子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男、夏休みの成果

2010.09.08 (Wed)

ゴールデンウイーク明けから集団の塾に入った次男。

夏休みの夏期講習も終えて4カ月がたちました。

入ってから1カ月後の模試では総合点374点、偏差値59でした

塾にはレベル別に2コースに分かれていて一応上位のクラスに入れてもらったものの

その中でも下の方、絶対に抜かしてやると意気込んでいたライバルとの差は

歴然でした。「やっぱりあいつはすごいわ・・・。まだまだかなわん」

まあ、1か月だからね~まだ・・。夏休みに同じ講習を受けてからが勝負よ

でも学校の友達とはまた違った、近くの中学の上位の成績のお子さんが

集まったクラス。志望高校も大体同じで話も合うし楽しいようです。



そして夏休み。私が言うのもおかしいですが、よくハードな毎日を頑張ったと思います。

部活の時間が夕方までの時は、シャワーを浴び軽く何かを食べそのまま塾へ。

それから約4時間講義を受ける日が夏休みの大半を占めました。

その合間に学校の宿題は10日ほどで終わらせ、旅行・試合の日など考えながら

自分なりに予定を立てて勉強していました。

そして夏休みの終わりの模試。

見事に総合点420点、偏差値65,5まで上がっていました。

そして我が家では初めて見る志望校すべてA判定。

これにはかなりの自信がついたようです。


(中学時代の)長男と次男の決定的な違いがいくつかわかりました。

次男は先に塾ですべての答案をもらって点数は知っていました。

そして先生からも「よく頑張った」とほめてもらったのです。

でも、社会が足を引っ張っていると自分なりに思ったのでしょう。

社会を何とかしたい・・と1年生の分から復習しようと思ったそうです。

長男だったら「やった~!上がってた」で終わるところを、

「社会がもう少しとれていたら・・」と考え早速復習している次男。

塾の社会の先生に相談し、復習の仕方を教わったそうです。

それから模試を受けたその日にすぐにやり直しにかかっていました。

解説を見ながら、もう一度自分で解説を書き込みながら学校の自主学習にする。

じっくり時間をかけ、全教科それをやっている次男、

「あ~解説を見たらよくわかった」  らしいです。


これこれが長男にかけていた(たぶん今も)勉強です。

模試の結果よりも、模試を通して自分の弱い部分がわかりそれに取り組む、

間違いをそのままにせず復習する
、これが大事なんだと次男を通し痛感しました。

次男がこの成績をさらに上昇させられるかはわかりませんが、

中学の今がピークにならなければいいのです。問題は高校です。

自分の勉強法をしっかりして、それで結果が付いてくることがわかれば

高校生になってから長男より強いかな~と思います。

それから長男が高校生になって親子で感じていたこと

「数学は中学の時に少しでもレベルの高い問題に慣れておくべき」

これも今、次男は学校より難しい問題を塾でたくさんしているので

学校の問題は簡単に感じるそうです。もともと数学は嫌いではないので・・


さてライバルとの差ですが・・・まだ20点以上です。

でもそれも理・数・英ならほぼ同じ点数で社会と国語で差がつきました。

20点以上の差というとかなわないと思っても、同じ点数も3教科あると思えば

抜かせないことはない、強引ですが考え方次第です



今回のことで長男にある提案をしました・・・弟と比較されプライドが傷つかないよう

気をつけながら・・・です。 それはまた次回記事にします。

今日もよろしければ応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

次男くん、素晴らしい!まだ中2なのに、こんなに頑張れるなんてうらやましいです~~~
自分で勉強のやり方を見つけられる子は強いです!
ライバルの存在も次男くんにとってはやる気の源なのでしょうね。
ゆずの塾にもできる子たちがたくさんいるのですが、自分=普通、周りの子たち=異常(あんなに勉強するなんて普通じゃない)という図式が成り立っているらしく、全然ライバルとは思えないみたいです^^;

凄すぎる!

塾に入ってまだ4ヶ月ですよね。凄い勢いで上昇してますね。
うちの次女も塾に行ってますが、夏休みも平日本科授業のみで通常通りでした。
中2から4時間講義って上位クラスだけですか?
社会と国語って意外と差がつく教科ですよね。次男さんきっとまだ上がりますね。そんな気がします。
部活も勉強も両立できた夏休みだったんですね。凄いです!!
先々週、塾の模試がありました。もうそろそろ結果が分かると思うけど、どうなんだろう~。不安になってきました。A判定羨ましい~~。

かりんさんへ

お久しぶりです。かりんさんとゆず君の様子はブログでいつも拝見しています。
うちの長男も部活命の頃は、休み時間に勉強している人を気持ち悪いなんて言っていましたよv-411それが今じゃ「せっかく合格したのに勉強を捨ててる奴の気が知れない」なんて言っていますから、変れば変るものですね(笑)やはり環境でしょうかね!

兄弟もそれぞれです。うちの次男はやはり長男の影響が大きいのでしょう。最初の子は自分も未熟な分難しいですね?!


バンブーさんへ

私も初めての集団塾の夏期講習なので、言われるがままお金を払いましたが・・上位クラスだけ毎回1時間早く始って授業があったみたいです。娘さんは通常授業だったんですね?! 模試の結果、ドキドキですよね!
そこから次につながる何かが得られれば良いかと思いますよ。

国語は苦手ではないけどその時の問題との相性もあるのでしょうかね。論説が得意、小説が得意なんて好みもありますから・・。でも社会は努力したらもっとできますからね。
成績が上を向いているときはいいのですが、やはりスランプもあるはず、その時に乗り越える力があるといいと思っています。

420点ですって~v-405すごいですね~。しかも、そのあと、ちゃんと苦手克服に取り組むなんて。
うちの息子も、テストの答案が返ってきたら、どこで点をとりこぼしているのか、ぜんぜんわからなかったのか?ケアレスミスなのか?もしそうなら見直しはしたのか?しててもそうなら、見直しの仕方がまず悪い、という細かいつきつめは毎回するのですが、それでもなかなか、単純なミスでの失点は0にはなりませんね~。
高校入試までにはもっときちんとつめなきゃ、と思っています。

マミイさんへ

高校・大学受験も母として経験されたマミイさんだからこそ、テストの後が大事ってことを痛感されているのですね!
うちの次男も単純なミスでの失点はあります。これってもったいないですね!模試の結果を見ると同点がかなりの人数います。
入試では1点で合格・不合格の分かれ目になりますから、1点が大切なんですよね!
高校入試までにその意識がつくといいのですが・・。

がんばりましたね~次男君v-91
よくぞ、そんなスケジュールをこなせました。
体力も精神力も強いですね。

テストの後の態度。我が家の長男と次男も同じです。ここで、きっちり差が開いてます。
(と言っても、次男の場合は徹底的お直しは学校で指導されているものなので、自発的とはいえないです・・)
塾って、鍛えられるものなのですね!

ミロママさんへ

この時期の男の子はひと夏ごとにたくましくなる気がします。
次男君の場合は学校が塾をプラスしたように問題も難しいし、友達もライバルと呼べる人がたくさんいるから、学校で鍛えられているのでしょう!

長男君も復習がいまいちですか・・?
中学からこの癖がついていないうちの長男は、さすがにしなければいけないという意識はあるものの、手が回らない状態です。
それに間違いも多くて・・(苦笑)
ここがあと一歩伸びない原因かな~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。