子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のための受験なのか

2012.11.26 (Mon)

予備校の保護者会を兼ねて長男に会ってきました。

11月、多くの浪人生が思ったより上がらない成績に

焦って落ち込む時期・・だそうです。

予備校の資料に前年度合格者の模試の結果が載せられていました。

「受験は最後までわからない」改めてそう思わせる内容でした。

長男の模試の成績より低くても合格している人も多く、

センターの結果と自分に相性の合った試験傾向・傾斜配点の受験校選びが

大事になってくるとの解説も納得でした。

さすがに予備校のデータの量と分析は学校では得られなかったものです。

何も知らずに受験校を選んでしまう現役時代、

やはり知ることってとても大事、これは次男の時には活かせるな~って

思いながらも聞きました。



そして長男ですが、浪人生活にいろいろとストレスは感じている

ようですが、そこから抜け出すためにも頑張っているとのこと。

想像していたよりもずいぶん元気でホッとしました。

やはり第1志望は変えたくないとのこと。

この強い気持ちが浪人生活を支えてくれている気がします。


センター後、国語と数Ⅱの大失敗で (長男の頭が真っ白になった
数Ⅱの問題は捨て問だったと後に講師が言ったそう)

医学部受験の土俵にも立てなかった時、

受験校決定の三者面談で担任の前で背中を丸め、うつ向いている姿、

私の背をはるかに超えているはずの長男が小さく小さく見えたあの日。

たかがセンターで点数がとれなかっただけなのに、

まるで何か悪いことをして取り調べでも受けているようなあの姿。

私は長男がセンターに失敗したことよりも、そんな姿がつらかった。

今思い出してもまだ涙が出てきます。

そして追い打ちをかけるように担任から言われた言葉、

「(第1志望大を)受ける意味があるのか?
(浪人確実で)今からお金がたくさんかかるから
近くの大学で良いんじゃないか?」

生徒を受験に向かわせる時の言葉がこれ??

この言葉、今でも忘れません。悔しい・・絶対に合格して見返して

やりたい・・っていまだに私は思っています。

お金がもったいないって言いながら、後期に他の学部の大学を勧める。

なんか矛盾してない?絶対に受けるもんか!!

それこそお金がもったいないじゃない!

そんな話をやはり医学部に向けて2浪目のお子さんを持つ母に

話したら、

「うちも同じ、得意の物理でマークミスして半分しか取れなくて・・・。
もう医学部はムリだからって前期で他の学部を勧められたんです。
息子が「受かっても行かないので受けません。」って言ったら、
「そんなことは受かってから言え!」って怒られて、
目の前で大きな体の息子が小さくなって泣くんです。
私もその姿に泣きました。
でも一体誰のための受験なんでしょうね?!
学校の合格実績のための受験としか思えませんでした」

そう言いながらその母、思い出したのか1年以上も前のことなのに

涙を流していました。私もつられて涙・・・。



前回の予備校の保護者会で、たまたま長男の担任の先生と

話す機会があって、

「学校からは(第1志望大を)受けるのはお金がもったいないって
言われたんですけど、受けさせて私は良かったって思っています。
受けてみて「やっぱりまたここを挑戦したい」って思ったようですし。」

と言うと、

「はあ~?学校はそんなことを言うんですか??
僕は自分の行きたかった大学を受けるっていうのはとても意味が
あると思っています。絶対に何かが残ってくれるんです。
それはお金には換えられない大切な何かなんです。
きっと他の大学を受けていたら得られなかったと思いますよ。」

