子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9割の力

2012.07.20 (Fri)

長男と次男の高校の学科に合格するには、

中3で県内一斉に行われる実力テストで

9割以上取れる力が必要と言われてきました。

長男はこの力がなかなか足りなかったものの、最後の追い込みで

合格することができました。

次男は途中スランプ時に9割は取れなかったものの、

それでも大きく下回ることはありませんでした。

たぶんそれが長男の最高の時の成績くらいです。

で、結果的には2人とも合格したわけですが、

やはり9割の力があった次男の時には

すごく心配することはありませんでした。

「本番で大きな失敗がなければ合格できるだろう」って。

塾や学校の先生のニュアンスもそんな感じでした。



そして医学部合格を目指す長男、またまた

「医学部合格にはセンターで9割必要」

と高校の時も予備校でも言われ続けています。

もちろん2次試験がありますので、

9割とれなくても合格できているケースもたくさんありますし

9割とれていても不合格のこともあります。

予備校からの資料によると、各大学の医学部合格者の

センター得点の平均はとても高く、85~89%、

大学によっては90%越え、平均ですよ~~~!!びっくりです。
(長男の受験校は88%でした)

予備校はセンターで9割とれれば点数で有利なだけでなく、

迷いなく出願出来てすぐに2次対策に取り掛かれる・・

そして後期合格の可能性も高くなる・・・

だからセンターで9割以上とることは

大切なんだと力説していました。
 
センターが取れなかったら医学部合格は可能性はないとも。

高校受験と同じで、9割を取れる力があると

自信を持って受験できるってことなのかもしれません。

実際、医学部に限らず、長男の同級生でも9割以上取れていた人は

たまたま取れたってわけではなく、取れる力があった人ばかりで、

皆、難関大に現役合格できていたな~~って思います。

予備校では、直前だけだった学校とは違い、

3カ月前くらいからセンター対策に力を入れるとか。

特に理系の人が点数を落としやすい国語は

夏休み中に過去問を10年分繰り返し解くように・・そうすれば

180点を目指せると言われたそうです。

国語は「点数が取れない」じゃなくて「絶対に落とすな」らしいです。

国語で大きく失点した長男には納得の話です。



センターで9割って・・・810点ですよね・・

理系の難関大狙いの人たちは、理科と数学は

満点狙い、そして国・英・社でいかに失点を

抑えられるか・・・っていうのがカギのようです。

おまけに大学によってセンターの傾斜配点があったりすれば

数学や理科の点数がとれていた方がとても有利です。

言うのは簡単、でも9割とるってすご~く難しいことです。


6~7割の力をを8割に上げるのとは違い、

8割の力を9割に上げるのって大変なことです。

もっと細かく言えば、8割から8割5分くらいには上がっても、

8割5分から9割にはなかなか上がらないようです。

5分ってセンターでは45点ですが、6~7割台の45点を上げるのとは

意味が大きく違います。

ある予備校の先生が書かれた勉強法の本で、

「ウサギとカメの話が日本人は好きで、よく例えられたりしますが、
難関大を狙う人たちは努力するウサギさんばかり。
だからいつまでもカメのままではかなうわけがない。
自分もウサギにならなくては・・・」


ってことが書かれていました。

これってすごくうなずけます。浪人生がみんななまけていたカメさん

ばかりってわけではなく、ウサギさんレースに敗れたウサギさん

が多数なのです。そしてまたトレーニングを積んで挑戦です。

そしてセンターで9割以上取れる力と、2次力をつけた浪人ウサギさんが

来年は合格できるのでしょう。

小さい頃、ウルトラマンが大好きだった長男、

ウルトラウサギさんに変身できたら良いけどね・・








<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

うちも・・・

次男には、目指せ3科9割と言ってます(汗)
医学部に比べれば、たったの3科なのに、それはそれは厳しい話です。
地歴がいちぱん確実に取れる科目なので、100点、英語は9割 国語は最低7.5割が目標です。

どれがいちばん無理かというと、英語の9割も無理ですが、国語7.5割が・・・きついです。
この夏でなんとかなってないと、どうにもならない可能性大です。
うちの次男は完全にカメ。ウサギになるのは、年明けか、果たしてウサギになれるのか・・・・です。

jukenmomさんへ

やはり私立の難関大でも目標は9割なのですね?!
地歴で満点?!さすが文系ですね!
うちは2次試験には歴史はないので8割取れればよいかな・・と。
英語は2次にもあるので9割は同じです^^;
そして国語・・これは得意なのか苦手なのかよくわかりません。
センターしかないので、センターの傾向をつかんだりすることかな?
と思っています。文系だと2次試験にもあっておまけに記述では??

次男さんはカメですか^^
長男さんが頑張るウサギさんですね~!17時間の勉強、
びっくりしました!!
次男さんもウサギに変身(進化?)すると良いですね。



うちは上二人とも浪人したので予備校に通いました.
下はまだ伸びしろがかなりあったので、センターは現役時より70店以上UP出来ました。
でも上は現役時からとれていたので、それを維持するので精一杯でした。
センターの伸びしろがない分、個別対策に力を入れてました。
予備校で早くからセンター対策をしてくれるのはありがたいですよね。
でも9割弱を9割以上に上げるのは大変です。
長男さんも、あまり数字にとらわれずに、とにかく確実に、落としてはいけない点はしっかりとり、伸ばせるところで伸ばす、それが大事じゃないかなって思います。
頑張って下さいね。

マミイさんへ

うちの長男も娘さんと同じでまだまだ伸びしろがあります。
伸びてもらわなきゃいけない・・ですけど^^;
でも現役時に高得点を取れた教科は、維持してほしいです。

確かに9割弱と9割越えは近いけど大きな違いです。
すごくよくわかります。先生方が「9割とれる人はセンターが
難化しても易化しても影響ない」っていうのもうなずけます。
マミイさんのおっしゃる通り数字のプレッシャーに負けないよう、
しっかりと力をつけていくべきですね。
さすが大学受験母大先輩のマミイさんです^^

