子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中3次男の家庭訪問

2011.05.10 (Tue)

ゴールデンウィーク前に次男の家庭訪問がありました。

中3ですがまだ新学期が始まったばかり。

クラスが違う友達に聞くと、先生によって進路の話がメインだったり

生活面だったりとその内容は違うようです。

次男の担任は下手な男の先生よりも「男前な女の先生」です。

やんちゃな男子も一喝されれば素直に言うことを聞いてしまうのです。

まだ20代、経験が少ないのに3年生の担任は2回目です。

受験生の3年の担任に、経験が少ないことを不安に思う保護者の方もいました。

私は高校受験は2回目なので、担任の先生には

学校が楽しいって思えるように、締めるところは締めて思いっきりさせるところは

させてくれる先生であればいいな~と思っていました。


さて、その家庭訪問ですが・・・

「ご家庭ではどうですか?」と月並みな質問に、待っていました!の私。
 
この頃彼女との?メールに忙しく勉強そっちのけだったからです。

「2年生の時の方が必死で勉強していたと思います。最近は油断しているのでしょうかね?」

「何で?」 厳しい表情で次男に聞く先生。

「はあ・・・なんとなくやる気がしなくて・・・」と次男。

「ふ~~~ん。まあ、一度落ちるところまで落ちればいいわ!」

先生、バッサリと次男を斬ってくれました。そして

「○高○○科だったら、実力テストで450点はぎりぎりのライン。
450点取れなかったらホントに危ないよ。
合格してついていけることを考えれば470点を目指すこと!!!
高校はホントに厳しいからね!!ついていけないよ!!」

合格してもついていけないことを強調してくれました。

そして私と次男の目標点数450点を先生があっさりと20点上げてくれました

470点・・・失点30点までだから・・・5教科で平均94点!!!

実際に前回の実力テストでは470点を取った人が次男の目指す学科で

10番以内にも入っていませんでした。

国語の100点ってなかなか難しいので、残りの4教科は100点狙い。
 
若い先生だけどとても的確だと思いました。

油断しがちなラインの次男にはこのくらいの言葉がちょうど良い気がします。


でも先生、その後は部活の話や次男の愚痴をしっかり聞いてくれて

予定時間をかなりオーバーしました。(次に誰もいなかったこともあり)

この先生なら・・・と私は2つのお願いをしてみました。

1つ目は、次男が中2の夏から学校の生活日記を英語で書いているのでそれを

副担任の英語の先生に毎日添削指導してほしい・・ということ。

「すごいね~それはすごくいいことだわ。早速頼んでおくね。」

そして翌日から英語の先生との日記のやり取りが始まりました。

ありがたいです。前置詞の使い方など指摘されています。




そして2つ目・・・それは担任の先生が数学担当なので、週に1問でも3日に1問でも

少しレベルの高い問題を出してもらえないかということです。

「高校で少し教えたことがあるのですが、その時はもう少し中学で
高度なことを教えてくれれば いいのにと思っていました。
でも中学で教えてみると理解度の幅がありすぎて無理だな~って思いました。
そうですね。数学は多くの問題になれることも大事です。
入試でも最後に難問が1問出ますし 高校での数学はレベルがグンと上がりますからね。 
どんな問題が良いか・・考えてみます。」

ちょうど連休に入ったこともあるのでまだ開始されていないようですが、

きっとやってくださるでしょう。私が楽しみにしています。


中学の3年間で私は3年の先生ってとても大切だと思っています。

とてもムリだろうっていう成績でも、絶対に合格したいって気持ちだけで頑張っていた

長男には、その時の担任のように「お前なら最後にはやってくれそうな気がする」

って背中をしっかり押してくれる先生が必要でした。

ある程度成績が安定していながらも油断したら不合格・・・っていう次男には

時々喝を入れてくれるこの担任の先生がぴったりです。

先生とも相性があります。経験がある先生だけが良いとも限りません。

担任の先生には2人とも恵まれたな~~と感謝しています。

ちなみに次男・・・彼女とのメールもほどほどにまた勉強をし始めました。

彼女にかっこいい姿を見せたいから?!

