子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志願倍率の思い出

2011.02.07 (Mon)

長男の高校受験のときの話です。

12月の3者面談で、公立と私立それぞれの志望校を決めました。

そして2月の中旬、受験する高校に願書を出しました。

次男が最近受けた実力テストが、2年の時から3年の12月までに合計4回あります。

それで大体その高校をどれくらいの人が志願していて、自分はどのくらいに位置に

いるのかの目安にします。これが3者面談で参考になる成績です。

もちろん、2年生の今頃はまだどこに志望するのかはっきりわからない人が多いのですが、

回を重ねるごとに少しずつ変化していきます。



「無理をして1ランク上の高校に行ってついていけないよりは、1ランク落とした方が良い」

「普通校に行くよりは実業系の高校でいろいろな免許も取り、大学に行きたければ
推薦ももらえる」

「ランクを下げて行ったら、きっとそこで満足してしてしまうから絶対にランクを落としたくない」

「大学受験を考えれば絶対あの高校が良い」

などなど、親も子も3者面談まで成績を見ながらいろいろ悩むのです。

正確な答えはないと思います。

実際に長男の学年の人たちのその後を見ても、進路選択の難しさを実感します。

すでに高校を中退した人もいます。先生からランクを下げた方が良いと言われたのに、

ランクを上げて頑張って、合格して親子で大喜びだったのに、

勉強についていけずやる気をなくしてしまった人。

上のランクを目指せたのにランクを落とし、そこの順位で満足してしまって

伸び悩んでいる人。

もちろんランクを上げて良かった、ランクを下げて良かったという人もたくさんいます。

子供の性格と学校の校風との相性など実際に入学してみなければわからないことも

かなり多いと思います。「勉強が大変」とは聞いていても、どれだけ大変なのかは

入ってみないとわからないものでしょう。

長男も覚悟して入学したものの、

「高校受験の勉強よりも高校の毎日の勉強のほうがはるかに大変、予想以上だった」

って言っていますから・・。




そして長男の時の実力テストですが、やはり回を重ねるごとに少しづつ

志望校の志願者数が減っていきました。

最終的に高校入試時の志願倍率は2.0倍くらいだったと思います。

毎年そのあたりの倍率に落ち着くようです。

県内各高校・学科の志願倍率が新聞に掲載されるのですが、長男は

「倍率は見ない。何倍であっても合格か不合格のどちらかだから」

そう言いました。(知っていたかどうかはわかりません)

確かに・・願書を出してしまったら何倍であるかを本人が知ってもどうしようもありません。

私も倍率が気になっていましたが、長男のその言葉に納得しました。
 
そう、結果は合格か不合格。「努力賞」なんてものもありません。


そして最近、国公立大学2次試験の倍率が新聞に掲載されていました。

これは見ましたね~長男も私も。

高校受験とは比較にもならないくらい高い倍率です。

前年の倍率が低かったところが高くなったり、逆だったり・・。

倍率はそれほど高くなくても、難関大ならばそれは高いレベルの人たちの

闘いだからそれはそれで厳しいものだろうし・・。

医学部はどこも高い倍率でした。あ~きびしいな・・・改めて思います。

最終的にどこの大学を受けることになるのかな???

センターの結果、2次試験の科目や傾向、それまでの成績、前年度の倍率などで

最終的には長男が自分で決めるのでしょう。

そしてまた来年の今頃長男は思うことでしょう。

「願書を出したら倍率が何倍でも合格か不合格のどちらかしかない」って。

その裏で倍率を見た私がハラハラドキドキしているだろうな~。


今まさにそんな状況の高校・大学受験生の皆さん、ラストスパートですね。
どうか最後まで頑張ってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村    今日もよろしければ応援お願いします☆





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

 国立大学は倍率が高いですよね。ただ、二次を受ける前に私立に受かったら、二次は受けずにそっちに行ってしまう人も結構多かったりします。
 高校の場合は公立志望の子が多いから、倍率そのままかもしれませんが、大学は案外私立に流れてしまうんですよねー。医学部なんかも、国立にこだわっている人はそんなに多くないかも。

 高校の進学校で特に大変なのは、数学と英語ですよね。とにかくびゅんびゅん進みますから。私もそれを聞いていたので、次男が中学生のときは先取りを出来る限りさせていました。その貯金で、高1を何とか暮らしているようなものです。。。(汗)

きっと 大学の倍率を見て、ハラハラドキドキするのは、母親の方でしょうね。
長男さんのように、子ども達の方が冷静なのかも。
合格か不合格のどちらかしかないのですが、やっぱり頑張っているので合格してほしいです。
長男さん 後 1年!1年は早いです。合格してほしいです!
そして、先輩として うちの娘に 大学の良さを聞かせてほしいな~と思います。生の声を聞くと やる気がでるかもv-411

Yさんへ

国公立大の倍率って、実際に受けてみないとわからないものなんですね?! 後期は前期で合格した人は受けなかったりするから実際の倍率は違うと聞いたことがありますが、前期も変動するんですね~?勉強になりました! 

でも、私立の医学部って安くても2千万円、高いところでは6千万円とか経費がかかるのですが・・そちらを選ばれるって方って多いのでしょうか?というか私立の医学部に行かせられる裕福な御家庭は、国立医学部は我が家のように私立には行かせられない家庭に譲っていただきたいな~って個人的に願っております(苦笑)

確かに高校の英数はとてつもなくはやく進みますね。もうすぐ長男たちも数ⅢCが終わるようです。次男さんは貯金があったのですね!それを中学の時にやったなんてすばらしい・・です。うちの次男は受験勉強で手一杯だろうな~。やはり高校で苦労しそうです。

えっちゃんさんへ

子供が冷静っていうよりは、もう願書を出したら覚悟して肝が据わっているっていう感じでしょうかね?!ホントはこわくてたまらないのかもしれないけど。
で、親の方は気にしないと言いながらもそりゃ気になりますね!でも4倍なら「4人に一人しか受からない」じゃなくて「4人に一人は合格できる」って思いたいです。気持ちだけでも前向きに・・(笑)

娘さん、1年生から充分に頑張ってますよ。
きっと自分でしっかりと合格をつかむことでしょう。
うちの長男のこの1年の経験が、良くも悪くも参考になれば嬉しいです!大学の良さ・・伝えられるといいな~?!

倍率を気にしてるのはたしかに親の方かも。
私も、長女が第一志望にしている大学のHP
で倍率見たりしました。
合格、不合格のどちらかだけです。長男さんのおっしゃるとおり!!
高校は授業の進み方がハンパ無い!担任の先生から「頭使いまくってますから、早弁推奨してます!」って聞いたときはびっくりしました。
高校にしても大学にしてもそこから自分がどう頑張るのかが勝負ですね。

この1年、どうガンバルか?親も少し余裕を持って倍率にビビらず(笑)見守っていきたいですv-410

バンブーさんへ

バンブーさんも気になりますか!?なりますよね~!だってもう1年後のことですもんね…!
何十倍とか見るとため息しか出ません でもへこまず元気でいましょうね

頭を使うには糖分が必要らしいです。中学の時はお菓子1こでも見つかると大変なことになりましたが、高校はおやつを食べても先生が容認しているそうです。 娘さんの学校の早弁と同じですね!女子は当たり前のように休み時間にティータイムだそうです。
娘さんの学校の英語は特に進み方が凄そうですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。