この先生の言葉に救われました。

「受験してもっと(第1志望大)に合格したい」って気持ちが

強くなったと長男は言います。そこで感じる何かがあったのでしょう。

これが先生の言われる「何か」で、今を支えてくれているものです。

もちろん結果的にセンターが目標に及ばない場合は志望変更を

しなければいけないのは長男も充分承知です。

だからこそしっかり土俵に上がれるよう頑張りたいそう。



学校の名誉のために・・ もちろん素晴らしい先生もたくさんいます。

たまたま担任の面談がそうだっただけです。

予備校の英語の授業だけはいまいちのようで、高校の時の尊敬する

先生にメールしてアドバイスを受けています。

(第1志望大)の傾向を分析してくれて、似たような傾向の大学を

いくつかあげてくれてそこの過去問をしっかり解くようにと

アドバイスをくれたようで、親としては本当にありがたく思っています。

ただ長男も

「もし合格しても(担任)には挨拶に行かない。
どうせ俺が合格するなんて思ってもいないだろうから・・」

って言っています。

やはりあの日の言葉、自分を信じてくれていないという想い、

私以上に悔しい想いが残っているのでしょう。


センターまでもう2カ月を切りました。

長男が前向きなので、今のところ私も元気です!

自分の志望大への気持ち、悔しい思い、

励ましてくれるすべての人への感謝、

すべてを力にかえて頑張れ!!!

自分のための受験なんだから!

そう願う浪人生の母です。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私も息子の初受験が終わってから、もっと調べてあげるべきだった!と後悔したクチです。

学校の先生ってどうしてそうなんでしょうね。
うちの長男の時も、とにかくA判定の国立大をゴリゴリ押しまくりました。まったくお門違いの学部で。

次男の時は、理解ある担任で家庭とタッグを組めた気がします。だけど、学校の方針や教科の先生のイジワルとも思える行為に泣かされましたけど。

misaさんの長男君には、悔しさを爆発させてジェット噴射で突破して欲しい。いえ、突破出来ると信じてます!!
なんたって信念がありますもん。
そんな予感を感じ取ってるからmisaさんも元気なんでしょうねv-91
misaさんがついてれば百人力ですよ〜。

寒くなって来ました。身体に気をつけて!といっても、離れた宿舎住まいで心配は尽きないと思いますが。最後まで走り抜けますようにお祈りしてま〜す。

非公開コメントさんへ

いつも応援ありがとうございます。

先生とは相性もありますね。
特別に嫌いってわけでもないけど、好きでもない
そんな感じのようです。
厳しい言葉もそれまでに愛情を感じていれば受け取り方も
違うのでしょうが・・。
少なくとも愛情は感じられませんでした。
悔しいと思わせることが目的なら
それは成功かもですね^^;

息子さんも頑張っていることでしょう。
寒さも本格的になってきましたもんね?!
体調に気をつけてください☆

itikaさんへ

遠い場所から応援ありがとうございます!!
昨日からとても寒いでしょう??!!

小さな背中・・戻りましたよ(笑)
でもまた今度も失敗したらあの姿が・・って思うとね・・^^;
まあ、今から先回りして心配しないことにします^^
娘さんの受験がitikaさんにとっても親として初めてですもんね。
体調を崩してしまったけど、いつか良い思い出になるだろうと
思っています。でもそれが本人の負担になるようでは
ダメなんですけどね^^;だから頑張って平然を装っていました。

娘さんの「まるでのび太でも見るような眼」って名言じゃないですか~?
itikaさんには悪いけど笑っちゃいました~
なかなかセンスありますね!
今日から中間テストですか・・。
私は長男の時からあまり学校のテストを気にしたことがなかったです。
まあ、推薦を受けないってこともあったのかもしれませんが、
模試も定期テストも「どこが足りない力か」を知るためなので、
終わった後の方が大切だと思いますよ。
あとテストに慣れるっていう意味でも時間配分、見直しなどなど
大学入試に向けての訓練って思っています。
くれぐれもその結果で自信をなくしたりランクを落としたり
することがありませんように~!