非公開コメントさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。

親の性格も色々だし、非公開さんが浪人されることにお母さんが
どう思われているか・・もわかりませんが、
私の周りの浪人生を持つ親すべてに共通しているのは
ただただ心配・・ってことでしょうか。
同じ予備校に通わせた方もやはりちゃんと勉強しているか
毎日連絡を取るって方もいました。
電話に出ないとそれだけで心配らしいです。
頑張っている姿を自分の目で確認できないから
不安なのでしょう。お母さんも同じではないでしょうか?
それが子供からすれば「信用していない」って思うのは
当然かもしれないですね。

私は長男が高校の時から寝る時間を削って頑張ってきた姿を
見てきたので、「きっと頑張るはず」そう信じています。
もし勉強もせず遊んでいる息子なら、バカな息子に育てた
と諦めよう・・って夫とも最初に話をしました。
「また来年も不合格だったら」という不安は
拭いされないものですが、長男の方がはるかに精神的には
つらいと思うので決して言葉にも態度にも出さないように
気をつけています。

親子でも気持ちは言わないとなかなか伝わらないものです。
男の子だけど長男はいろいろ話をしてくれる方です。
あまり子供が話してくれないっていう方の方が
どちらかと言うと悪い方に思いがちです。
非公開さんがどんな気持ちで今どう頑張っているのか
伝えてみたらどうでしょうか?!


私が心配なのは、非公開さんがそんな風に考えていることで
気持ちが勉強に専念できないことです。
家事もこなし、きっとお姉さんにも気を遣われながら
勉強されている・・不安や孤独感も大きいのではないでしょうか。
非公開さんの丁寧な文面から、とてもしっかりとした方だと思いました。
大事なこの時期、周りの雑音などあまり気にせず
どうか来年の春の合格を目指して強い気持ちで頑張ってください!!
応援しています☆




非公開コメントさんへ その2

親って子供が苦しんでいる姿って見たくないものなんです。
夢を追う子供を全力で応援したい反面、厳しい現実も伝えなきゃいけない
のも親なんです。(他の道を勧めるとか・・)
話はしなくてもメールのついでに「頑張っているから」とか
一言でも付け加えるだけでも嬉しいと思いますよ。


ホントに厳しいですね、医学部受験って・・。
うちの息子もなかなか成績が急上昇にはなりません。
でも同じようにがむしゃらに勉強、そして結果を出すだけ・・と
頑張っているようです。
非公開さんもよそのおばちゃんの私でよければ
いつでも苦しい時には愚痴を言いに来て下さい。
気の利いたことを言えるわけではないけど、吐き出すことで
楽になることもあるかもしれませんので・・^^
メアドを書いてくだされば、直接お返事いたします!

暑い夏、どうか体調に気をつけて頑張ってください☆

長男さん、ウルトラウサギになれますとも!!

記事ではなくコメントの横レスですみません。

> 親って子供が苦しんでいる姿って見たくないものなんです。
夢を追う子供を全力で応援したい反面、厳しい現実も伝えなきゃいけないのも親なんです。(他の道を勧めるとか・・)

少し立場が違うのですが・・・
これまで子どもが思うように道を選んで進んできて、それを応援してきた私です。たぶん一番の理解者として信頼してくれていたことでしょうが、
子どもが進みたい方向と真っ向から対峙したことがあります。

子どものかかげる理想と親の知っている現実には大きく開きがある。
親は子どもが思う道を進んでくれることを一番に望みながらも、「あえて」嫌ごとを言わなければいけないこともあるんです。

理想を全否定して、現実をつきつけて、
・・・苦しかったです。
本当は子どもが幸せなのが一番。でも現実を伝えるのも親だと、あえてきついことを言いました。
「これで親子関係が壊れてしまったかも」と思いました。
そのうえで本人がそれでも思う道を進みたいなら、それだけの覚悟があるのだから認めようと思いました。

幸い親子関係は壊れませんでした^^
壁を作るのも親の役目なんですよね。愛すればこそだと思います。愛ってやさしいだけじゃないと、つくづく考えされられました。

とことん話あうってことも、ときには必要なのかもしれません。

的を得ていなかったらスミマセン<(_ _)>

anonさんへ

いつでも子供にとって一番良いと思う道を親は勧めているつもりなんですが、
受け取る子供の方は、自分の進みたい道を一番に応援してほしい親から
現実を突き付けられるのはとても悲しく孤独な想いを感じるのかもしれません。
そして話し合うことも避けるようになるのでは・・と。


親が勧めた方向で幸せを感じてくれたらよいのですが、
「これで良かったのか」って親もずっと心の中で
引っかかりながら生きていくような気がします。
だからやはり自分が決めた道を納得いくまで挑戦して
欲しい・・って思うのですが、他の道を勧めなくては
いけない状況が来るのもつらいことですね。

anonさんと息子さんの関係が壊れなかったのは
やはりそこに愛情を感じたからでしょうね。
それまでにそういう親子関係をしっかり築いていたからだと
思います。
子育てってつくづく今まで自分がどう生きてきたかが
大きく影響するな~~って感じます。
私は長男のように必死に何かに挑戦したっていう経験が
あまりなかったので、ある意味その姿がまぶしく、そして
うらやましく・・だから夢を叶えるまで応援してあげたい
って思います。
現実的な考えの方もいると思うし、家庭の経済状況も
大きく影響するし・・でもそれでも子供のことを愛している
ことはみんな同じだと思います。
子供には自分が決めた道で幸せになってほしいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。