子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「数学ができる」に憧れる

2011.04.21 (Thu)

最近、小5になった娘ちゃんの算数に力を入れています。

学校からの宿題はまあできるのですが、問題集で少しひねった問題になると???

結局、学校で習った基礎をいかして応用問題を解く・・そこがいまいちです。

でもそれって慣れるしかないですからね。

長男が小学校生の時から3人ともお世話になっているこの問題集
                段階別新問題集小学4年算数

問題がホップA→ステップB→ジャンプCの3段階で難易度が上がっていきます。

小学生の問題なので私も解けるのですが・・・でも子供にわかりやすく教えるって

なんて難しいのだろう!!ってつくづく思います。

それに小学校の問題ってXやYを使った方程式を立てれば簡単に解けるのに、

それを使わず図をかいたりして考えなきゃいけないんです。

逆に難しい・・です。自分で図を書いてそこからひらめく!

それがなかなかできない娘ちゃんです。

リンゴが5個・・と問題にあればリンゴの絵(しかも葉っぱ付き)を丁寧に描く・・

○でいいのに~~~ だめだこりゃ・・。



同じ問題集をさせているから感じるのですが、娘ちゃんと長男が同じタイプです。

長男は図に描いたりするのがとにかく面倒くさいし、どうやって書くのかもわからない

って言っていました。(そして怒られ勉強嫌いに・・)

説明すれば「あ~~」って納得してくれるのですが、自分ではなかなかひらめかない、

高校生になった今でもそうみたいです。 だから数学がいまだに克服できない・・。

反対に次男、我が家では一番数学ができます。(我が家基準です)

すごくできるわけではなくても 模試では数学の偏差値が安定しています。

次男は小学生のころからすぐに「できない」とかあきらめず、ずっと考えたり

自分でわかるようにいろいろ 書いたりしていました。 

だから今でも図形問題が出て、わからないな~と思っても

とりあえずいろんな線を書いたりしてみるそうです。そのうちに「あっ!」って思うことが

あるそうです。その「あっ!」っていう快感がどうも好きらしいです。
 
答えがはっきりしているのも次男が数学を好きな理由です。

ただ暗記しなければいけない歴史とかが苦手です。



算数や数学が得意・不得意というのは性格にもよるのかもしれませんが、

我が家の場合で思いつくことは・・・。

次男には生まれた時から長男の存在がありました。

物心がついたころから自分と兄の分のどちらが多いとか常に目をやっていました。
(特に食い意地が張っていたので食べ物)

イチゴなど数えられるものは、一人何個ずつで何個あまるかなんて、学校に行く前から

「あまりのある割り算」が暗算で瞬時にできていました。
 
小学生になって文章問題で「えんぴつが○本、ノートが○冊・・」なんて問題は

「意味がわからん」と言うのですが、そのえんぴつやノートをそのまま

イチゴやぶどう、アイスなど食べ物に置き換えるとすぐにできちゃうので

夫と笑ったこともあります。 「お前は全部食べ物で考えろ!」と夫。

それから親にほっとかれて育ったせいか、ブロック遊びやドミノ、パズルなど

じっと考えながらつくる遊びが好きでした。(できた時に 達成感がある遊び?)

次男は小さいころから常に生活の中で、数・量・空間などを考えていたのでしょう。
 
「兄ちゃんに多く食べられたくなかった」たぶんそんな必死な想いからです。

競争相手が上にいなく、「おれの分あげるよ」なんて欲のない長男に欠けていたものです。


数学が天才レベルのお子さんの幼少期はどんなだったのか、どんな育て方をしたのか

とても興味があります。長男のクラスにも「大学への数学」という月刊誌をとって

楽しんで難問を解いている人達もいるようです。その子たちの会話は長男には意味不明

いつかそのお子さんたちのお母さんと話す機会があれば聞いてみようっと。

数学が苦手だった私。せめて娘ちゃんが今から算数が嫌いにならないよう

根気強く教えてみようと思っています。問題が出来たらほめてます!

そして「解けると面白いね~~~」なんておだてながら・・。
 
次男に「娘ちゃん、算数ヤバくない?」なんて脅されると「やっぱり・・」なんて凹みますし、

やる気がない姿を見るといらっとしますが、がまんがまん!

目指せ!私の憧れ「数学できる女子高生」! 
(まあ、私の子だし現実はかなり厳しいです。でも数学ができる女子ってかっこいい


ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村    今日もよろしければ応援よろしくお願いします







<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

数学が出来る女子!いいですよねぇ。
私は高校後半でとても苦労した覚えが・・・。がんばってください~~。

少なくとも国語君ではない息子の場合は・・・。
幼少の頃は、折り紙やプラレール、将棋やモノポリー、スコットランドヤードなどのボードゲーム。
遊びの中でどんどん磨かれていったように思います。
現在は、昔はしりとりしよう!だったのに、「素数を小さいものから順番に言っていこう!」と、素数並べや、2の何乗まで暗記しているか、循環小数など、そんなことを喜ぶ人は稀?な数の世界に夢中です。
正三角形が並んでいるのを見ると「きれいだなぁ」とニコニコ。自分の息子ながら別世界に彼は住んでいます(^^;)