なまわさびさんへ

そうなんですよね~もっと知っておけばよかったっ思います。
それで何かが変わったってことはなくてもです。
特に「センター対策をもっと早くから」これが学校は失敗なのかと
思います。きっと次男の時には「センター、センター」と
うるさく言うことでしょう^^

先生も色々で・・次男の今の担任なら良いな~って思います。
長男の担任は「後期はここ(旧帝大)でも良いかな~って思っているんだよ」
ってなんかニコニコしながら言うんですよ(怒)
もちろんそこは私には「何をする学部ですか?」って感じ・・。
あ~やっぱり進学実績しか考えてないんだ・・そう思いましたね。

ジェット噴射、そうですね~(笑)
少々の馬力じゃ追い上げられないです^^;
そのために美味しい燃料(ご飯)をたくさん与えてきました。
私はなまわさびさんが応援してくれるので百どころか千人力です!!
やはりなまわさびさんの「なるようにしかならない」って言葉、
それに尽きる気がしています。いつも言い聞かせています。

「うちの親うるさくないから気が楽」って長男は予備校の友達に
言っているそう。先回りして心配して余計な言葉をかけるより、
何かあった時に最善を尽くしてあげればそれでいいですよね!

面談、お疲れ様でした。

うちの次男も三者面談がありまして、
夏休み明けからの模試の成績がよくなかったけれど
日曜にあったプレでは、センター合格も取れる点だったとたーーと話したのに
今、滑り止めに考えている大学より、下も考えてくださいーーと言われました。
で、面談は5分で終わり、あきらめず頑張って!もありませんでした。
うちの次男は、情けない奴ですが、それでも腹が立ちました。
私立の進学校でも、たいした話はないです。

目標をもっているだから、頑張れるのにーーと
ほんとに思います。
予備校は、そこが違うんですね。

私は、次男がもし第一 第二志望に合格したら
担任にいやみを言ってやる!と思いましたよ(笑)
だから、長男さんもいやみを言いに行きましょう~!

負けないで

選択肢の多い地域性とか学力とかが関係あるんですかね。
長女の担任の先生からは「僕の薦めた県外私立滑り止め大学は、とうとう受けてもらえなかったなぁ」と笑われただけです。
その私立大に進んだ長女の同級生男子が、長女の合格を知って、「僕も浪人しとけば良かったかな」と言い、同じ予備校に行った男子から「長女ちゃんは本当に頑張って合格したから、君ならどうだか…。それに浪人を軽く考えてほしくない」と言われたそうです。長女はちゃんと見てもらえたんだと嬉しかったそうです。
ここからは私の話。昔共通一次を受けた私は、英語で大ミスをしました。ページをめくったところに問題があると気づかず、大問2題を解かなかったのです。自己採点で気づいて号泣。父を亡くしていた私には、自宅通学の国立大学しかなかったのです。(母子家庭で大学に行くのがけしからんと責められたのは別の話)
でも担任の先生が「あそこは英語はものすごく難しいから、国語と小論文で巻き返せば大丈夫」と。毎日国語と小論文の特訓をしてくださって、合格できました。
昨年、友人が「先生の家に遊びに行こうよ」と音頭をとって、8人集まったんですよ。
昔は人生を変えて下さる先生がいましたね。今はそれが予備校の先生なのかな。

ずいぶん寒くなってきました。
 misaさんの愛情いっぱいの思いを感じると同時に受験前のいろいろな事を思い出しました。
 息子が出た高校もかなり進学実績のこだわっていたので担任の「こころない言葉」の傷ついた長男さんの気持ちよくわかります。
 はじめから地元の旧帝大2校を進める副担(進路指導のカリスマと呼ばれてた)に国立を受けないなんてと言われ息子は黙って下を向くしかなかったようです。(小さい時に私にお説教されたら下を向いて頭の上を言葉が通り過ぎてゆくまで待つんだと言っていましたから)
ただ1、3年担任が理解ある女の先生で、しかも息子が小6年の時に1年に入学した子供さんのクラスのお世話をしたらしく子供さんが息子のことを覚えていてくれたようです。
そんなこともあって私も話やすかったです。(入学した時にビリの成績では思いで話しか出来なかったんです。なさけない)
 これからますます寒さが厳しくなります。御身体ご自愛ください。

