子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い気持ち

2011.03.22 (Tue)

大震災から11日がたちました。今朝、被災地の中学校で卒業証書を渡す式が行われた

ニュースを見ました。卒業証書がこんなに重みのあるもので、

卒業生が避難されている人へ贈った歌 「ふるさと」がこんなに心に染みる歌だったのか・・

息子たちと同年代の子供たちの姿に 涙がこぼれました。今日が高校の合格発表らしいです。

こんなときでも時は流れて、子供達は未来に向かって行っているのですね。


さて、我が家の子供たちの時も静かに進んでいます。

いつも励ましのコメントをくださるanonさんの息子さんが念願の大学に合格され、

それまでブログに設置されてた今年の大学入試までのカウンターを、

来年のセンター試験までの カウンターに変更してくださいました。

あ・・・もう300日を切っている・・・。

まだあまり日数を意識したことはありませんでしたが、一日一日その日は近づいてきています。

ここからまた子供達のことを少しずつ書きとめていこうと思います。


先日、長男が3年生に進級する前の三者面談がありました。

2年生で受けた模試の結果、志望大学の判定を目の前に置かれ、

「かなりの努力をしないと合格は難しい」 と担任の先生の力説です。
 
まあ、遠まわしにムリだと言われたようなものです。

わかっています・・・。結果が出せていない以上そう言われることは・・。

「お母さんから何かありますか?」

「私たちは本人が行きたいと思う大学であれば、全国どこへでも行かせてあげようと
思っています」

「本当にありがたいことだな・・・こういう風に言っていただけるのは。みんながこんな風に
言ってもらえるわけではないんだぞ。
それからご家庭での様子を見られて何かありますか?」

「家では毎日仮眠を少し取ってから夜中2~3時まで、毎日ペースを崩さずに
よく頑張っていると思っています。なのに思うように結果が出せないことに
本人が一番焦りを感じているのではないか?って思います。
毎日リビングに布団を持ち込んで最近ベットでは寝ていません。
親としては体も心配です。時間はこれ以上できないので後は
勉強の仕方や内容を見直すことでしょうか。」

「・・・・・・。そのペースでいつからやってるんだ?」(驚いている様子)

「部活を辞めてからずっとです」と長男。

「恐らく、そんなに継続して努力しているものはクラスでもごくわずかかもしれない。
その成果が今後出るかもしれないし、もしかしたら出ないかもしれない
その時に自分の気持ちをどう維持していくかが一番大事になると思う。」

どこかに受け皿がある高校入試とは面談も全然違います。
 
努力しても結果が出ないかもしれない・・。結構きつい言葉です。

先生からしてもそれだけ勉強していても

今くらいの結果しか出せないことが驚きだったのかもしれません。

厳しい受験であることは親子でわかっていますが、改めて先生に言われると

気持ちがドーンと落ち込みます。長男は淡々と聞いていました。

帰りの車の中ではお互いにしばらく無言でした。


「時間は限られてるし、勉強方法とか工夫が必要かもね。」 と私。

「だね、考えてみる」

それが沈黙の後に交わした会話でした。

もともとの能力の差は正直言ってあると思います。

能力では劣る長男がいくら努力しても、能力のある人が努力すれば負けてしまいます。

これは長い闘いになるかもしれない(1年では終わらない)・・・

決して口にはしませんが心のどこかでそう覚悟した日でもありました。


長男はどうだったかな?? ふと今日机の上に置かれている手帳が目に入りました。

3月の(春休みも)勉強スケジュールがびっしり書き込まれていました。

そして明らかにあの面談後に書かれた文字がありました。

いつもにはない大きな強い文字でこう書かれていました。

○○大学医学部 絶対合格!!

