子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩戻る勇気

2011.01.07 (Fri)

今日から子供達の学校が始まりました。

長男・次男ともに課題テストです。次男は全校生徒の前で今年の抱負を

述べなければいけなくて、その準備の方が忙しいようでした。

長男は「どれか1教科捨てなければ終わらん」なんて弱気発言をしていました。
 
2人ともどうなることやら・・


年末に長男が言いました。

「やっぱりみんな何かをやってるんだよね・・・Z会の数学をもう1度申し込んでいい?」

長男の言うみんなとは、学年トップの仲良しS君を含め優秀なお子さんたち。

S君は高2の間に高3のZ会を受講し、9割ほどとれていたそうです。

高3では受験レベルに合わせたコースを受講するそうです。

そんなみんなに合わせて進む授業、意識は高くなるものの焦りや不安を生じる、

これがトップ校の良い面・悪い面かもしれません。

前からそう感じていた私はこう言いました。

「進研ゼミも考えてみない?対象者が幅広いから自分に合ったレベルがあるかもよ。
背伸びをしてZ会をしても、たまる一方かもよ。今もう一度基礎をしっかりした方が良いんじゃない?」

「・・・・。医学部受けるんだったらZ会レベルの問題を解けないとダメだろう?」

やっぱり焦ってるんだ・・。

「レベルが合わなければ上げれば良いし、それでももの足りなければZ会にしたら?」

そして長男、自分でHPを調べ「今の俺にはこっちが良いかも」と

進研ゼミを申し込むことにしました。


まだメインテキストは届いていませんが、「受験準備講座」の英・数です。

その付録?のような教材が昨日届きました。

要点が載っている冊子、弱点克服テキスト、センター形式の問題など。

なんかお得?って感じです。進研ゼミらしく漫画やイラスト満載です。

その中の読み物にこんな記事がありました。

  脳は目標に到達したときの達成感をほどよく与えないとやる気をなくすから
  教材のレベルや目前の目標はやや低くすべし!

これこれ~長男もまさにそうかも

いきなり高度な問題に挑戦するよりも、デキルっていうのを積み上げていった方が

早く習得できるそうです。

気持ちが前へ前へ進もうとしているときに、一歩戻る勇気も必要ってことです。

ジャンプするときだって少し沈んだ方が大きく跳べるしね!

あ、まだメインが届いていないのにZ会の方が難しいだろうという私の先入観で

書いています。もしかしたら進研ゼミも難しくて手が出ないかも・・です。

進研ゼミその後もまた報告しますね。

今日も応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

進研ゼミ。
受験期になったら志望校と類似してそうな他大学の過去問とかの冊子もあって、
ちゃんと活用すればとても有効だと思います。
(はい、ご想像のとおり次男はちゃんとできませんでした^^;)

基礎ができてこその応用ですから、
理解度の確認もできていいのではないかと思います^^。

生活ブログをお引越ししました。
お暇なときは遊びにきてくださいねー。
こんなことばっかして
不安を紛らしてるかんじです^^;

anonさんへ

進研ゼミ、勧めたきっかけはanonさんと次男さんお勧めだったからです。ずっと私の頭に引っ掛かっていました。参考書でも通信添削でも活用の仕方・・ここがカギですよね。
どのレベルが出来ないのか、基礎なのか標準なのか応用なのか・・そこを本人が見極めることからが始まりなのかもしれません。
マジで数学をどうにかしたいらしいです
^^;数学のせいでいまだにD判定を抜け出せないからでしょう。 効果があることを期待したいです。


次男さんも言っていたように英単語の別冊は基礎中の基礎(覚えていないとヤバい)だったみたいです。ユメタンをしつこくやらされたおかげで単語はまあまあ覚えているのが幸いです。

訪問者リストに少し変わったタイトル。早速携帯からもお引っ越し先に訪問しましたよ。猫のイラストがとてもいい感じでした。
もうだるまさんカウンターが1ケタですものね。anonさんが気が紛れるならバンバン記事書いてください^^ 

1歩戻る

misaさんが言うように1歩戻るって大事ですね。そこが確実だったらレベルアップしていけばいいし。その方が自信もついてくると思います。
手に届きそうな目標を設定して、まずやってみるってことですね。到達感がやる気を引き出す・・なるほどです。
うちも目標が少しずつ高くなって、1年後に志望校に到達できるよう力をつけてほしいです。

バンブーさんへ

娘さんの学校も東大の入試問題を宿題にしたりしていましたよね?それができるレベルの子なら良いんです。でもそれで、できないっていう劣等感や苦手意識がつくばかりでは先に進めないな~って思うのです。

娘さんは着実に力をつけている気がします。
私立に絞ったことによって、科目も絞って勉強できますね。あと1年・・長いようであっという間に過ぎてしまいそうでこわいです^^;

 教材の選定って難しいですよね。
 我が家も進研ゼミ派ですが、お友達がZ会を使っているのならいろいろ聞けるでしょうから、私は子どもがZ会って言ってきたらそれにしちゃうかも。。。
 などと言いつつ、うちの次男@高1の友達は進研ゼミ派が多く、しかもそれを溜めている子しかいないので、真似しているの?っていう状況ですが。汗)

Yさんへ

記事には書いていませんでしたが、我が家は3にんとも小学生からZ会をしていました。
まあ、難しくなった中学で退会、高校で再度挑戦するけど学校の勉強との両立が出来ず退会・・というZ会は華麗なる入退会の経歴を持つのです(苦笑)

Z会の添削問題はテストではなく、自分でとことん調べたりして仕上げるものでそのプロセスを大事にしている感じですが、難問が多く時間がかかるため、つい溜まりがちです。
だから今回はレベルが細かく分かれている進研ゼミにトライしてみることにしました。
進研ゼミも・・・溜まるんですね^^;
しなきゃ溜まる・・これは共通ですね!
自分に合った教材に出会えたら、伸びるのかな~?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。