと思う。
俺たちが最後までどんな思いで受けたと思ってんだ!?
受けなかった時点で不合格じゃないか!」

激しく怒ってそう言いました。そ、そんなに怒らなくても・・

でもその言葉から、合格の可能性が極めて低かったのに最後まで第1志望に

こだわり受験した長男が抱えていたものを知りました。

本当につらかったんだ・・・。受験ってそんな気持ちとの戦いでもあるんだね。
 


その話を長男が覚えているかどうかはわかりませんが、

今度はもっとたいへんな大学受験。

「やっぱり受けておけばよかった。」って後悔することのない受験にできるのか?

たとえ不合格でも、志望校を変えたとしても、「これでよかった」って納得し

前を向いて生きていくことができるよう親としては願っています。



よろしければ今日も応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ


<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

そうそう、受けなくてあとから「受ければよかった」っていう後悔は、受けてもダメだったときに「受けずに安全策を取ればよかった」っていう想いよりもはるかに大きいと思います。
結果は、やってみなければわからない。
挑戦するか、安全策をとるか、それもすべて、受験生本人が決めたことなら、結果が思うようにならなくてもその結果をしっかり受け止めて、前に進むことができることでしょう。自分の人生ですから、自分の気持ちがブレナイのが一番ですよね。

マミイさんへ

挑戦するか、安全策をとるか・・成績だけでなく経済的な問題もあるので、大学入試は厳しい選択なのでしょうね!
でもそんな経験をしながら大人になっていくのでしょう。
私も実はある国立大学に落ちた経験がありまして・・でも落ちたからすっきりして次へ進めたのです。そして今、落ちたからこそ通ってきた道も決して悪くはなかったと思います。

記事を書きながらマミイさんの長男さんのことが浮かびました。今、とても充実した大学生活を送っておられるのですよね!
マミイさんも、そんな息子さんをきっと誇りに思っていることだろうな・・って思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。