 息子は来春、今の下宿を出て一人暮らしをします。下宿は基本男友達も呼べません。
なんで?主人が一言「そりゃ、彼女ができたからだろう。男だから俺にはわかる」って言ってます(笑)
本人には怖くて聞けません。お正月に帰ってきた時に聞いてみようかな?

jukenmomさんへ

> うちの次男は、情けない奴ですが、それでも腹が立ちました
いつも次男君に厳しいjukenmomさんもやはり子供の底力を
信じていますよね?!
ホントに、なんで今のこの追い込みの時期に「頑張れ」も
言えないんでしょう。たった5分のそんな面談なら
わざわざ出向く必要はないですね。
jukenmomさんの方が分析くわしいじゃないですか^^
やはり学校任せではいけないんだ・・私も改めて思いました。

嫌味ですか?!(爆笑)言いたいな~~
「先生はうちの子が医学部に受かるなんて思ってもいなかったでしょうけど」って。
私はどうしてあの時、「お金の問題ではありません。たとえ落ちても
次につながる受験をさせてあげます。他を受けても何の意味もありません。
それこそお金の無駄です。」
って言えなかったんだろう・・って後悔しました。
長男を守ってあげられなかった・・ってね。
次男の担任にならなくて良かった・・ってホッとしました。

はーこさんへ

長女さんの話、まさしくお友達の言葉通りだと思います。
浪人したから受かるのではなくて、浪人してさらに努力するから
合格できるんですよね!そんなに簡単なことではないです。
同じ予備校に行った小学からの同級生女子が、
「(長男は)、めっちゃ頑張ってますよ!!だから大丈夫ですよ」
って何度も言ってくれました。やはり嬉しかったですね。
でも「お互いに(彼・彼女にする)タイプじゃないけど、
他の好みはすごく合うんです」って
その子のお母さんもいる前で私に言ったので、お母さん申し訳なさそう
でした(笑) でもそれだから友達でいられるんですよね。

私にも高校の先生で今も忘れられない言葉をかけてくれた先生が
いました。
先生にとっては何気ない一言でも、子供は覚えているものなんですよね。
はーこさんの先生はちゃんと試験傾向をわかっていて
逆転へ導いてくれた・・・それが予備校の先生が言われる
内容と似ているのだと思います。
予備校によって先生のカラーもあるかもしれませんが、
長男の担任はゆったりとしていながらも、医学部受験生を
数多く担当してきたのでアドバイスは的確です。
受験校も先生と相談して決める。
もし受かったら予備校に挨拶に行きたいって。
あ~信頼してるんだな・・って思います。
本来は学校の先生がこうでなくっちゃって思いますけどね^^;




菜の花さんへ

お久しぶりです。本格的に寒くなってきましたね。
どこにでも「国公立・旧帝大重視」の先生っているんですね?!
息子さんの大学、どの国公立にも負けないと思いますけど!
「下を向いて頭の上を言葉が通り過ぎるまで待つ」
あ~長男も面談の時そう思っていたのかも^^;
終わった後「あ~やっと終わった」ってため息をついて
いましたもん。
ビリの成績だから思い出話(笑)
いやいやしっかり最後はキメテくれたじゃないですか!!
担任に恵まれて本当に良かったですね。

1人暮らしの理由・・私もご主人の意見に一票!!
良いじゃないですか~
きっと息子さんなら菜の花さんががっかりするような
彼女は選ばないでしょう☆
聞いたら結果教えてくださいね!
でも1人暮らしの前に彼女の存在は認めにくいかな?^^;

長男さんの高校の担任の先生って、学校の実績を重視する人だったんですね。
私まで悔しい気持ちになっちゃいました。
そういう先生に子供を預けるのはハッキリ言ってイヤですね。
長男さんが「合格しても報告しない。」って言うのも分かります。

長女の高校は「自立」が校訓って感じの学校だったので、1~3年どの先生も本人の将来の方向性を聞いてくれて、学部や大学を絞っていったので、そういう点では良かったなぁと思います。

高3の時に行ってた塾は予備校だったので、やっぱりデータの分析とかは、食い入るように見てしまった記憶があります。塾の担任も、志望校は絶対変えるなと励ましてくれる先生だったので、本人も支えられたのだとあらためて思いました。

長男さん、この時期前向きなら絶対突破できると思います。
それに支えるmisaさんも、私はとっても尊敬します。
misaさんの御家族は幸せ者ですよ!!

