子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放す勇気

2012.11.16 (Fri)

少し前に次男の3者面談がありました。

その日も夕方から5人ほど予定に入っていたので、

先生のペースで進められていきました。

「じゃあまず選択科目ね、社会は地理、間違いない?」

「はい」

「理科は生物にしてるけどこれでいいの?」

「いや~物理は苦手意識があったので生物ってしましたが、
最近難しい物理の問題も解ける時があって、先生にもほめられたので
迷っています。」

「そう、あなたの数学の成績から見て物理が苦手ってことはないと
思うんだけど、物理は独学ができないからとりあえず物理を選択して、
ダメだと思ったら生物に変えたら?どちらにしても2次の理科は
かなり難しいよ。」


「はあ、わかりました」

「ところで、第1志望大学の入試科目の特徴はわかってる?」

「・・・・?」

「国語が2次試験にあるってことです」

「お母さんの方が知ってるじゃない?!そう、これが大きな特徴。」
で、この大学のランキングがどれくらいか知ってる?」

「・・15番目くらい???」

「いや、4番目くらいでしょう」

「そうです。またお母さんの方が知ってるじゃない!!
かなりレベルが高い大学だよ、わかってる?
忙しいのはわかるけど、自分のことでしょう。ちゃんと調べなくちゃ。
今のクラスの目標は何かわかっているよね?」


「目標???・・・・・・」

「自立ですよね」

「は~~~~最後までお母さんの方が知ってた。なんかね、
医学部に行きたいっていう気持ちが感じられないのよ。」


「最近、教師にもなりたいかなとか迷っているみたいで・・」

「そう、前回の2者面談でそう言っていましたね。よほど今までに
良い先生に出会ったのかな?で、今はどう?」

「まだ迷っています。」

「あなたはどちらの道でも合うと思うから、迷っているんだったら
色々調べたり、セミナーに参加したりして自分から行動を起こし
なさい。わかってる?自立だよ!自立!!



とまあこんな感じでゆる~い次男にビシバシと先生の言葉が飛んできます。

先生の言われる「自立」

教師として子供達に至れり尽くせり(面倒見が良い)が良いことだと

思ってきたけれど、いずれ社会に出ていく子供たちにそれでいいのか?

「手放す勇気」も必要なのでは・・?と最近では感じると。

受身ではなく自分で行動を起こせる子に。

長男を外に出してみると、先生の考えに共感します。

次男もあと2年で親元を巣立っていくんですもん。

自分で考えて行動を起こしておくれ!!

親として(大人として)の助言はできるけど決定は自分でしてよ!

今までしっかり握っていた手を少しずつゆるめて行こう。



親としては免許があれば就職に困らない医師の道が安心ではあります。

小児科とか向いているな~って思うんですけどね。

それに理数系が苦手ではない次男なら長男ほど苦労しないのでは?

でも生きていくのは次男ですからね、今はそっとしています。

面談後、教育関係を目指すにはどこの大学か?とか調べていました。

「う~~んわからない・・・でもわからないっていうと東大目指せって
言われるからね~東大なんてとんでもないし・・」

医学部とは違い大学をしぼって目指さないといけないですからね。

長男は「教師になりたいなら予備校講師になったら?」と。
(次男は予備校に行っていないのでそのすごさはわかるわけないじゃない!)

というわけで、いまだ(まったりと)迷う次男です。
(でも友達と話しているときは、医学部志望で話しています。)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

itikaさんへ

幼稚園はまだしも、小学校の先生って「音痴」って関係ないのでは??
低学年の音楽の授業もCDを使って歌ったりしてましたよ~!
娘さんが未練があるならもう一度考えてみても良いのでは??
手先が器用・・ってすごくうらやましいです。
うちは全員不器用です(苦笑)
器用な人って生きていく上で仕事だけではなく生活・趣味においても
すごく有利で楽しいだろうな~って思うんです。
強力な武器を持っている感じですね^^

親が受験のことにくわしいのも良いんですよ!
でも先に先に誘導してしまってはね・・。
3年になれば悩んでいるヒマもないかもしれませんので、
1・2年の今のうちに悩め~って思います。

非公開コメントさんへ

昔CMで「み~んな悩んで大きくなった~」ってありましたね。
自分の人生ですもん、迷って当然でしょう^^
教師の道だと教育大もあるのですが、中高の専科の先生だったら
大学の理学部っていう選択もあって、その方が教師以外でも
選択肢が広がるのかな~とか考えています。
とはいえそこまで数学や理科が好きか・・と考えれば
そうでもないな~っていうのが本音のようです。

進路に迷ったら東大・・・似ています。
おかげで浪人たくさん、これも同じ!!
次男が東大?・・って全然ピンときません。
もちろん本人もです(笑)

