子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おりこうさんタイプが勉強ができるとは限らない

2010.03.12 (Fri)

長男の中学時代、勉強していないにもかかわらず思っていたこと。
「もっとできるはずなのに」
「やればできるのに」
先生方も「頭がいい子です。今後伸びると思います。」
とよく言われました。

長男は出来て当たり前、次男はあまり出来ないだろう・・
なぜかそう思っていました。

長男は小さい頃から手が掛からず
学校でも先生から色々なことを任せられるおりこうさん
タイプ。そのせいか新卒の先生が担任になることが多かった。
一方次男、小さいころから長男が通訳をしてくれるせいか、
言葉も遅く、早生まれということもあり低学年の頃までは
体は大きいものの、クラスの中では頼りなく感じたものです。

算数の文章問題でも「意味がわからん」ということが多く
大丈夫か?と不安になったものでした。
学校の様子も話が全く分からず、横から長男が
「○○ってことじゃない?」と解説。「うん」とうなずく次男。
どう考えても長男ができて次男はできない・・・
ずっとそう思っていたのです。

そんな次男が中学に入って最初の実力テスト。
初めて順位が出るというのでどの親も子もドキドキのテスト。
長男はこのテストで42位。できると思っていたのに
がっくりしたものでした。長男がそれくらいだったから
次男は・・とても不安でした。50位に入っていればいいか・・
なんて思ってもらった結果。「220人中2位」
え~!!!!名前間違ってない?驚きです。
逆の結果だったら驚きもしなかったですが。

でもそれから次男はこの1年、安定して学年の上位を維持しました。
長男の上がり下がりの激しい成績とは大違い。
次男を改めて観察すると、勉強に対する長男との違いが色々と見えてきたのでした。

「やればできるのにっていうけれど、やれるってことが能力があるってこと
やれなかった俺は能力がなかっただけ」

高校に入った長男が言った言葉です。

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。