子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高3のスタートはまずまず?!

2011.04.18 (Mon)

高3長男、始業式と同時に始まった実力テストが終わり、

新担任と2者面談があったようです。

3月に前担任と3者面談があったばかりですが、3年生ってしょっちゅう

2者面談が行われるそうです。

今度の担任は1年の時の担任でもあり、その時のイメージで「またどうせ○○大は無理だって

言われるんだろうな~~めんどくさ!」って言っていました。

ところが、「意外に(2年の担任)より良かったわ。途中どんな成績であろうと
最後まで○○大に合格するぞっていう気持ちを持ち続けられるか?!

って聞かれた。」

2年の時の担任と言っている内容は近いのですが、 (この記事

言い方が違うだけで子供は前向きな気持ちを持てるものですね

もちろん長男の返事は「はい、絶対に変えません」です。

すると先生は、「あそこの数学と英語の問題は授業の問題をしっかりやるだけで充分。
ただあまり癖のある難問が出ない分、ミスができない。そして理科が決め手になる。」

とか、その大学の入試傾向をくわしく教えてくれたそうです。


「俺、1年の最初の進研模試、学年で16番だったんだって~」

「は?うそ~~そんな成績見たことないよ!そんな成績とったら絶対に
みせるはずでしょ~~?!誰かと間違っているんじゃない??」

「だよね、俺もそう思ったけど俺の名前だった。で、先生は何でこの成績を
維持しなかったんだ?!って。 維持しなかった?!って言われてもそんな成績知らんし・・。」

「いや~~やっぱり誰かと間違ってるよ」

「だから、それは高校入試で追いこんだ時の力がまだ残っていたのだと思います。
その後の成績が僕の本当の実力です
、って先生に言った。」

中学時代にずっと真面目に勉強したり先取りをした人が、高校に入学後に余裕で良い成績を

とれたりするのを「貯金」と表現されている方もいますが、

もしその成績がホントに長男がとっていたものなら、貯金ではなく今頃

へそくりが出てきたって 感じです。

でも考えようによっては、今で良かったかも知れません。

初めにそんな成績を見たら自分の力を過信したかもです。

今、2年前の成績を見ても全然関係ないのですが、トップ20はなかなか入れないと

最近は思ったところでしたので、自分でも入れないことはないってことがわかった事は

気持ちに自信を持たせてくれました。


「センターは800点目標だって。学校では20番以内に入ることって。」

「ふーん・・・8割ね・・」

違います。共通1次世代の私は800点=8割ってすぐに思ってしまいますが、

センター試験は900点満点、800点って9割弱です。

いつになったら私の頭も慣れるんでしょう。


そして実力テストの結果はまだもらっていませんが、採点された答案が返却され、

「今までで一番できたと思う。物理は10番内に入っているかも。数学さえ
もう少し取れればかなり全体の番数も上だったと思う。」

ということです。それは楽しみ~~

3年のスタートがまずまずの好発進?!
(まあ、今から大波小波がたくさんありそうですが・・)

これも最近のお掃除効果でしょうか??いや・・・次男は低迷気味なので、

これは2人の机の上の整理整頓の差?? 

いえいえ、やっぱり今まで毎日努力してきたことの結果なのでしょう・・たぶん・・。

でもお掃除も引き続き頑張っていきます!


ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村    今日もよろしければ応援よろしくお願いします











<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

長男さんの最初の進研模試の結果、うちの長男とほぼ同じです(ˇ◡ˇ)。

そして知って油断して努力を怠って坂道を急降下しました^^;。
うちは400人近い人数なので、300番は違います^^;
misaさんの長男さんとのその2年間のなんと違うことか!!
日々の積み重ねは裏切りませんね。

私の持論は、中学でも高校でも「途中成績が下がっても、最初の模試のランクまでは必ず持っていける。」
です。

あまりの急降下だったので、うちは1年余分にかかりましたし、次男はともかく、長男はそこまでに至ることができたのかも疑わしいですが、
必ず至ることができる。
さらには越えることができるラインだと思っています。

もちろん最初は良かったのに努力をしないまま盛り返せないひともいますし、
最初はそこそこだったのに、最後は10番以内、ってひともいますが、
受験期はがんばって中だるみが激しい我が家では
追い込めば「盛り返せる」が持論です^^。

そして私も子どもも掃除をしなくっちゃ!
大学でまた急降下になるのは勘弁してほしいものです(><)

anonさんへ

進研模試はいまだに誰かとの間違いでは?と親子で疑っています(笑) でも長男だけでなく私もそんな成績を見たら油断したでしょう。「貯金」って貯めずに遣うだけだったら確実に減っていきますね。うちはやっぱり自分で隠し場所を忘れていた「へそくり」でした^^ 長男さんの300番違う成績・・anonさんはさぞやきもきしたことでしょう^^;
 

長男の友達で学科は違うものの、入学時はトップで合格しその後野球に専念、成績急下降・・でも長男さんと同じ大学を目指しています。「あいつなら現役ではムリでもなんか合格しそう」って長男が言っています。
私もそう思うんです。男らしい子なんです!
きっとanonさんの言われる「盛り返し」ができるタイプ。長男さんタイプですね。

うちの長男、高校入試の成績開示を聞きに行きませんでした。「合格したからもういい」って。
きっとギリギリの合格と思っていたのでしょう。自己採点もしていないですが、解答が発表されたときに「数学以外は自信がある。合格は数学次第」と思ったそうです。
センターの成績開示の話をしたら、「合格してても浪人でも終わったことだからどうでもいいはず」ですって。まあ、長男らしいです。

「最初の(幻の)模試のランクまで持っていける」そうなるといいです☆

 良い先生になって良かったですね。

 1年の最初の進研模試って、中学範囲の内容なので、そこで点数が良かったということは、中学範囲は大丈夫っていうことだと思います。
 高校の内容は中学よりも高度なので、成績を維持しろっていうのも難しいんじゃないかなあって思います。
でも、「やる気」がそういうものを超えていくんじゃないかなあとも思います。

 身内の医学部出身の人が「やっぱり生物が決め手」って言ってました。教科書の隅から隅まで憶えたそうです。

Yさんへ

先生とも相性がありますね!熱い先生が好きな子もいればうざいって言う子もいるし・・。高1の時も担任でしたが、その時はふつうの印象でした。具体的な進路指導になってその良さ?がわかったようです^^

高校は確かに中学の内容に比べ高度ですね~~成績をずっと維持するのはたいへん!!
Yさんの次男さんは「貯金」があったんですよね?!「貯金」+「やる気」=成績維持☆
なんでしょうね。

医学部といえば「生物」が必須って思うのですが、多くが「化学」「物理」で受験するんです。
だから生物で受験しなかった人は大学に入って苦労するらしいです^^;
じゃあ生物必須にすればいいのに・・。
何ででしょうね?うちも化学と物理で受験です。どうしても物理が苦手という人がうちの学校では生物を選択しています。
先生も化学と物理での受験を奨めます。
点がとりやすいとかなんでしょうかね?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。