子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり振り回される

2012.06.14 (Thu)

昨夜、事務的な連絡のメールが長男から来たので、

返信に

「5月始めの模試の結果が来てたよ。のびしろたっぷりだね~」

と書いてみました。そしたら

「今度クラス落ちるかも。やっぱり努力は実らないわ。」

ってなんだか悲観的な文が返ってきました。

あら・・・また何かあって落ち込んでる?!

「まあ、凹まずがんばれ!」

とだけ返信しませんでしたが、

それからすごく気になって・・・。

思えば高校受験の時から長男の言動に振り回される私。

長男が苦しんでいるとこちらまでつらくなる・・

何度繰り返しているんだろう。

そう思いつつも遠い場所で1人つらい思いをしているのかな~と

思うとたまらない、いや・・近くにいても同じですが・・。



で、今日予備校にお返事をする用事があったので、

最後に担任の先生とお話させていただきました。

私、子供の学校に欠席連絡以外で電話をしたことなんて

ほんの1・2回、そのうちの1回はギョウチュウ卵検査を兄弟入れ間違った

というなんとも情けないものです

だから先生が電話口に出るまで胸がドキドキしました。

長男の言葉や様子を伝えると

「あ~昨日もテストがあったからでしょうね。
生徒たちはこれだけ自分は勉強しているのに結果が出ないって
思うようですが、まだたった2カ月です。まだまだ結果は出ないよって
僕たちは何度も言うんですけど、自分たちなりに思い描く理想があるのか
頑張ればすぐに偏差値が5ずつくらい順調に上がるって考えてて、
落ち込んでいる生徒が大半です。」

「9月10月頃にもこんなに頑張ってこの成績では志望校は無理ですか?と
言ってくる生徒がいます。もちろん生徒それぞれに伸びる時期は色々で
今頃すぐに伸びる生徒もいるのですが、紆余曲折があって結果
合格するって生徒もたくさんいるんです。
大切なのは早くにあきらめないってことです
あきらめたらそこで終わるんです
でももう今の時期でもあきらめる生徒がいるんですよ。」

「長男君は今のクラスで充分授業内容にはついていけているのに
下のクラスにかわった方が良いでしょうか?とこの前は言っていました。」

などなど・・・。希望に燃えて予備校に入ったものの、

みんなそんなにスムーズな経過ではないそうです。

長男のクラスに関する言葉も自信の無さからでしょう・・。

「僕も気にかけておきます。何かありましたらこちらからも連絡を
差し上げます。」

そう言ってくださって話を終わりました。

先生と話して少し気持ちが落ち着きました。

センターの後もそうでしたが、自分だけができていない

自分だけが苦しい・・って本人は思ってしまうんですよね。


苦手な教科の結果が出せるのは5~6カ月後だそうです。

やはりここであきらめたらすべてが終わりなのでしょう。

そんなこと当たり前ですが・・。

そういえば地元で浪人をしている子の母も、

なかなか模試で良い結果が出ない・・って心配していました。


こうして私が長男に振り回される日はまだまだ続きそうです。
(決して長男にはそんなつもりはありませんが







<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

親は、子どもの一言一句をまともに受け止めてしまうのですよね・・・
misaさんの心中を思うと涙が・・・
うちも長男は良いも悪いも「わかりやすい」タイプ。
口にしなくてもその喜怒哀楽がすぐにわかってしまうのですが、その長男が弱音を吐いたときは「いよいよ」のとき。
たぶんこれまで2回か3回しかないのですが、それと対峙する私はほんとうにしんどかったです。

同時に、判定が出にくい予備校で「ゾンビ」になってたお子さんのことも思い浮かびました。
結果が出ないこと、上位者が多くレベルの違いを見せつけられることで苦しんでいたようです。
次男からも聞いてそのやつれ具合は知っていたのですが、直接弱音を聞かされていたお母さんは辛かったと思います。
直前まで志望の大学は無理と決めつけ、「併願の私立に受かれば充分」
いつも強気なそのお母さんからそんなセリフを聞かされてビックリしていました。

でもフタを開けたら余裕のセンター結果。
見事希望の大学に合格しましたよ!(^0^)/

喜怒哀楽が見えにくい次男と比べたら、目の当りにさせられる長男には振り回されるけど、
そのぶんありがとうもたくさんもらったし、晴れたときの喜びも大きい。一緒に悩むことができるのも子育ての醍醐味だと思います^^

anonさんへ

ありがとうございます☆
いつもは前向きな子が弱音を吐けばよほどつらいのかな~~って
思ってしまうんですよね。
昨夜長男から珍しく電話がかかってきて40分ぐらい話をしたんですが
何気ない話をしながら、先生と話したことなども伝えました。
話をしたいと思われただけでも役に立てたかな・・と思いました。

確かに浪人生の集まりなのに、かなりレベルが高い人も
たくさんいるそうで、(医学部、それも旧帝大の後期に合格していながらも
辞退した人など)凹むのでしょうね・・。
でもゾンビ君のような人の方がきっと本当は多いのだと思います。
毎日近くで子供が苦しんでいる姿を見ていたゾンビ君母さんは
つらかったでしょうね・・良くわかります。
私も今は「どこかに合格さえしてくれれば」って思っています。

これが浪人生活最初の波?だとすると大波小波が何度も
やってくるのでしょう・・。
でもその分、きっと喜びも多い、人間としても大きくなる、
私も想いでがたくさん・・ですよね?!
「子育ての醍醐味」を味あわせてもらっていると思って
離れたところから応援頑張ります!




