子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初海外、で感じたこと

2011.02.01 (Tue)

高2の長男、高校生活で1番楽しいといわれる修学旅行が昨年末にありました。

「これが最後の楽しみだぞ~勉強のことは忘れて思いっきり楽しめ」

という先生のお言葉。行先は長男生まれて初の海外、しかも数日間ホームステイ。

とても楽しみにしていました。 行く前に長男の趣味やアレルギー、その他いろんな情報を

くわしく記入し、それをもとにホームステイ受け入れのご家族を決める(マッチング)のです。

1家族に2人を受け入れてくれます。

その家族が決まった時、私はびっくりしました。

20代のご夫婦、子供がうちの娘と同じ10歳の子を筆頭に4人!!!

「俺達、超ラッキー!子供がいれば言葉も簡単だし、遊んでいれば良いからね~」

なんて喜んでいる長男。でも私はとっても不安でした(長男には言わないけれど)。

日本の感覚で、20代で子供4人いてホームステイの学生さんを受け入れるなんて・・・

自分が子育て中にそんな余裕なんてなかった・・・。

「受け入れるとお金をもらえるからじゃない?」

そんな知人の言葉に正直帰ってくるまでとても不安でした。



そして帰ってきた長男。興奮気味。

「やっぱり俺たちのところが一番良かった!」そう。

私の不安は嬉しいことに見事に外れました。

広大な自然の中(うちの近くに湖)、広いおうち(暖炉や大きなクリスマスツリーがある)

と(うちの近所にある)公園ほどの庭、そんな中で20代のご夫婦は

日本とは違い、おおらかな子育てをされているようです。だから気持ちにもゆとりがあるのね~

日本では見ない様な大きな車で迎えに来てくれて、車のドアを開けたら4人の子供たちが

「バアー(日本だとこの言葉かな?)」と一斉に驚かせてくれて、とてもかわいかったそう。

日本からのお土産の竹トンボやけん玉に興奮し、広い庭で遊んだそうです。
(けん玉はお父さんが夢中)

お箸の使い方に家族の目が釘付け!「wow!!!」

もう一人の友達が書道ができるので、家族の名前を漢字の当て字でひとりずつ書いてあげました。

それにも感動、ホワイトボードに貼ってくれたそうです。(TATOOで漢字は人気!)



クリスマス前の教会にも連れて行ってくれ、本当のクリスマスの雰囲気も味わいました。

教会に来ていた方達も気軽に話をしてくれたそう。

キリスト教が当然・・の方々。息子たちが「仏教」っていうと「???なぜ?」って言われたそうです。


パソコンのgoogleで衛星地図から我が家を探したそうです。

それを見て「すごい街中に住んでいるね~!」と。

いえ・・・違います。日本はうちも小さくて隣との距離が近いからそう感じるのです


長男の話から・・   

  日本は食事が美味しい。 だしの味が懐かしくなった。
  朝はコーンフレーク、夜は副菜のような主食。質素だった。
  1日はお弁当を作ってもらって観光だったけど、みんなジプロックにヨーグルトや
  パンをいれて 持ってきていた。日本のようなお弁当の感覚はないよう。


  家族の時間と夫婦の時間がはっきりしている。
  ご飯がすんで、子供を寝かせたらお茶を飲みながらクッキーを食べ、
  トランプや会話をして楽しんだ。  もちろん子供達の寝る部屋は別。


細かいことでも、いろいろと違いを感じたのでしょう。

自分たちの当たり前がすべての人に当たり前ではないということを実感したでしょう。



帰る時には子供たちが「帰らないで」と泣いたそう。それがつらかった・・と。

医師になりたいという長男に「楽しみだ、また大学生になったらいつでもおいで」

と言ってくださったご夫婦。なんと5人目の赤ちゃんがおなかにいるそうです!!

それももうすぐ臨月、そんな時に迎えてくれたなんて・・本当にありがとう。

少しでも疑ったこと、申し訳ありません

医師になったらアメリカのER(救命救急)で勉強したいって言っていた長男、

「英語をもっと話せるようになりたい」って今回の旅行でとても強く思ったようです。

大学に入ったら英会話を勉強したいそうです。

子供の言葉は簡単!って思って行ったけど、意外に子供は興奮すると早口で

わからないらしいです。大人の方がゆっくりわかりやすく話してくれたそうです。

帰ってきてメールを送ったら、わかりやすい英語で返信が来ました。

「子供達はいつも君たちとの写真を見ているよ」と。


こうしてとても楽しかった修学旅行は終わりました。

若いころに海外に行くのも刺激があって良いですね!感じることも多いようです。

そしてお土産は、これしかない!!「メープルシロップ」です。

とてもあっさりとした味、グレードが高いものを奮発して買ってくれました。

「メープルクッキー」に「メープル型のキーホルダー」などなど・・・

そう、行先は「カナダ」のお話でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村    今日も応援お願いします☆

  
  



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

 長男君、良い体験をしてきましたね。受け入れ先のご家族も良い方だったようでラッキーだと思います。

 私もカナダに行ったことがありますが、湖のあの独特な水色は今も忘れないです。でも食事は確かに、おおあじ(っていうのかな?)で、サーモンステーキがやたらとでっかかったのを覚えています。

