子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験生の親もつらい

2010.03.17 (Wed)

「受験は子供自身のことだから親は関係ない」っていう方もいました。
私も長男が受験するまで「子供の受験なのになんで親が大変って言うんだろう」
そう思っていました。
でも長男が受験生になって・・・そんな私も「受験生の母」になってしまいました。
何がつらかったかって・・成績が上がらないこと、合格が厳しいこと
・・ではなく、苦しんでいる息子をそばで見ているのがつらかった
ただそれだけです。自分の受験以上につらい、親ってこんなものなんだって
自分の親にも感謝したものでした。

受験期は親同士もあまり深いところまで話はできません。
子供によって志望校も成績もそれぞれで、あまり触れてはいけない部分です。
受験期は親も孤独でした。

私がしてあげたことは・・
  うちでは明るく接し、きちんと食べさせ、愚痴りたいときはとことん付き合う
という当たり前のことだけです。
勉強は教えられません。受験だって代わってあげることはできません。
家に帰った時くらいほっとできる環境を整えるだけです。

あの時期・・アンジェラアキさんの「手紙」を聞くだけで涙が出ました
長男が文化祭でピアノ伴奏した曲です。
歌詞の一つ一つが長男にあてはまるようでした。

  今負けそうで 泣きそうで 消えてしまいたい僕は
  誰の言葉を信じ歩けばいいの?
  ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて
  苦しい中で 今を生きている


    人生のすべてに意味があるから 恐れないであなたの夢を育てて
   Keep On Believing
    

今聞いてもダメです。条件反射か・・思い出して泣けます。
夫に「冷静な女」と言われあまり涙を見せない私が、歌を聞いただけで泣ける・・
それだけ私の心も不安定だったのでしょう。

一方、父親である夫は、どうだったか?
心配はしていましたが、感情が不安定な母親とは違い
「大丈夫、お前は絶対合格する!
と言い続けました。
決して成績を知らず能天気に言っているわけではありません
根拠のない自信・・長男は苦笑いしていましたが、嬉しそうでした。
父親はこれでいいのです。大きく構えていてくれているだけで、充分です。
私は夫を見直しました

高校受験でもこんなだったのに2年後は大学、それも難関と言われる医学部を
目指しています。そして次男も兄と同じ高校を目指すそうです。
私は果して耐えられるのでしょうか・・?

応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村




<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。