子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男の部活

2012.05.01 (Tue)

高校生になった次男、部活は悩みに悩んで・・・

中学からのスポーツを選びました。

参観日での先生の話では、みんな勉強との両立を考えて、

慎重に慎重に考え中だと。

部活に入るかどうか、運動部でなく文化部にしようか、

中学と同じ部活が良いか違うものに挑戦するか・・?

次男もいろんな部活を見学したようです。

テニス・ハンドボール・ラグビー(これは先輩から呼び止められて)

などなど・・。

まあ、入るかどうかも慎重派なので悩んでいたのですが、

私が、「勉強との両立が無理だな~~って自分で限界を感じたら
辞めればいいわ。高校の部活は途中でやめても
誰も何も言わないって。」

そう言うとちょっと気が楽になったようです。

初めてする競技も良かったのですが、やはり中学でやっていた

部活がもう一度やりたくなったようです。

おまけにすでに入っている同級生は練習試合などで

顔を知っている人ばかりでした。



部活に関しては、私は次男に言った言葉どおりの気持ちです。

勉強との両立=「文武両道」を学校は目標とし、勧めますが、

実際には長男の学年の難関大学を目指す人で、3年の最後まで

運動部に所属していた人は、1年の頃より随分と減っていました。

もちろん、最後まで続けて最難関大や医学部に合格した

「学校のヒーロー」のような存在も何人もいます。

でもこのタイプは、部活をしながらも上位の成績を

キープできる能力のある人たちだったようです。



反面、最後まで部活を続けて、能力はありながらも

追い込みが間に合わなかった人もいました。

個人競技でいつも上位の人や、土日の遠征が多い部だったり。

それはそれで本人達も納得のようですが、

「一浪したら合格できるぞ」と面談で言われた人もいたようです。


またある人は、2年で急に目標が見つかったので、大好きだった部活を

辞めて猛勉強をした結果、京都大法学部に見事に合格しました。

決してそれまで上位の成績ではなかったそうで、みんなその成績の

伸びにびっくりしたようです。


とまあ、いろんなお子さんのケースを長男から聞くと、

「絶対に最後まで続けなさい」とは言えません。

で、「辞めたい時には辞めればいい」と言ったのです。


次男の部活はそこまで遠征が多かったりもせず、

放課後は1時間半くらいの練習しかできません。

そのうえ、追試があったりすると先輩たちも全員そろうことが

少ないようです。

また中学と違って、先生もあまり来られないので、自分たちで練習。

気も楽で体も動かせてちょうど良いそうです。

先輩たちとも仲良くなれるし・・。

でも平日は帰って来たら7時半~8時。

それから勉強を済ませ、12時までに寝るためには

忙しい毎日です。

でも時間がない分、そこで集中力が養われるのかもしれません。

どこまで続くかわかりませんが、成績が下がりに下がってまで

部活を続けるような度胸は、次男にはないだろうと思っています。


中学で部活を引退してから明らかに運動不足の次男。

とても体が重いようで、以前のようになかなかプレーが

できない・・と落ち込んでいます。

まあ、あれだけ何にもしていなかったので当然でしょう!

どれくらいで勘が戻るのでしょうね?!


「文武両道」 素晴らしい言葉で永遠の憧れです。

だからといって、できなくてもダメな人間ではないかな~?!

学校のヒーローにはなれなくても、自分の目標のために

一つに集中してもそれはそれでかっこいいと思う私です。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

京都の母さんへ

すごーくびっくりしたんです。うちの息子たちとお子さんたちの部活、同じです^^
応援するのもすごく楽しいスポーツですよね~?中学の3年間、2人にとても楽しませてもらいました。男子は迫力がありますよね?!

うちの長男は高校では、人間関係で1年間で辞めました。でもできればずっとやりたかったようです。大好きなスポーツなので・・。
でも「大学に行ったらすればいい」、そう自分に言い聞かせながら勉強を頑張ったようです。まあ、結果まだ出来ずにいますが・・^^;でもきっと長男さんのように大学に入ったらするだろうな~~?不本意な辞め方だったから、私もまた長男が大学でできることを楽しみにしています。


全然私は立派な親ではないんですが^^;、私自身がすべて自分の判断で決めてきた(そう育ててもらった)ので、
逆に「こうしたら親は悲しむだろうか?」とかいろんな場面で考えていました。頭ごなしに言われれば反発するけど、信じて任せると意外にも親の気持ちを考えながら判断するもんだな~って自分の経験から思います。

長男さん、大学生活を満喫していますね?!
勉強だけでないいろんな経験もきっとプラスになるでしょう☆楽しみですね?!

私も部活がハードだと、疲れがたまって、勉強どころでなくなるというのは、実証されているので、勉強第一で適度な運動というのがいちばんいいと思います。
うちの場合、ハードな部活が原因で、親子関係まで悪化することになったので、特にそう思います。

次男君、ちょうどいい部活ができそうですね(^▽^)

jukenmomさんへ

確かに・・親子関係の悪化になりますね^^;
次男さん、部活卒業お疲れ様でした。
でもハードな部活を最後までやりきった達成感、充実感は
きっと今形に現れなくても、大きな力になっていると思いますよ。
それにきっと次男さんにとっては楽しい高校生活だったと・・。

うちの次男は中学の時が精神的にも体力的にもハードな
部活だったので、親子共々高校ではゆるーい部活で
ちょうど良いと思ってます^^

高校の部活動は・・

部活に関しては、全国大会で入賞するぐらいのレベルなら、親としても全面的に協力して熱も入ると思います。
でも、運動を続けたい、体を動かしていたいぐらいなら、部活と両立が可能っていうぐらいがベストかな。

次男さん、「学校のヒーロー」的な能力があると私は確信してます!!

遅いコメントでお恥ずかしい・・(苦笑)

バンブーさんへ

次女さんはてっきり新体操を続けると思っていました。
でも進学校で部活を思いっきりすることは、なかなか厳しいですね。
やはり子供でも疲れますもん、帰れば眠くなるし・・
それであのたくさんの勉強をこなすなんてやはり勉強の能力が
高い人でしょう。
次男は・・所詮「凡人」です^^;
ヒーローなんて・・(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。