子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピークは受験の日にやってくる

2011.01.19 (Wed)

高校受験の方もそろそろ私立入試が始まり、公立も追い込みの時期ですね。

高校受験のカテゴリーで、とても息子さんが頑張っている方のブログがあります。

私はそこに長男の高校受験の時の姿がだぶって、陰ながら応援しています。

そして今、必死で頑張っているのになかなか結果が表れず、かなり離れていた成績の人が

ウナギ登りで成績が上昇して抜かされてしまった・・とありました。

これもまさに長男が経験した想いです。


中3の冬休み明け、3年生は課題+実力テストがありました。

そこで夏休みくらいまでは100番台だった人が急に10番内に入ってきました。

他にも数人、長男より順番が下だった人があっさり長男を抜きました。

その時学年で30番くらいでした。学年で5番以内くらいではないと・・という

○○高を目指しているのに30番台・・です。

多分、帰る前に成績を渡されています。そこで予想外の人に抜かされたことも

知ったのでしょう。そして必死に感情を抑えたと思います。

家に帰ってきた途端、涙をこぼし始めました。

「あいつらにも抜かされるなんて・・とても○○高なんてムリ・・」

こんなに頑張っているのに、なんで自分はこんなにできないのか?

それを悔しがっている感じでした。 そんな涙を見た私もつらかったです。


長男を抜かしたお子さんたちは、ある少人数の塾に通っていて、

学校帰りにそこに通い、夜の12時くらいまで徹底的に問題をこなす

そんな毎日だったようです。今まで全然勉強しなかった人が毎日それをするだけで

目に見えて成績が上昇するのはまあ当然かもしれません。

もともと能力がある人なら100番上昇することもあるんだ~

私もびっくりしたものです。


もうこの時期は、成績が伸びなくても、抜かされても、志望校に行きたければ前を向いて

ひたすら努力するしかないのです。

受験の神様が「本気かどうか確かめるための試練」を与えているのかもしれません。


高校に入学後、あの時あっけなく長男を抜かしたお子さんのお母さんに会いました。

「あの経験があるから、また高3で直前にやれば上がるわ~くらいに簡単に考えているのよ。
全然勉強しなくて成績もガタ落ちよ」

そう言いました。次男と同じ学年に妹がいて、その子も直前に頑張れば高校は合格できるって

思っているそうです。

子供はいろんな経験から何かを学びます。

長男の「つらい思いをして、でもあきらめずに頑張ったら合格できた」という経験が

今の長男を励ましていると思います。 悔し涙を何度も流したから、合格の日には

うれし涙があふれて止まらなかった・・。余裕で合格した人が流さないような涙です。



「俺よりみんな頭が良いのに、成績が上がらないとすぐに志望校のランクを
落とそうとするからもったいない。きっと中学でずっと良い成績だったから
耐えられないんだろうな~。俺なんか逆に良い成績を取ったことないから
少々のことではへこたれないし、もっと頑張らなきゃって思うんだけど。」

最近長男がそう言いました。あのつらい思いも無駄ではなかったのね。

想いはつながっているんだ~

第1志望に合格できなかった人でも、その悔しさをバネに頑張って上位にいる人もいます。

もうあんな悔しい思いはしたくない・・という想いなのでしょう。



この時期、数学で伸び悩んでいた長男に塾の先生がかけてくれた言葉

「ピークは受験の日にやってくる」

今伸び悩んでるけど、それでもひたむきに頑張っているお子さんと

お子さんを信じ見守る親御さんに贈りたいと 思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村
















<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

勇気を頂きました

今まさに我が家は同じような状況なため、ご長男さんのエピソードにはとっても励まされました。
こんなにがんばっているのにどうして・・・しかも1月なのに。と不安いっぱいですが、
志望校を変える気は無いようなので、一歩一歩前に進むしかありません。
「本気かどうか確かめるための試練」・・・ほんと、そのとおりですね。
ピークは受験の日にやってくると信じて、受験まで息子を応援していきたいと思います。

misaさん、勇気をありがとうございました。

私自身が遠い昔、大学受験で怒涛のように追い上げて合格してしまいましたが、
そのツケ(やっぱりあった・・)は後で払ってきたと思ってます^^;
やっぱり「継続は力なり」に勝るものはありません。
長男君、ほんとに良い受験を経験されたんですね。
うちの息子たちにも、人間力をつけるような受験を体験してほしいです。

doc-mamaさんへ

勝手に記事にしてごめんなさい。
こんなに偉そうに応援している私も、2年前は不安で孤独でつらかったです。そしてブログで息子に似たタイプのお子さんはいないか必死に探しました。近所にはいなくても、全国にはいるものですね。とてもそのブログに励まされましたし、それがご縁で今もその方に先輩お母さんとして励ましていただいています。

受験は10人いれば10人の受験があって、すべてが同じパターンに当てはまるとは限りませんが、うちの経験が1人の方にでも参考になるならそれはとてもうれしいです。doc-mamaさんの経験もきっと他の方の励みになる日が来るでしょう。そうやって見守る親の気持ちもつながっていけたらいいな~と思います。

きっと受験が終わったら息子さんのことがひと回り大きく感じることでしょう。
それを楽しみにしてくださいね!

