子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できるかできないのかわからなくなった

2011.09.11 (Sun)

夏休み前からの話になりますが、中3次男のことを何回かに分けて書いていきます。

部活引退直後に、3年生では初めての志望校での順位が出る「地区実力テスト」

がありました。そこで次男、よりにもよって「数学」の、それもみんなが点数を稼ぐべき

大問1でミスをして「30点」も失点をしてしまいました

本人が説明をしてくれても良くわからないのですが、超簡単な問題です。

それで「64点」、ミスがなければ94点でした。

そのほかの教科は大体9割超えていましたので、これがミスがなければ450点、

一応目標の9割を超えていました。

志望校の番数も・・・見事に定員から外れていました。

そのショックをさらに煽るかの様に、学校でのライバル君が今回学校で1位。

そのうえ地区でも次男と同じ志望校でも3位だったのです

自分が今まで勝っていたのに負けたうえに、志望校でトップ3に!!!

ショックと驚きと・・・かなり落胆していました


よほど悔しかったのか、数学のミスをピアノの先生にも愚痴ったようです。

ピアノの先生は子育てを終え、子供達の話をいつもおおらかに受け止めてくれます。

「(ピアノの)先生もお母さんと同じことを言ったわ!」

「なんて?」

「良かったじゃない?受験本番じゃなくって(笑)。これからきっと注意するでしょう?!」

らしいです。はい、私もまったく同じ答えをしました。

その悔しさがプラスになればいい、受験の日じゃなくて良かった、

ホントその通りなんです。

でもちょっとクギも刺しましたよ!「ミスも実力のうち」って!


そして夏休み前に行われた定期テスト、ライバル君に負けてたまるか~~~

気合を入れて臨んだのです。

結果は・・副教科もあったのですが、5教科でも番数が出ていて、

次男は5教科「100・99・99・99・95点、合計492点」とれていたにもかかわらず

ライバル君に1点で負けて「2位」でした。

ここにきてライバル君が大躍進してきました。

これは中3生によくあることです。きっと学校ではライバル君だけでも

次男の志望校を目指す県内のライバル君達がこれから急に

成績を伸ばして来るでしょう。 (長男のように)


「俺、できるかできないのかわからなくなってきた・・・。」

そんな弱気な発言も登場するくらい悔しさと不安でいっぱいのまま

夏休みがスタートしたのです。

そんな中、ひとつ予想外の喜びがありました。

過去記事で書きましたが、自己採点で散々な結果で落ちただろうと

思っていた「英検準2級1次試験」に合格していたのです。

どんな自己採点したんだ~~~?と思いますが、「落ちる」ってことに敏感に

なった次男は、2次試験の勉強も頑張っていました。

結果、2次試験も合格です。3度目の正直でした。
 
英検と漢検準2級、日本語検定4級でもうこれからは検定類は受けないそうです。


私は「自信は必要だけど過信は禁物」だと思っています。

だから長い夏休みの前に次男が気を引き締める結果になったのは

良かったと思っています。

「次男の夏休み」を次回書きたいと思います。

にほんブログ村 受験ブログへ  今日も応援よろしくお願いいたします☆

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

イイ関係

次男さん、実力テストで悔しい思いをしたんですね。でもかえってそれが良い方向に動いてる感じ。
ライバル君とも競い合って、お互いを高めていてイイ関係ですね。
今次女は、数学と理科の1分野が壁になってます。勉強の効率とかじゃなく、ただひたすら頑張るしかないのかしら?
次男さんは壁になる教科がありましたか?

ライバル君と自分だけ見ていると、「できるのか、できないのか、、、」って感じになりますよね。でも、次男君は、間違いなく、できます!!(^^)V
ただ、世の中にはとんでもない天才君もいますからねえ。
、、、そして、英検準2級合格もおめでとうございます。

バンブーさんへ

ライバル君は年賀状で「絶対にお前に勝つ」と宣言したくらいだから
意気込みが違ったのでしょう^^
勝ったり負けたりする相手がいるほうが結果として次男も伸びる気がしています。

壁になる教科ですが、次男は「ただ暗記する」ことが苦手で歴史の年号で模試では
今まで大きく失点していました。自分でもわかっていたので夏休みに年号を
暗記したら社会が飛躍的に伸びていました。
理科の1分野って高校で言えば「化学・物理」でしょう?
女の子がどちらかと言うと苦手な分野ですね。それから数学も・・。
どちらも苦手意識がついてしまうとなかなか伸びないのでは?私自身がそうでしたから^^;
その中でも特に何が苦手なのか・・数学なら図形なのか関数なのか?とか
理科でも化学分野なのか物理分野なのか・・?
できないところが何なのかを模試などから分析してみてはどうでしょうか?
基礎がわかっていなければ基礎から、問題慣れしていなければひたすら解くとか。
苦手なものこそ「急がば回れ」なのかもしれませんね。
偉そうですみません^^;

