子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無遅刻無欠席より価値ある早退と遅刻

2010.03.25 (Thu)

高校での初めての通知表をいただきました。
成績はさておき・・・早退1、遅刻0。

高校でも中学でも、入学式のときに同じことを言われました。
少々体調が悪くても出席させてください。欠席、遅刻は3年後の受験に
大きく響いてきます。」


高校に入学して間もなく、腹痛・下痢の症状がある日がありました。
「ムリ、休んでもいい?」熱はありませんがつらそうです。
「とりあえず行きなさい。どうしてもだめだったら先生に言いなさい」
「こんなんで行けって?」私を睨んでいる
そして、ムッとして登校していきました。かわいそうでした

「私だって悩んだのよ。先生が休ませるなって言ったのもあるけど、
お父さんだったら多少体調が悪くても仕事休まないでしょ?休ませるのは簡単だけど
社会に出たときに簡単に休むってできないじゃない・・」
仕事がたまたまお休みだった夫に私は想いをぶつけました。

学校でも授業を受ける状態ではなかったようで、保健室から連絡がありました。
自分で自転車で帰ってきました。夫が病院に連れて行くとき、
「だからムリだって言ったのに・・
「でもな、お母さんはな・・・」夫は私の想いを伝えてくれたそうです。
そのあと長男は私に怒りをぶつけることはありませんでした。

それから最近の土曜日のこと。一緒に登校している友達の玄関チャイム
「あれ?部活?」
「いえ、今日は学校です」
「えー知らなかったー
ちょうど起きてきた長男、「ヤベッ、学校っていうの忘れていた
8時までに登校しなければいけないのに、その時7時45分です。
「送って行こうか?」
「いい」
「いいって、間に合わないでしょう?」
「大丈夫」

その時も思ったのです。社会に出たらこんなこともあるかもしれません。
そんなとき自分のミスは自分で謝罪しなければいけません。
「お母さんが起こしてくれませんでした」なんて通用しないのです。
そうね、先生に自分で謝って怒られるなら怒られればいい・・
「じゃあ、気をつけていってらっしゃい
帰ってきた長男「間に合ったし」  そんなわけないやろ
でも土曜日だったからか今回の評定には入っていませんでした。遅刻0

ある娘さんは、朝ぎりぎりに起きてるのに朝シャン、ごはんもゆっくり。
通学のバスに間に合わず親やおじいちゃんが学校まで送っていく・・ということを
繰り返し3年間無遅刻無欠席だったそうです。
無遅刻無欠席って素晴らしいことではありますが、長男が体験した早退・遅刻(未遂)も
無駄ではなかったと信じたいです。
いずれ社会に出たときに・・最近そう思うことが多くなっています。

よろしければ応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。