ミロママさんへ

大学入試は怒涛の追い上げでも何とか合格してくれないかな~って思います(苦笑)
後が詰まっていますから・・^^;

親は苦労しないようにとかつらい思いをしないようにとか思ってしまうのですが、そんな経験も決して無駄ではないのでしょう。むしろ大切なのかな~?

ミロママさんの4人のお子さん、4人それぞれの受験になりそうですね。その第3弾、長男君の大学受験・・ちょっと手を離していくのですね。長男君の成長も楽しみです。
お互い元気で見守りましょう!

こんにちは。
高校受験の話、ウチも去年経験したので「あ~そうだったな~」と思い読ませていただきました。

けれどウチの長男の場合は頑張るとかそういうのとは無縁でして、中学3年間家庭学習時間“ほぼゼロ”の状態で受験。合格発表の時も「受かって同然だろ~(ピースサイン)」で帰ってきました(-_-;)

でもね、そんなのは高校に行ったら通用しないんです。同じような子供たちがいっぱいいる・・・プラス、一生懸命勉強してる子達も沢山いる。
当然成績はガタ落ち、「俺のクラスには、数学の神が存在する・・・なんでこんな高校に入っちゃったんだろ・・・」と泣いてました。
でもそれが本人にとっていい経験になったと思います。今では勉強する事に対して謙虚になり(^_^;)、本人なりに頑張ってます。
要するに「お山の大将」だったんですよね。

この間のセンター試験を学校でもやったみたいです。数学は半分以上解けたようでちょっとは自信がついたのかな。
逆に英語は全然で、「単語がちっともわからん!」とぼやいてました。
クラスに帰国子女の子がいて200点満点中194点だったようで、「すげえ~な~アビー(彼のニックネーム)は~。」と何度もつぶやいていました(^_^;)

まあなにはともあれ、親としては見守るしかないですね。

かずちゃんさんへ

家庭学習ほぼ0で合格・・それはまたすごいことですね!でも高校の先生のご主人は「高校はそんなに甘くないぞ~!」って思っておられたことでしょう(笑)

でも高1で「ヤバい」って気がついて良かったですね。親が言って聞く年齢ではないので、どこで「ヤバい」って思って真剣になるか・・だと思うのです。それがうちの長男は高校受験だっただけです。

「謙虚に」これ私も大事だと思います。できる子も頑張っている子も「謙虚」さが感じられます。英単語は覚えるしかないですね!
1年生のうちにたくさん覚えていた方が良いです。若いからたくさん覚えられるもので、その脳の柔らかさに感心します^^

なんか長男さんには親近感がわきましたよ。
うちの長男もすごいお子さんのことを良く褒めます。同じく「あいつは数学の神だわ」とか「どうしたらあんな発想ができるんだろう」とか・・。ライバル心とかではなく本当にすごい~って認めているんです。負けて悔しいっていうレベルではないのかもしれませんが、誰かに勝ちたいとか思って勉強したことはあまりないようです。長男ってそうなのかな~?

謙虚に頑張り始めた長男さんの今後に期待大です☆
楽しみですね!

こんばんは 高校受験母です。最後の模試も終わり、私立高校の振り込みもしました。あとは公立の最終決定(本人ですが)です。
私の息子は塾、学校で志望校の変更を提案されても揺るぎなく向かっています。コツコツ続けてきた結果は内申で評価をされ(まだまだ土俵に立てたレベル)少し自分に自信が持てたようです。本当にこれ以上の頑張れは言えないけれど 努力が実ることを、悔いが残らないことを1人湯島天神の絵馬に託してきました。

以前拝見した時の言葉と「ピークは受験の日にやってくる」 の言葉を息子に伝えたいと思います。
misaさんのように晴れやかに都立入試の日を迎えたいと思います。
(なんだか最近 結果は気にならなくなってきたんです)

これからも拝見させていただきます。

ぶどうぱんさんへ

以前もコメントいただきましたね!
頑張っている息子さんになんて声をかけて良いのか・・って。
先生方に志望校変更を提案されても揺るがない・・とても心が強い息子さんです。
受験は最後まで何があるか分からなくて、直前にやった問題が出たり、自分の得意な問題が出たり・・「運」と「絶対に合格する」っていう強い気持ち、「万全の体調」など学力以外のものが合格に大きく影響する気がします。

長男もそうでしたが、最後まであきらめずに頑張ったら、受験当日は落ち着いて取り組めることでしょう。そして「やるだけのことはやった」って思えるでしょう。
ぶどうぱんさんが最近成績が気にならないっておっしゃっていましたが、私もひたむきに自分の目標に向かって努力した息子を見れただけで充分親として幸せだって気持ちでした。

親が出来ることは美味しいご飯を作ってあげて、家庭では普通に明るく接してあげることぐらいです。 そして受験当日は「いってらっしゃい」って明るく送り出してあげてくださいね!
頑張る息子さんにきっと受験の神様がほほ笑んでくださいますように・・祈っています。

非公開コメントさんへ

良かったです
そうなんです。同級生のお母さん同士では話ができませんもんね! インフルエンザも流行ってます。気をつけて下さいね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。