Yさんへ

Yさんもカナダに行ったことがあるのですね~。自然は素晴らしいみたいですね!メープルの木も街中にたくさんあったそうですがシロップが採れるのは食用?らしいです。そして魚といえばサーモンらしいです

ホストファミリーは時にハズレもあるそうですね楽しかったって帰って来ただけで親としては嬉しいです。
言葉は片言でもなんとかなるんですね!
でもお店などでは言葉がわからないことはこわい…って言っていました。英語、私も流暢に話してみたいな~若いときもっと勉強すれば良かった

長男さんの修学旅行はカナダでのホームステイだったんですね。いいですね~ すごく勉強になりますね。当たり前だと思っている日本の風習がよその国では違うのには びっくりしますね。視野も広がるし、英語も、もっと勉強しなくてはと思い知らされますしねv-411
うちの長女も中1の時にオーストラリアに10日間 ホームステイさせていただきました。あちらは夕食も作らない家庭が多いとか。夕食にハンバーガーとかは普通だそうです。しかし、長女は食物アレルギーなんです。いまだに卵、魚、牛乳などかなりたくさん食べられません。それを知った上で受け入れてくださったので、食事はすべて手作りしてくださったそうです。
お弁当も長男さんと同じですよ。日本のようなお弁当ではなく、やはり袋にパン(卵不使用の)とポテトチップスが入っていたようなことを娘から聞きました。別れる時はやっぱり泣いたそうです。
次女も中2の夏休みでオーストラリアに行かせるつもりですv-410
ところで、次男くんも長男さんと同じ高校に入れば、やはり修学旅行ではカナダへホームステイですか?長女の高校はスキーですよv-388ちなみに 中1の次女も今 スキー合宿中です。

良い経験

長男さん、良い経験ができて良かったですね。
いったん外に出てみると、自分が思ってた常識が通用しなかったり、日本の良さも分かったり、すごく良い経験になりますね。

逆のパターンでホストファミリーになるのも楽しいですよ。子供達も良い刺激になると思います。日本の子が見習うべきって思うことがたくさんあります。
自分もこういう時、英語でなんていうか必死になったり、良い勉強になりましたe-330

長男さんアメリカの救命救急・・具体的な目標もあってさすがです!

えっちゃんさんへ

娘さん、オーストラリアですか?!しかも中1で?! 私の知人の娘さんもオーストラリアに行ったそうですが、夜は毎日のようにピザだったと。ハンバーガーが夕食ですか?
お弁当はやはりカナダと同じなんですね~。
なんか日本の食生活って良いものなんですね。私もしみじみと思いましたよ。
おせちものり巻きも、何でも手作りしちゃうえっちゃんさんのお宅の娘さんたちは、海外に行って自分たちは恵まれているな・・っておもうことでしょうね。


次男の時にカナダに行くかはわかりません。
毎年行先は違うようで、カナダは「あたり」だったようです。2コースあって国内組はスキーです。そちらはそちらで楽しいようです。今のうちに思いっきり「スベる」のでしょう。娘さん達スキーできるんですね!
うちの子達、まだ未経験です。
次女さん、今年は思い出の夏になりそうですね~。

バンブーさんへ

バンブーさんはホストファミリーの経験があるのですね?! 子供さんたちにも違う国の人を受け入れることは良い経験ですね。でもカナダの子供の話を聞いたら、その子たちがうちに来たら家の狭さにびっくりするだろうな~って思いました^^;


娘さんだったら英語が得意だからコミュニケーションとれるかな?うちの長男は、何日かいると大体向こうの言っているのはつかめるけど自分がうまく表現できないって言っていました。あ、学校で必死に覚えさせられた単語がやはり役に立ったようです。
勉強したものが役に立ったっていうのはとても良いな~って思いました。

長男君、ホントにステキな良い経験をしましたね(お金をだした甲斐があるというもの・・^^)
「20代夫婦で、4人の子ども」と聞けば私も・・(笑)
今の生活でもホストファミリーになれない私は、見習わなければなりません。
次男は県から派遣されて韓国に行きましたがまた外国に行きたがっています。
異文化経験はとても新鮮で、人とのことばを越えた交流もとても魅力的だったとのこと。
英語に意欲がでたのも嬉しいことでした。
長男君、今からアメリカの方に知り合いが増えれば何かと良いし、何度か行きそうですネ♪

ミロママさんへ

ホストファミリーの家族構成を聞いたとき、ミロママさんを思い浮かべましたよ~っていうかミロママさんの様なお宅であってほしい・・って願っていました! 5人目なんて・・ホントにびっくりです。そのうえ大きな犬と猫もいたそうです。
私もホストファミリーになる気持ちの余裕がなく、頭が下がる思いです。

次男君は韓国ですか?!韓国語は日本語と文法が似ていて習得しやすいと聞きます。
韓国の歌手も最近すごく増えて、皆さん日本語うまいですもんね~!

英語を話せれば世界に行動範囲がひろがるとわかれば学びたくなるものでしょう。
長男もきっとまた行くと思います。
こんな旅行なら、ホントにお金を出した甲斐がありました(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。