次男さんと同じように、暗記は苦手です(^^;)歴史なども、原因と結果をはっきりさせてストーリーにしないとダメなようです。回路がちがうなぁと感じてます。

数学が得意な子って普段の生活に数学を自然に取り入れてるんですね。なるほどね~~。

ウチの姉妹は数学は普通かな。胸を張って得意とは言えないだろうなぁ。
長女、中学の時は数学が得点源だったけど、文系を選択した今は・・・。
「数学ができる女子高生」ってカッコイイですね。
でもリンゴの絵を葉っぱ付きで丁寧に描く娘ちゃんも素敵だと思いますよ・・・絵心があるんですね。

ゆーのママさんへ

そうでした!息子さんは数学の天才タイプでしたね~!やっぱり小さい頃から遊びのなかで数学的なセンスが磨かれていったのですね! すごく理想的☆
数学を勉強としてではなく楽しんでるから更に伸びる…きっと今後も心配無用ですね
他の教科へもその情熱が向くといいですね(^_^)vやはり数学の面白さと歴史の面白さは違うのでしょう。なかなか全教科が出来るって簡単ではないですね

女の子は高校の数学で苦労することが多いですね…。私もゆーのママさんと同じでした。なのに息子さんは数学の天才…やはり育て方の違いかな(^_^;)

 うちの次男も同じく数学が好きです。やっぱり、折り紙、プラレール、将棋、パズル、知恵の輪、ロジッククイズなどなど好きです。ルービックキューブも去年は何秒でできるか?なんて挑戦していましたし。

 育て方といえば、うーん、放っておいたから?(爆)
 そして嫌いなのは、歴史、小説読解、英作文、小論文ですね。センター入試は絶対に地理で受けるそうな。そして生物もお嫌いらしい。どこが面白いのかわからないそうです。

 一方、長女は。ええ、算数ぐらいは普通に、と私も思って、「私が」努力しましたよ。おかげで、まあまあでしたが、数学になったら、途端に大変なことに!混乱してしまうみたいです。(汗)

バンブーさんへ

長女さん、中学では数学が得点源だったんですね~~素晴らしい☆高校の数学は難しい・・私も数Ⅰまでで限界でした^^;
数学が得意な女の子ってかなり少ないですね。
その分女の子は英語が男の子より得意なお子さんが多いですね! もちろん長女さんも!
それもまたかっこいいですよ~~
うちの娘もそっちを目指そうかな~~?!

Yさんへ

次男さんとうちの次男、嫌いな教科が激似・・同じ匂いがします^^;
中学で言えば植物とか覚えられず、高校に行ったら地理を選択するそうです。
これは兄弟で何番目に生まれたのかとかも影響するんでしょうか???

そして同じく娘さん。こちらもうちの娘の数年後を見させていただいているようで・・。
「算数」頑張ります!教える「私が」です^^;
そして私の行ってほしい高校の制服が気にいる娘になりますように(学力も・・)^^

ピィの友だちの数学が得意な男の子の妹ちゃんも算数に戸惑ってる妹ちゃんが多いです。ママ達は口を揃えて「お兄ちゃんは全く苦労しなかったのに・・・」っておっしゃってますよ。不思議よね~v
先日受けに行った数検も女子率低い!!
我が家は天才じゃないので、大したアドバイスは無いのですが、私が家庭教師をお願いしていた、某国立大数学科を首席で卒業された先生は・・・とにかく数学が好きで好きでたまらない数学バカでした。好きじゃ無い事を延ばすのは難しいかも・・・。我が家は科学が好きだから、数学が必然的に付いてくるってかんじかしら^^;




ぽうちゃんさんへ

そう、「好き」じゃないことって何でもですが伸びないですね~~~
だからせめて嫌いにならないようにしなきゃって思います。

数学が好きで好きでたまらないって長男のクラスにもいるのですが、「出会ったことのない問題を解くときワクワクする」らしいです。もちろん数学科を志望しているそうです。そりゃデキルはずですね^^
科学好きの息子さん、うらやましいな~~

こんにちは。

でもmisaさんのお子さんの「数学が・・・。」というレベルは、ウチのおとぼけ長男が言う「神」のレベルではないのかと・・・(^^)。

ウチの長男は、中学までは、数学はクイズかパズルのようだ、と言ってました。
単純な計算には全く興味がなくミスしても少しも気にしない。その代わり、応用問題で間違ったりすると絶対許せなくて、わからなくても考えて考えて自分なりの解答方法を見つけ出して解くのが好きみたいです。
小さいときはブロックやロボット工作が大好きで、作っては壊し作っては壊し、、をやってましたね(^^)。
あとルービックキューブも6面をさっさと揃えてしまったり。
2次元でしか物事を考えられない私には理解できないです(汗;

かずちゃんさんへ

息子さん、素晴らしい~~数学の面白さをわかっているんですね! 単純な計算って問題を解く方法にすぎなくて、これをいかに使って答えを出すか・・そこが好きなんて息子さんこそ「神レベル」かも☆

そうじゃないうちの子たちは問題にたくさん触れて「あ、これやったことある~」ってことが必要。だから時間も労力もかかるわけです。 でもできるようになれば楽しくなるのかもしれない・・そこにかすかな望みをかけてます^^;

数学が好き・得意なお子さんの小さい頃の遊びは共通点があることが皆さんのコメントでわかりました^^ 長男のクラスにもルービックキューブの天才がいるそうです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。