Yさんへ

> ただ、世の中にはとんでもない天才君もいますからねえ。
 そうですね、いますね(笑)高校生クイズのようなとんでもない天才君!
 平均偏差値「84」とか?!点数じゃなく偏差値ですよ~~!
 もちろんうちの子がそうでないことは親子でよーくわかっていますし、あの番組を見ていて
 息子にするならうちの子たちぐらいが良いや~~~って思ったのです。
 (Yさんならこの気持ちわかってくれそう☆)
> そして、英検準2級合格もおめでとうございます。
 ありがとうございます!3回受けたので1万円以上かかっています。
 それを思うと「とても高価な準2級」です!ってすぐお金に換算する私です^^;


早いうちにミスして良かったんじゃない?
ウチの受験生ピィもまだミスしてますよ~(涙)
地区実力テストって公立中学校で実施してくれるのね。公立ってやっぱり高校受験には良いね。中高一貫私学に通う我が家は塾の模試に頼るしかないわ~i-237
英検準2級はとても難しいのよね。受験生なのに英検まで受けるなんて!次男くん凄く頑張ってるわ。我が家は受験が終わってから「忘れないうちに」英検受けさせようかな。
偏差値84って?!中学生の模試で80台の偏差値って見たこと無いなぁ・・・よほど点数にバラつきがのね。高校生の全国模試だとここまで差がつくのね。恐ろしい・・・。

大問1って全問正解したい問題ですよね。
そこをいつも失点のない次男くんが落としてしまいかなりのショックだったことだと思います。
くやしかったでしょうね。
お母さんとピアノの先生に話したことで、スッキリしたようですねv-411
「ミスも実力のうち」って私もそう思います。
くやしいミスは次はしないでしょう。
本当に本番前で良かったですね!

次女は2学期の課題テストで数学は98点でした。2点の失点はというと・・・答えに比例と書くところを比列と書いたのですよv-388
そそっかしいので漢字間違いが多く、特に歴史なんて読み方はあってるのに、何?その漢字間違いは?!ってよくあるんですよv-411

ぽうちゃんさんへ

小さいミスはね、するのが人間なんですが・・わかっているのにミスで失点は本人も
悔しいですよね~!でも限られた時間では難問があれば見直しも充分にできないものですよね!

私立に通いながら公立高に受験は確かに大変なことでしょう。
塾の模試だけでは塾に行っていない人は受けないし、地区の実力テストでも
長男君のように私立から受けるって人が入っていないし・・・結局
どちらの模試も目安にしかならず、合格発表の日までは何が起こるか分からない
ってことでしょうね!

英検は内申書が少しでも「華やかな」方が良いですもんね(笑)
かといって準2級レベルがしっかり身についているかといえば???です^^

高校の偏差値はですね・・・英数国が200点満点になりますので、偏差値も
80以上なんてありえるのです。100点越えもまれにあるようですよ。
あ、もちろん噂です。我が家ではふつーの偏差値しか見たことがありませんから^^
ちなみに長男の親友君も80越えです!

非公開コメントさんへ

「宝」良い表現ですね!さすがです☆
今度記事の中で紹介させてくださいね!

お~~~何かとご縁がありますね~~^^
おばちゃん、探してみたいくらいです~。HP私もみたいです~~!
子供は楽しそう、親はなんだかさみしい・・・これが子離れってものでしょうか?
今日、お子さんが全員独り立ちした先輩母達に会いましたが、「いないと楽よ~~」って
言っていました。非公開さんもいつかそうなりますかね?!
あ、でも交通事故とかいつまでたっても心配は心配らしいです。

マニュアルって今でも販売しているんですか?
今だったら絶対できないな~~~

えっちゃんさんへ

そうなんです。大問1って点数を取らせるための問題でしょ?
そこで落として最後の難問はできるってどういうこと??ですよね!
まあ、すべての模試や実力テストなどは入試本番のための訓練と思いますので、
すごく大切な訓練だった思えば良いんです^^;

次女さん頑張ってますね~~!数学、ほぼ満点じゃないですか?!
比例と比列・・・わかるな~~~(笑)世界征服を世界制服と次男の
クラスメートは書いていたようですよ!
「読めるけど書けない」って私たちでもありますね!
そういうミスも何もない「100点」っていうのはやはり価値があるものですね。
次男も99点が3つもあって、その1点っていうのは大きく違うな~~って
思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。