気持ちわかります

私も、弱音を聞くと心配になります。
その心配をしたくないので、問題を見て、子どものレベル判断するようになってしまったぐらいです。

難易度の高いあの予備校ですよね?
misaさんのお話からすると
ご長男さんは、1からスタートされていると感じました。
ですから、予備校の先生が言うように
まだ二ヵ月の地点なんだと思います。

勝手な推測ですが、予備校の授業で忙しいようでしたし、きっと、他の問題集には手がついてないと思われます。
そうなると、入れた知識を出すところまでやっていないので最初の模試で力がでなかったのではないか・・と。

今回の模試で、それがわかったなら、勉強したことの使い方まで考えて、普段の授業も受けるようになると思いますので、次は、いい位置にいると思いますよ。

学習態度が偏差値70ありますから、これからです。
今苦しめば、苦しむほど、あとで楽しくなります。
大丈夫です。

jukenmomさんへ

jukenmomさんもそうなんですか?!
でも私も冷静になって成績表を見てみると、
点数が取れている項目とそうでないところがはっきりしていて、
そこが苦手、あるいはまだ復習してない項目かな~って
長男と話をしたところです。

やはりまだ2カ月、おっしゃるようにまだまだなんです。
授業はわかるようなので演習量の不足は明らかです。
まだテキストを2周目~3周目に入るところって言ってました。
合格者の体験などで、苦手教科は4~5周くらいしたって方も多いので、
夏休みまでに基礎をしっかりするしかないでしょう。

学習態度の偏差値70?!
じゃあそれだけは落とさないようにしなきゃ(笑)
あとは受験教科がその偏差値になれば
こわいもの無しですが・・・^^;
「苦しいのは努力している証拠」
そんな言葉を聞きました。そうかもしれませんね。
努力しなきゃつらくもないですもんね・・。

京都の母さんへ

コメント読んで私も涙が出ました。
みんな順調ではなく苦しい時期があるんですね。
そしてちょうど今がそんな時期なのですね?!
京都の母さんのそのときのつらさ・・すごくわかります。
「もういいよ、帰っておいで」言いたくても言えないですよね。
私も最近食欲がなくて(ちょっと太り気味だったのでちょうどいいのですが^^;)
そして先生と話をしながらも涙が出そうでした。

寮にいても、同じ学校からの仲間がいても、意外と一人で落ち込んでいるんじゃないかな・・と思うんです。
そう思うとつらいですね。
でも先生がおっしゃるように紆余曲折あって合格したっていうタイプに長男さんが当てはまるのですね。
すごく心強いです☆
退学した人がいるかどうかは聞いていませんが、もうすでにあきらめモードで遊んでいる人も結構いるそうです。

やっぱり長男は前に進むだけ、そして私はそれを応援するだけですね。
今度、保護者会があるのでおいしいものをご馳走してきます☆

misaさんのブログを読んでいたら、模試の結果に落ち込んでいた時をリアルに思い出しました。

もうこの教科はこのまま上がらないのかなぁ・・とか。

頑張ってる姿をみるとつい結果を期待しちゃったり。


まだ1年生の次女ですが、入学早々の実力テストは苦手教科が散々でした。

またこの3年間模試の結果に振り回されそうだけど、それが当たり前って思うことにします。

バンブーさんへ

頑張っているのに結果が出ないと落ち込みますね。
子供がかわいそうになるっていうか・・。
本番の入試でできれば良い訳ですが、力の指標になる模試って考えると
やはり結果が悪いと悲観的になります。

次女さんは長女さんとはまた違った3年間になるでしょうが、
きっと長女さんが力になってくれると思いますよ。
長女さんのときのように親も初めてのことで
不安だらけではないと思います!!
まだまだ始まったばかり。
期待しましょう☆

子どもの前では素振りは見せませんが
実は、子どもたちの一言をまともにくらってしまう私。
(でも、我が家の場合は長男が一番、感じたことをよく考えもしないで口にするので、振り回されます・・)

成績のこと、一緒に辛くなりますね。
長男は現役時代より少々伸びているものの、志望校には遠いです。
模試の結果を見て、本人も思うところがあるし、私も他の大学を考えたりしています。(二浪はできません)
これから先、またいろいろ変動があるかもしれませんね。