まあ、それも思春期次男には立派な動機です

にほんブログ村 受験ブログへ更新していないときも応援していただいてありがとうございました。
           
にほんブログ村





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

次男さんの担任の先生、頼りになりますね。
私も経験が多い、少ないだけでは計れないと思います。

うちも、本当に先生に恵まれていて感謝です。
長女の中3の担任の先生は、最初からテストの点数等を「これはもうちょい上げて、これはこの点をこれからもキープして!」と明確に指摘してくれたので本人も意気込みが出たと思います。見た目は可愛らしい女の先生でしたが、とっても頼りになりました。

次女の先生は体育会系の若い男の先生です。
運動を通じていろいろな学びがある事を共感できる感じです。進路指導の先生ということも受験生の親にとってとても有り難いです。


彼女にカッコイイ姿を・・いいじゃないですか~立派な動機です!!

 家庭訪問って、三者面談なんですか?
 うちの学校では、夏休みにあって、親と先生だけで、子どもが同席することはない(子どもは部活動中)ので、羨ましいです。

>一度落ちるところまで
あら、ホントにバッサリ。。。(笑)
でも、中3の4月や5月なんて、まだまだ受験なんて遠いんだと思います。だから、動機はなんであれ、勉強をやるのは偉いと思いますよ。

バンブーさんへ

娘さんたちも担任の先生に恵まれていたんですね?! 親としては感謝ですね~!
次女さんの担任の先生、体操と両立を頑張っていることを理解してくれそうですね!
体育会系の先生って時に面倒くさいタイプの先生もいますが^^;そうじゃないんですね?!

彼女とのメールが少なくなったのでてっきり別れた?と思ったら違いました^^
相手のお子さんもしっかりしているタイプなので、時間を決めたのかもしれません。
かっこいい姿を見せたい・・親が100回頑張れって言うより彼女の1回が効果絶大な単純男子です(笑)

Yさんへ

家庭訪問が親と先生の2者なんですか??
そちらにびっくりしました。
こちらは中学も高校も2者ってないです。
でも子供がいない方がいろんな話ができそうでそれも良いかな~って思います。話しにくい先生だと子供がいてくれた方が間が持ちますが・・。もし次男がいなかったらきっと「先生、彼女にうつつを抜かして勉強そっちのけです」って正直に言ってたでしょう(笑)

確かに・・今頃から本気で受験勉強している中3生はいないでしょうね?!
それでも高校受験って間に合うんですよね~~。っていうと油断しちゃうので決して言いませんよ^^

うちの学校も・・・

こんにちは。
うちの学校も家庭訪問は親と先生の二人です。
子供がいてもいいのでしょうけど、部活動の時間帯だとちょっとムリです。

うちの次男はおとぼけ長男と違いわりとコツコツ勉強をするほうなのですが、今はバスケットに夢中でレギュラー目指して頑張っているので、勉強はあんまり・・・。
残念ながら彼女はいません(悲)、長男も女っ気なしです(泣)

数学の事ですが、長男の時は授業はとりあえず参加、でもヤツは別のことしてましたね。先生に別の問題を出してもらって通常授業を聞きながら別の問題をやってたらしいです。
次男も、先生から他の問題をやるように言われたみたいですが、数学よりも苦手な地理とか生物をやりたいみたいで、さすがに数学の時間に他の教科はまずいだろ、ということでみんなと同じ授業を聞いてます、多分。。。

かずちゃんさんへ

家庭訪問はやはり二者ですか?!
全国いろいろで、ブログを通して自分たちの当たり前がそうではないことを知って面白いです。

バスケのレギュラーに向けて熱中している次男さん、そういう時期も大切ですね。何かのために努力することは先々きっと力になります☆レギュラーになれるといいですね~!
バスケをしている姿ってかっこいいから実は彼女がいるかもですよ~?!

数学の先生公認で他の問題を解いていいなんて・・うらやましいです。
先日の参観が数学でしたが、同じ問題を解くのにも早い人と遅い人の差がありすぎて・・
早い人たちは退屈そうでした。もったいない時間ですよね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。