子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3教科もつまらない授業?!

2010.11.10 (Wed)

昨日次男が学校から帰って、おやつを食べながら言いました。

「兄ちゃんたちみたいに先生を評価をする機会があったら、
いっぱい書いてやりたいヤツ(先生)が多い!まったく・・・カスばっか!」

どうやら先生に対しての怒りのようです。

「誰?」

「国語と社会と理科よ!!黒板に書くだけとか何言っているか分からないとか
つまらんし眠くなる 塾の先生の方がよっぽどうまい」

そんなに怒っているってことは、よほどつまらないのでしょう。

それにしても3教科も?!しかも副教科ではなく5教科の中の3教科・・!

「理科はすごくわかりやすいって言ってたじゃない?」

「その先生が産休に入って代わりに来たヤツがマジつまらん」

あら・・理科が良い先生で安心していたのに・・・。私も残念


高校では1年に1回、先生を子供たちが評価する機会があるようです。

結構子供達も厳しく評価するらしいです。

おまけに長男たちの科は2クラスですが、2クラスの教科担は全部違います。

恐らく・・先生方も競わされているのかな~?

受けるテストは同じですから平均点が明らかに差がつくと

教え方が・・って評価につながるのかもしれません。実際に教科によってはかなり

正直に(?)差が出ます。

先生方もプレッシャーですね?!

長男の高校に赴任が決まったら相当の覚悟で来るらしいし、

生徒のレベルの高い質問に答えるために先生自身も勉強されるそうです。

中には体調を崩される方もいるとか・・・。それでもハズレの先生もいますが・・

なのに公立中学はそんな機会もなく、成績が悪ければ生徒が悪いって

思っている様な先生が多いです。教え方が下手な先生に限ってです。


「授業中、生徒が居眠りするのが悪いんではなく、眠くなるような授業をする
教師が悪いんです」

と、長男の大好きな1年の頃の国語の先生は生徒に言うそうです。

2年の国語がハズレの先生なので、長男のことを気に懸けてくれている先生。

「僕にいつでも質問に来いって言ってください」 と私にも言われました。

そう言うだけあって、その先生の授業には眠る生徒はいないようです。

眠くなりがちな国語なのにです。

「国語は教えることはない、って言う人もいますがそれじゃくやしいじゃないですか・・。
特に理系の男子は国語のように答えがはっきりしていない教科は好きではないって言います。
そんな理系の子たちを国語好きにさせたいんです。」

こんな気持ちが中学の一部の先生には足りないのかもしれません。(良い先生もいますが)

もちろん生徒の授業に対する姿勢も先生の意欲を低下させるのかもしれませんが、

「好きにさせてやる」という気概を持ってほしいな~と思います。

むしろ若い先生の方がわかりやすく、ベテランの先生が眠たくつまらない授業って

言うのは、先生のやる気の低下かな?


それにしても3教科も眠くてつまらないと困るな~2年って結構大切な単元を習うのに・・・

塾の先生も利用して、わからないことをそのままにしないように

してほしいと次男には言いました。

もし本当に先生を評価する機会があったら、すごく正直に書きそうな次男なので

それはそれでこわい・・です。


昨日から急に寒くなりました。
今日は本格的な冬の準備をすることにします。
今日も読んでいただいてありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。