そんな私と長男を見て(夫は達観、どうしてあんな風にできるのか?!)
次男は、「俺は浪人はしないから。入ったところに行く。」と何度も言っています。
(入ることが難しいのですが、汗)
親は応援するだけ。そして、経済面の援助を工面するだけ。
あ~、彼が(人生を)開いて行かなきゃならないんだな、と思いながら、また心配して長男と話をしたりして過ごしてます。

ミロママさんへ

浪人生を抱えるつらさ、同じですね!!
次男君やご主人のタイプも似ているかも…。
でも子供からすれば、親のどちらかが楽観的か放任くらいが
ちょうど良いらしいですよ~。

志望大学もどこを選べば良いのやら…ですね。
次男君の言う様に、受かった大学が縁があるのだと思いますが、その縁を
引き寄せるのがなんと難しいことなのか…!
改めて大学受験の厳しさを感じています。

精神的に振り回されると、体にまで影響がある年齢になってきました。
お互いにもっとどっしり母さんにならないと身が持たないですね。
下にいけば行くほど楽になれるのか、やはり毎回つらいのかはわかりませんが、
下の子達の時は手をかけた長男が役に立ってくれると信じたいです。

お母さんは笑顔で

こんにちは。なまわさびさんのところから来ました。
うちの長女は高校時代にのんびり日本画を描いていて、地元国立大農学部を目指していたけど、勉強のやり方がわからず惨敗。
お父さんがぽーんと予備校代を出してくれたのと、三者面談で「女子は最後まで自習室使えば受かる」の言葉を愚直に信じて、毎日予備校で最後まで勉強しましたが、センターはC判定。学部を変えてほしいと懇願する私に、チューターは「化学9割、数学5割取れば受かる」と。長女はそれを信じて、逆転合格しました。
今大学4年。昨日公務員試験を終え、納得いかなかったらしく、特待生の奨学金試験に向けて勉強を始めました。
大学は6年あるのですよ。本人はともかく、お母様が弱音を吐くのは早すぎです。
下のお子さんはきちんと見ていますよ。我が家は大4、大3、高3ですが、自分で計画立てて勉強するので、私は食事の心配しかしないです。

はーこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
大4、大3、高3のお子さんをお持ち、我が家の5年後くらいですね。
先輩の心強いコメント感謝いたします。

私も心ではわかっているし、もちろん長男の前でも下の子たちの前でも
普通に笑顔で接していますが、一人になったときなどは
つい落ち込んでしまうんですよね・・。
次男には長男での経験があるからか、とても落ち着いて見守ることが
できるんです。だからやはり「初めて」ということが不安を増大させているのでしょう。
きっとはーこさんのように5年後くらいには
どっしりと構えていられると思います。たぶん・・^^;

はーこさんのおっしゃるように子供たちが一人前になるのはまだまだ先、
まずは自分の体を大切にしながら笑顔で見守れるようにならなくちゃ。
長男は寮生活なので毎日してあげることはないけれど、
先日会いに行ったときにはご馳走してきました☆
はーこさんの一番下のお子さんも受験生ですね?
頑張ってください!!


こちらこそありがとうございます

三女の志望校は地元国立大の看護学科なんです。判定はC判定。
でもどうも担任の先生は推薦入試をお考えの気配…推薦って才能のある人が受けるんじゃ!?
きっかけはトイレ掃除。いやマジで。真剣に便器を磨いていたら、いろんな先生と仲良くなって、どんどん質問にいけるようになって、勉強の穴が埋まっていって…なんかわらしべ長者みたいな奴だなぁって思っています。
長女も予備校で、京大志望の中学同級生が「日本語と思えない質問」をした後に、堂々と「問題の意味がわかりません」と尋ねたそうな。でも12月には「おまえも数学らしい質問をするようになったな」と言われました。
息子さん達もにこにこ質問に行かれるといいですね。きっといいことがありますよ♪

はーこさんへ

看護学科も医学科同様、人気のようですね?!
浪人している人もいるようです。
推薦、良いじゃないですか?!私の姪っ子も今年推薦で看護大に合格しました。
いずれ国家試験がある医学部・看護学部などはとにかく合格できるチャンスは
生かした方が良い気がします。
大丈夫でない生徒には先生もお勧めしない気がしますよ☆
一生懸命にトイレを磨ける娘さんの姿、きっとそこにも推薦したい
理由があるのでしょう^^
それにしても「トイレ掃除」、企業の研修などでも流行っていましたね?!
やっぱり効果あるんだ~~~
長男にも自分の部屋のトイレを必死に磨くように早速伝えます(笑)
うちもわらしべ長者になれるかな~^^

うちの高校も先生に質問できるようになって一人前って言われていました。
次男はまだ友達同士で解決しているようで、質問デビューはしていないようです。
長男はどうだろう???高校ではよく質問に行っていましたが・・。
講師の先生に質問できる時間があるのでしてるかな??
長女さんの「日本語とは思えない質問」って、良くわかります~~(爆笑)
うちの長男も「できる君」達の質問の意味がわからないと良く言っていましたから・・。

とても元気な娘さんたちで・・はーこさん楽しみですね☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。