そうか~意外に強いんだな~?!なんか私も気持ちがすっきりしました。

そうやって後ろ向きにならず目標に向かい続ける姿を、

成績や判定、先生の言葉よりも母だけは信じることにしましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村    今日もよろしければそんな長男を応援よろしくお願いします☆



 





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

記事中リンクありがとうございます^^。
今長男さんがされている努力は、必ず成果を出してくれると思います。
ただ、経験上、
それがジャスト来年の前期試験までに間に合うのか?
ということがポイントになってくると思います。

現役の1年はほんとに短いです。
部活に、体育祭にと時間を使ったうちの子にはとうてい間に合うものではなかったですが、
勉強一本に専念されたmisaさんの長男さんなら可能だと思います。

次男の浪人の1年の経験では、
夏まではひたすら基礎!
でした。

その基礎と(たぶん国立のなかでは簡単な?)うちの子の志望校の対策のみで難関私立にも対応できたので、
やっぱり基礎はたいせつなんじゃないかなー?
と思います。

うちとは比べ物にならない医学部受験への対策なので、そんな簡単な話ではないでしょうが・・・。

なによりも長男さんが目標にむかって計画立てて進んでいることに
私は可能性を感じます。
学力ありき、ですが、
最後は精神力です。
学力があっても弱気が出れば可能性は下がる。
これも経験上痛いほど痛感しています。

勝負のその瞬間まで強気で!!
応援しています☆

PS.気分転換の時間も組み込むようにしてください。
リフレッシュは大切(ˇ◡ˇ)
うちはリフレッシュしすぎでしたけど^^;

anonさんへ

あ、リンク、anonさんに報告なしで書いてました・・。すみません。
まだ日数で言えば300日を切ったところですが、それでもあっという間で間に合わないかもというのが大学入試のすごいところですね。今は英数の基礎を進研ゼミでやっているようです。やはり基礎が大事というのは実感したのでしょう。紹介していただいた「きめる」シリーズも買っていました。

部活を辞めて勉強に専念したものの、実力が足りないのでanonさんがおっしゃるように前期試験に間に合うかどうか・・その前にセンターでとれるかどうか・・学校の先生が言うのもそこなんでしょうね。

そして学力がありながらも気持ちが弱くて不合格っていうケースも身近に見てきました。
センターの難化・易化にも影響されることも・・。昨年とは違った合格・不合格のケースがたくさんあるようですね。先輩方、今年の方がランクを上げて受験されたのか不合格が多かったと聞きました。確実に大丈夫だろうと太鼓判を押せる生徒はごく数人と聞きます。定期テストでも模試でも安定して9割以上とれている人らしいですね。それ以外は合格発表の瞬間までどうなるか分からないと。
長男さんの様に強い精神力で最後まで走り抜けてくれることを願うのみです。

時々はテレビを見て爆笑したり、ピアノを弾いたり友達と遊んだりしています。まだ精神的に追い詰められている感じはしませんので大丈夫かな?と思っています。でもこれから・・ですね!
せめて私の言葉などで追い詰めたりしないよう気をつけたいと思います。
そのためにもまたanonさんにはお世話になります(笑)

お久しぶりです

長男さん、頑張っていますね。

我が家の経験から言うと「こつこつ」そして「真面目に」です。受験に必要の科目だけを勉強し他の科目をまっ

たく勉強しない子とか結局よい結果に繋がっていないようです。

「急がばまわれ」と「岩をも通す強い意思」

が息子が合格してからよく言っています。

息子の意外(?)な合格報告に「センター試験って大切ですね」と塾の先生もおっしゃってくださいました。

今のペースを乱さず頑張って下さい。でも

時々、息抜きも大事です。

地震の影響で入学式が中止になり、少し

旅立つ日が遅くなったので、親子でベタベタしてます。

 子ども自身の気持ちの強さというのは、行動に表れてくると思います。もしもお子さんにそれがあるのなら、心配しなくても、いや、心配するヒマもなく、これから日常の会話でも普段の行動でも、もっともっとそれが見えると思います。

>「私たちは本人が行きたいと思う大学であれば、全国どこへでも行かせてあげようと 思っています」

 先生のおっしゃるとおり、確かにすごいと思います。私立や歯学部まで範囲を広げられるのなら、きっと大丈夫ですよ!
 うちは経済的に無理だなあ。(汗)同じような状況なら、医療関連の学部や学校という方向に範囲を広げさせるかも。。。(滝汗)

