子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の気持ちと向き合った

2011.12.15 (Thu)

12月15日に書いた記事です。



3者面談から一週間が過ぎた日曜日。

この日J2から昇格してたった1年でJ1優勝し、世界のクラブチームの代表と闘う

柏レイソルのベスト4進出をかけての試合がありました。

ご飯を食べながらのひととき、最初は「日本代表選手がいないからなんかつまらないんだよね」

なんて言っていた長男と夫でしたが、次第に興奮していっているのがわかりました。

そして勝利。サッカーに詳しくない私はあえて高校受験に例えて聞いてみました。

「これって学年で200番くらいの子が○○高校を受けるみたいなこと?」

次男、「あ~それはすごいことだわ」

長男「そうそう、そして最後は合格するみたいな感じ」と。


そしてしばらく経って、私と2人になった時に長男が言いました。

「俺、やっぱりセンターで8割5分以上取れていたら(第1志望大)を受けたい。
落ちた時に自分が行きたい学校だったら納得できるような気がする。
浪人覚悟でも受けたい。
それから行く予定のない学部は受けない。合格してもむなしいだけ。
センターが取れなかったら医学部は無理だってわかっているけど、
最後まで医学部を受けて落ちた方がいい。とにかくセンターが取れるようにガンバル。」

柏レイソルに励まされたのか?? 

おそらくこの1週間、自分の気持ちと真剣に向き合ってきたのでしょう。

「自分は本当はどうしたいのか?」と。

友達ともいろんな話をしたようです。仲良しのトップ君、模試で旧帝大の医学部で

トップ3にいるにもかかわらず、「浪人した場合」も考えているようです。

そして長男よりずっと優秀なお子さんにも先生、同じような大学の医学部を勧めたようです。

「この時期にあんなテンション下がる面談いらねーよね。マジ頭にくる!!」

友達のそんな言葉に「同じなんだ・・・」という気持ちもわいたようです。


この時期高校でも予備校でも面談があるようですね。

予備校とかはもっとシビアな面談なのかもしれません。

私も子供と同じように「こんな面談なら要らなかった」って思ったものです。

でも、これを機に「不合格の時」を強く意識し、「それでも医学部を受けたいのか?」

「浪人してでも受けたいのか?」を考える機会になったようです。

今までも同じように言われてきたのでしょうが、やはりまだまだみんな実感がなく、

センターが目前に迫ったこの時にあえて自分の本当の気持ちと向き合う

目的だったのかもしれません。


「浪人してでも受けたい」「最後まで医学部を受けたい」

私が望んでいた答えを長男自ら出しました。

そんなこと当たり前なのかもしれませんが、この面談を機に志望大や学部の変更を

した人もいたようです。今は変更しなくても、センターで取れなかったら他の

学部に変更すると決めている人もいるようです。

自分の志望大学にこだわるのか・・(東大・京大受験の人に多いかな)

自分の志望学部にこだわるのか・・・(医学部受験の人に多い)

あくまでも現役合格にこだわるのか・・・(とにかく浪人したくない、家庭の事情でできないなど)

それぞれの選択、どれが正解でどれが間違いなんてありません。

でも「浪人してでも受けたい」 という長男の覚悟を聞いて、

やはりそれが長男らしい・・・そう思いました。

「落ちることは全然恥ずかしいことではない。闘わずしてあとで後悔する方がよっぽどつらいこと。
思いっきり闘ってほしい」 これが私の想いです。


次に大きな波があるのはきっとセンター試験後。

でも今からセンターで取れなかったら・・・とか心配していても仕方がありません。

その時はまたその時に悩めばいい、とにかく今はセンター試験で第1志望大を

受験できる結果を出せるよう必死で頑張る、そして私は祈るのみです。 







トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。