バンブーさんへ

学校自体が東大他国立難関大、医学部進学の数字にこだわっています。
担任は1・3年同じ先生だったんですが、
2年受け持って最後の言葉がこれ??って思うとかなりがっかりでした。
おそらく結果を出せない生徒はなまけているからって
思われているのでしょうね?!
生徒が頑張っているのかそうでないか2年も受け持って
わからないの?それも情けなかったです・・。
夏ごろこの先生が予備校に激励に来るって噂が流れた時、
「俺行かないから」って長男は言ってたそうです。
公立中の3年間の担任が素晴らしかったから余計に
高校でこれ?って感じです。
担任が良いと進学率も良いようです。
うちのクラス・・浪人多いです^^;

私も予備校のイメージが変わりました。
もっと冷淡なのかと思っていましたが、そうでもなかったです。
でも来るものは拒まず、去る者は追わずってところもあるのか
やはり生徒が先生をうまく利用することが大事のようです。
データもすごくわかりやすいです。

バンブーさんの応援、感謝です☆
「親として適切な距離を置きつつ最善を尽くす」
今のところこれが大切かと・・。
バンブーさんも次女さんにしっかり頼られているじゃないですか?!
女の子のお母さんとしての私の目標です。
(2人ともホントに素直な娘さんで・・)

学校は、有名大学に何人合格かに価値を置きます。
私も夫もその中で受験し、夫は浪人を選択できずに進学した経験があって、長男の思いを尊重する「浪人コース」にしました。
そういえば長男の時も、先生が、今から受けられる大学を熱心に勧めてくださるのを断るのは、精神的にもきつかったです。
受験は、学校と本人任せでは足りないと思ってます。
misaさんは、予備校の道を長男君に行かせたことで、十分に長男君を守って、応援してきたと思います。

センター、近づいてきましたね。ここにきても、テストによって変動する長男の出来が怖い。
長男に内緒で、他の大学を秘かに調べている私です(汗)

ミロママさんへ

うちも「浪人コース」です^^;
選択したというよりもそれしかなかったのですが・・。
もっと学校を選べる学部だったら迷いますね。
現役で行けるところか浪人してでも行きたいところを受けるのか・・。
ほとんどの受験生と親がそこで迷うのだと思います。
もちろん家庭の事情もあります。
長男君の先生、断るのが申し訳ないくらい熱心に考えてくれたなら
それはそれで有難いですね!

「長男に内緒で他の大学を・・」
わかります~(笑)
私もやっと第2志望を聞き出しました。渋々答えましたよ!
そして担任との面談を希望させて、考えられる大学を聞き出して
願書・ホテルの手配など進めています。
でもこちらが第1志望以外の話をするとあちらは乗ってきません。
でもね・・浪人だからね・・・ちょっとは考えようよ~。
勝手に先回りしている私です。
早く入試が終わってほしいようなまだ来てほしくないような・・
複雑です^^;

非公開コメントさんへ

先生のタイプも色々ですね。そして親も・・。
浪人生の母で「あの時期(12月)はキビシイことを言ってほしかった」って
言う人もいましたし、「子供の気持ちを下げるようなことを言って意味があるの?」
っていう人(私もこれ)もいて、先生は難しいかもしれないですね^^

努力しているのか足りないのか?気持ちが緩んでるのかプレッシャーで
押しつぶされそうか?浪人してでも行きたいのか現役にこだわるのか?
それぞれ違うのでそれを先生が少しでも把握してくれていたらな~って
思います。やはり日頃からの信頼関係なのでしょう。