菜の花さんへ

震災の影響は入学式の中止にまで影響があったのですね。 でも息子さんとベタベタするのもいいですね!旅立ってしまうと思うと1日1日が貴重な日々に感じられることでしょう。 息子の先輩達も合格したものの住むところを探すのもままならないと聞きました。

以前に日本史の勉強法をお聞きした時にも感じましたが、真面目にコツコツと・・やはり当たり前でシンプルなことが大切なのですね。大学入試にも魔法はないってことですね。
息子さんはセンター試験で自信を得たのでしょうね!私もすごい点数だな~ってほんとに驚きましたよ。

「急がば回れ」は基礎をしっかりってことですよね?!
コツコツ真面目に強い意志で合格を勝ち取った息子さんのアドバイス、大切にします。

菜の花さん、息子さんとの残された時間を充分楽しんでくださいね☆

Yさんへ

Yさ~ん、全国どこへでもには「国公立」っていう肝心な言葉が抜けています(苦笑)うちの学校は国公立志向なので先生との会話では言わなくてもそれが国公立ってことは暗黙の了解なのです。私立は・・さすがに無理です^^;
でもやはり地元の大学しか行かせられないというご家庭も多く、そういう意味で先生は言われたのだと思います。

昔は歯学部希望も多かったのですが、長男の学科では1人もいません。やはり同じくらいの難易度だったら医学部志向が強いみたいです。それから就職難のせいか医療系は男女ともに人気ですよ。

Yさんの言われるように気持ちが強いと行動にも現れますね。これでその努力の結果が少しでも現れてくればいいなと願うのみです。
子供の気持ちの強さに逆に励まされています。

春休みに三者面談があるんですね。
こっちの高校はどこも夏休みだと思いますが、今の時期に面談がある方がエンジンかかりそう。
先生の言葉は結構きつかったですね。
でも長男さんはぶれてない!!
勉強でも、スポーツでもいえることだと思いますが、やはりその強い意志が最終的には一番必要になってくるんじゃないでしょうか。
長女の高校は、「確実」と言われてた先輩が結果が出せなかったり、反対に最後に逆転したね。っていう先輩がいたり。大学入試は実力も気持ちも持ち合わせた人が勝ち取るんだな。って感じました。
長男さん、最近の子が持っていない「努力という名の才能」を入試の日に出せるといいですね。
うちの長女も、諦めず頑張り抜いてほしいです。misaさんお互い我が子を頑張って支えていきましょうe-69

がんばれ~!!

長男君の強さに鳥肌が立ちました。
高校生徒もなると、しっかり自分の夢を持って受験に立ち向かえるのね~。
高校受験を通り越して大学を夢見ている我が子ですが、あまりに遠くの夢なので、塾の厳しさに1週間も経たないうちに音を上げてました。情けない限り!
長男君の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいわ~!!
長男君!こんなオバサンですが、応援してますよ!!

バンブーさんへ

春休みに気合を入れておきたいようです。うちの高校・・。確かに実力よりもはるかに上の志望校ですから先生の言葉が厳しいのも当たり前なんです(苦笑)
バンブーさんの「努力という名の才能」っていい言葉ですね!ジーンときちゃいました。

高校受験よりもはるかに大学受験は最後まで分からないって感じですね。伝え聞く先輩方の結果の
感想はバンブーさんと全く同じです。
そうですね、娘さんも長男も最後まであきらめず頑張ってもらいましょう!!
同じ受験生の母同士、とても心強いです☆
そうだ、下の高校受験生2人も忘れちゃいけないですね?!(笑)

ぽうちゃんさんへ

応援ありがとうございま~す!!嬉しいです☆ こんな長男でも中2の今頃は無勉強でしたから、息子さんの方がよっぽどすごいですよ!苦しかった高校受験ですごーく変わりました。だから息子さんもきっとこの1年で大きく変わると思いますよ。目標の大学があるならなおさらです。

塾・・厳しいんですね?!
がんばれ~こっちもおばちゃんですが応援しています^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。