子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の本気を見せてやれ

2010.10.21 (Thu)

長男が高1の3学期、化学がどうしようもなくなって通うことになった塾。

大手予備校の映像コースですが、そこには室長もいてたまたま化学の先生だったので、

わからないところを教えてくれたりもしていました。

いまどきの子は「熱い先生」が苦手って子も多いそうですが、

うちの体育会気質の長男は、「熱い先生」が好きです。

この室長もそのタイプです。私も面談や電話で長男の様子を聞いたりしたときに

とても励まされたものです。別室で勉強しているのに

「君は間違ったところを必ずきちんとやり直しをしているよね。」

「え!?何で知ってるんですか?」

「ちゃんと見てるんだよ。」

長男もこの時は驚いていました。



「君はまだ8割くらいの力しか出していない。まだまだ余力がある。」

「君はできる。自信を持て」

いつも長男も励まされたようです。自信をなくしているときに、これはとても

有難かったです。長男も心を許し、自分の夢や志望校など話をしていたようです。



でも残念なことに4月から移動になり、たった数カ月の短いお付き合いになりました。

最後の日、私も挨拶をかねて長男と先生に会いました。

その時のこの先生の言葉が忘れられません。

「医者になりたいって言う人はいっぱいいる。

君みたいに小さいころから本当になりたい と思っている人もいれば、

勉強が出来るからとりあえず医学部に行こうかな・・っていう人も

言葉にすれば同じ「医者になりたい人」なんだよ。

人に接することも苦手でただ勉強が出来るだけの人でも、

残念ながら試験が出来れば 医学部に合格してしまうんだ。

僕はそういう人をたくさん見てきた。

こんな奴が医者になっていいのか、今どんな医者になってるのか、って思う。

僕は君のように本当に医者になりたい人に医者になってほしい。

でも、その君の医者になりたいっていう気持ちを伝えるのは勉強しかないんだよ。

君の本気を大学に伝える、それが入試だ。君の本気を見せてやれ!がんばれ」



他県でも優秀な私立高のお子さんたちを指導してきた経験を持つ先生。

いろんなお子さんを見てきたからこその言葉かもしれません。

私はホントだ、その通りだ・・って思いながら聞いていました。
 
長男も「なんとなく医者にでもなろうかな~ってヤツが合格して自分が落ちたら悔しい。」と。




医者になりたいって気持ちが本物かどうかを試されている。

本気でなりたいならどんなにつらくても頑張るしかない。

頑張れなかったら「そんなものか?」ってことでしょう。


私が大好きな進研ゼミの今年のCM の言葉です。

  あきらめているヤツは誰だ?

  本気になれないヤツは誰だ?

  最後の1秒まで伸びる。

  それが、大学受験。
  

最後の1秒まで本気を伝えるために頑張れ長男!

頑張れ受験生の皆さん!


今日もよろしければ応援よろしくお願いいたします。
皆さんの応援はとてもうれしいです。
にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

塾の先生

すごく熱心な先生ですね。そこまで言って下さる先生ってホント嬉しいし、頼りがいがありますね。移動は残念。いい先生って引く手数多ですよね。

勉強ができるからとりあえず医学部って人もいるんでしょうね。勉学と人間性、どちらもとても重要ですよね。人の命を預かるお医者様ならなおさら。
長男さんは、どちらも兼ね備えてると思います。自分が病気で診て頂くなら、やはり人間味のある先生に診てもらいたい。ほとんどの人がそうだと思います。

最後の1秒まで・・響きますね。

バンブーさんへ

心に残る言葉ってありますよね~
それも信頼あってのことだと思います。

人間味があっても技術が下手だと医師としては失格だと思うし・・いろいろなことが求められて・・厳しいですね!
とりあえず今は学力です(苦笑)

大学受験は最後の1秒まで伸びるって皆さん言われます。結局あきらめない強い心が大事ってことでしょう。
最後の1秒まで走りぬいてほしいですね!

どんな職業でも最終的には、その人の人間性や情熱が問われるんですよね。
中学でも高校でも受検のプロの方たちから熱い応援を受ける長男君はすばらしいと思います。

最後の1秒までか・・(ため息)
私も長男のお尻を叩いてがんばります☆

ミロママさんへ

人間性・・そうですね。医者じゃなくてもどの職業でも必要でしょう。
長男のクラスでも提出物は出さない、一日居眠りしている、でも勉強はできるっていうお子さんが数人いるらしく、それを聞いた夫が「そんな奴は職場には要らない」と言いました。私もそう思います。

「最後の1秒まで」お互いの長男を励まし続けましょう!今まで手をかけて、いきなり手を離すと戸惑うのが長男らしいですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。