進路に迷ったら東大って、スゴすぎて想像できません。
でも5年前長女の三者面談では、学部なんてどこでもいいし、浪人してもいいという感じだったけど、今は失敗は許されないという感じですね。
先生も今のうちから後悔しない進路を考えてほしいのでしょう。
うちは、経済的・地域的・性別的に進路は常に1つしかなかったけど、それが今となっては良かったです。モヤモヤすることはなかったので。

はーこさんへ

学校も時代とともに(校長が代わったり・・)少しニュアンスは
変わるようで、もっと前は東大にもかなりの人数を受けさせていた
様なんです。でも不景気だし親の負担を考えるとムリをさせて
良いのか?という風に今は少し変化。
それでも意識付けだけは高く高く!!なんです。
でも一度洗脳?された子供たち・・受験になると簡単には
ランクを落とせないという矛盾も生じています^^;

地元の大学に望む大学・学部があれば経済的な負担も
少なくて済みますね?!
とても親孝行な娘さん達だと思います。

itikaさんへ

わあ~~雪ですか?!寒いですね・・。
雪もロマンチックな量だと良いですが、どか雪は困りますね^^;

三者面談、娘さんはもちろん1期ですね?
先生によっては話が進まない・・っていうかこんな面談なら
しなくても良かったのでは?って先生・・いますね(苦笑)

ハードルが高いって、1年から低いハードルの大学目指して
どうするよ!!て感じです(笑)高いから目指して頑張るんじゃない?!
itikaさんと娘さんが絶対現役合格にこだわるのか、浪人してでも
行きたい大学を目指すのか、自宅から出してあげられるのか
などをちゃんと確認しておく必要があると思うんです。
これはご家庭の事情や子供の性格で1人1人違いますからね・・。
学校はそういう気持ちの確認をする機会が面談なのだと思います。
面談に行く前に娘さんとたくさん話をして行ってくださいね?!

鼻息もため息も・・凍ってしまうかもですよ(笑)

3者面談だったんですね。
次男も理系、化学・物理・地理選択で行くことになりました。暫定的に、志望校、志望学科も決めました。
(でも、職業は・・まだ絞れません)

少しずつ手を離していくことは、大事ですよね。
私は、どんどん離してきているつもりなんだけど、子供たちからは「まったく、過保護なんだから。」と言われます。
どうしてそう言われるのかわからないでいます(苦笑)

ミロママさんへ

おぉ~!次男君と選択教科同じだ~!
理系の男子に多い選択ですよね?!
大学はあそこかな~?
次男君は典型的な理系タイプのような・・。
三男君が文系ってちょっとビックリしたんですが、納得もしました。
それぞれで面白いですね^^

ミロママさん過保護? 子供たちから見たらそうなんだ~(笑)
ってことはやっぱり過保護なのでしょう。
どんなところがで・・しょうね?
親には意外にわからないものですよね^^

テスト前の次男と話したら、数Ⅰ・Aはすでに終わってて、
数Ⅱの4分の一が終わったそう・・。
母の見積もりより随分進んでいました^^;
大丈夫か~?って感じです。

itikaさんへ

インフルエンザ、うちも今週受けます。
受験生の長男はもう受けたようです。

選択教科、う~~ん・・やはり今捨てるのはもったいない気がします。
すごーく受ける大学がしぼられちゃうじゃないですか・・?
今はできなくても、受験体制になって演習を積むことで
できるようになる科目もあると思います。
それに、第1志望だけを目標にするのは大事ですが、
第1志望校に合格できる人はそんなに多くないと思うんです。
浪人したりランクを下げるって人が多いのも現実です。
それを考えるとね、あまり第1志望大だけの教科に絞らない方が
良いと思うんですよね・・。
専門学校でも資格がとれる職業なのでしょうか?
やはり自信がないからかな~って娘さんの言葉を聞いて思いました。
まずは自信をつけてあげたいですね?!

うちの次男も理系、化学・物理・地理選択で〜す。
…まあ、高校生のうちは過保護でも良いんじゃないのかな。親宛ての手紙が学校から届くうちは。
大学生になったら、大学の全ての連絡は本人宛て。親に届くのは、授業料の振込用紙のみ。だから、手を離す気はなくても、気がついたら、お金を出す以外には何にもしてない…。(笑)

Yさんへ

大学受験生の次男さん、おなじ選択科目なんですね?
やはりこれは理系の人の基本の選択、
それなのに日本史を選択した長男・・・
でも地理は選択しても苦手だっただろうな~~。

まだまだ過保護で大丈夫!ですか?^^;
でも高校卒業後、家を離れてしまうのであまりにも何もできないと
心配なんです。
夫から職場の大卒新人さんの「とんでもない話」を聞くと、
笑い事じゃないわ~って思ってしまいます。

でも次男の高校生活、長男の頃と違ってちょっと余裕を持って
見守っている自分がいます。
肩の力が抜けた・・っていうか・・次男を通して自分も
楽しんでるっていうか・・・。
以前Yさんがアドバイスをくださったこと、こういうことかな~って
思っています。
とはいえ・・長男のことになるとまだまだそういうわけにはいきませんが・・(苦笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。