先日予備校の先生と面談をしたようで、考えられる受験校を
センターの得点率で3校ほどあげてもらったようです。
本人も納得の内容・・やはり担任を信頼しているようです。

やる気スイッチは頭の中かぁ~~^^
場所がわかっていて自分で「ON]できる長男さん、
なんかそれだけでも合格を手にしそうな気がしますよ~
とっても落ち着いて安定していますね。
日頃の態度などからも担任の先生も何も言わなくても
大丈夫って思っているのではないのでしょうか?
私が担任でもそう思うかもです~

京都の母さんへ

お久しぶりです!いつも温かいお言葉ありがとうございます。
コメント、気を使われていたんですか?
私は全然・・皆さんからのコメントに励まされています。
もちろん京都の母さんからも・・。逆にコメントがなかったので
娘さんのことでお忙しいんだろうな~って思っていました^^

娘さんもいよいよですね。でも予備校と違って現役生は模試や
学校のテストに追われます・・ホントに大変でしょう。
そんな中、気持ちが安定しないのもわかります。
美味しいご飯で気持ちを和ませてあげてくださいね☆
離れているとそれもできないのでうらやましいです。

母親って妊娠・出産という大きな経験で味わった感動が
子育ての大きなベースになっていると私も思います。
そこが父親との違いなのだろうとも。
でも赤ちゃんがお腹の中から世の中に生まれ出てくるあの強さを
思いだすと、きっと子供達には自分たちで生きていこうとする力が
備わっている、それを親は見守りダメにしてはいけないって思います。
ほどよい距離、難しいけど大切ですね。



長男さん、クラスで1人だけ浪人・・にびっくりしました。
それはさぞ心細かったことでしょう・・。
でも学校の先生、素敵です。挫折も経験した先生の言葉は生徒にも
響くものがありますね。それにしてもお2人とも3年間同じ先生って・。
そんなこともあるんですね?!嫌な先生だったら最悪(笑)

長男はおかげで予備校の先生に恵まれました。
ときに入りすぎる肩の力を少し抜いてくれる先生です。
離れている分そういう先生との出会いに感謝しています。
講師の先生方もとても個性的で素敵(もちろん内容も素晴らしい)みたいで
授業がとても楽しいそうです。
あとは最後まで合格への執念を持ち続けることです。

京都の綺麗な桜に負けないくらい
お互いの子供たちが大きくて立派な花を咲かせられるよう
大切に見守っていきましょう☆


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

京都の母さんへ

次女さんのことが書いてあったので、もしかして非公開設定だった?と
思い私の判断でコメントを公開しませんでしたが、
良かったですか??もし公開でかまわなかったのならおっしゃってくださいね?!

次女さんの件、うちのこれから中学になる娘と重なりました~^^;
確かに私も長男、そして次男にばかり目が向いています。
娘が大好きでかわいがってくれる次男が巣立って行ったあと
さみしいだろうな~そう思いながら読ませていただきました。
とはいえ、やはり夜遅くの外出は心配ですね。
「女の子だからダメ」っていう言葉は今の子は嫌いなのかもしれませんが
やはり「身を守る」っていう意味でも私は娘に嫌われようが
そこは「ダメ」って言い続けるかな~と思います。
だって親ですもんね!!
それにしてもやっぱり中2って一番大変な時期ですね。

DAIGOですか~!(笑)ほめ過ぎですって^^;
じゃあスプーン曲げられるかな??
メンタリズムで長男の合格をどうにかできないかな~?!
時にはストライクばかりの記事ではなくボール・カーブも
あると思いますが、気長にお付き合いいただけたら
嬉しいです。
こちらこそ京都の母さんとの出会いに感謝!です。
今日も雪が降っているのでしょうか?
実は私もそちらの市内に5年ほど住んだことがあるんですよ~。
今でも同級生がたくさんそちらにいます。
どこかで出会っていたかもですね^^




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。