子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2浪の息子へ

2013.06.27 (Thu)

お久しぶりです。義父が入院・手術をしたもので

毎日病院通いで忙しくしていました。

おかげさまで順調に回復していますので、

今日はブログに向かっています。


さて我が家の2浪目の長男。

皆さんのイメージでは、2浪生ってわき目も振らずに

それはそれは必死に勉強しているイメージがあるかと思います。

私もそう思っていました。だって2浪ですもん。

でも実際には2浪目だろうが何だろうがそこに「心」があるから

みんなが同じわけではないのが長男を通してわかりました。

予備校にも通っています。勉強もしています。

でも・・・なんか違う・・もっともっと必死になったら?

そんなんじゃまた落ちるよ!もしかしたら去年もこうだったの?

だから落ちたの?そう思わせる日々が続いていました。

それにプラスして5月病・・・夫もある時言いました。

「ほかの道も考えておかなきゃいけないな・・。」



そんな時親戚の娘さんから電話をもらいました。

この娘さん、3浪の末私立の医学部に進学しました。

その娘さんが私にこう話してくれました。

「1浪目は高校の延長って気がして全然つらくありませんでした。
これで頑張れば受かるって思ったからです。
でもそれでも落ちて、頑張ったのに落ちたっていう現実があると
2浪目は精神的に1浪目とは比較にもならないほどつらかったです。
自分のモチベーションをどう保つか・・それがすごく難しかったです。
3浪目もセンターがとれていたのに最後の1か月頑張れなかった・・
なんで頑張れなかったんだろうって今でも悔やんでいます。
目の前に合格があるのにつかめなかったんですから。
長男君も精神的にとてもつらいと思いますよ。
でもおばちゃんが見守ってくれているだけでうれしいと思います。
私も母に感謝していますから。」

同じ経験をしたからわかる気持ち、すごく納得しました。

モチベーションをどう保つか・・・まさにそんな感じです。

理屈ではそんな甘いことだから駄目だって思います。

でも今はLINEやFacebookなどで友達の情報も入ってきますよね。

同級生はほとんどが大学生になって自分の知らない世界を楽しんでる・・・

でもいまだに自分は高校の勉強をしなければならない・・・

自分よりさぼっていた人が合格している・・・

学校が推薦できなかったような問題ありの人が自己推薦で

医学部に合格した・・・

あんな奴が医者に向いているってこと?やってられない・・・

そんないろんな思いで糸がプッツンって切れそうな状態だったような

気もしました。


ある日車の中で長男と話しているとき、私は言いました。

「自分のために頑張れない人は、他人である患者さんの
ためになんて頑張れないと思うよ


2浪してそれでも医学部を目指す長男に今一番伝えたかったことです。

「そうだね・・・」とだけ長男は言いました。

それから何日か経って東進の林先生が受験生へ贈る言葉の話になりました。

「林先生は受験の1か月前に必ず言うんだって。
この1か月頑張れる人は1年頑張れる
1年頑張れる人は10年頑張れる
10年頑張れる人は一生頑張れる、だからこの1カ月は大事なんだって」


「確かにね・・・
この前お母さんも言ってたわ
自分のために頑張れない人は患者さんのためになんて頑張れないって
あれ、ほんとにその通りだと思った。」


長男そう言いました。

伝えたいことがいつも必ず相手に伝わるとは限りません。

でも一番今伝えたかったことがちゃんと伝わっていたんだと思うと

とても嬉しかったです。



まだまだこれからも厳しい戦いは続きます。

それでもすべては自分のため、頑張れ!!







<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

三女が1日実習に行って、癌患者さんと話したことをレポートにしているのを見て、人の傷みのわからない医師に診てもらいたくないなと思いました。
挫折や苦しみは必要な試練です。
順風満帆な医師に診てもらいたくないです。
勉強と病気は違うけど、乗り越えた時に患者さんにかけてあげられる言葉があると思います。

確かに最後1ヵ月と最後の最後まで
正しい努力をした人は合格します。

自分よりサボっていた人の合格は、そう言ってただけで、ほんとは努力したのかもしれませんし、推薦で合格した人の合格は、入学してから入試以上の相当な努力をしなければならなくなってると思います。
合格だけを聞けば、いい気持ちがしないでしょうけど、それ相応の事をしてなかったなら、どこかでひずみが出ます。
そういうものなので、あまり気にしなくていいと思います。

余計なお世話ですけど、もし他を考えるなら
最も近い学部を選択し、編入制度をとってもいいと思います。
昨年それで合格した人がいましたので、制度のある大学など調べておくと、役に立つこともあるかも知れません。
応援してます。

はーこさんへ

娘さん、もう実習があったのですね?!
今からたくさんの経験をされていくんですね。
(私も結婚前は看護師でした^^)
その中で考えさせられることもたくさんあるでしょう。
私も医師は技術と人間性どちらも大切だと思っています。
ひとりひとり違った人間を診るわけですから
数式や公式で解くようにはいかないわけですもんね。
長男の医学部に進んだ友達を見ても
成績が良い=診てもらいたいではないです。
はーこさんのおっしゃることよくわかります!

jukenmomさんへ

他の人のことは考えても仕方ないんですよね。
私も頑張った人たちの合格はうれしかったんですが、
推薦で受かった人だけはやりきれなかったです。
まあ、案の定大学ですでに浮いた存在らしいです。
でも地元の医学部にもいるらしいんです。
授業中歩き回ったりする人が・・・。そして卒業できず・・。
何のための面接なのかって思っちゃいます。

編入は聞いたことがあります。
普通に医学部を受験するより難関とも聞きました。
でも調べてみます☆
医学部でなければ文系なんです、長男は。
でももう科目が理系選択だから無理なんですよね・・。
実際に医学部をあきらめてほかの学部に行ったのに
大学の授業中に医学部受験の勉強をしている人が多数いる大学があるそうです。
いわゆる仮面浪人・・・
びっくりしました。

私の職場に30過ぎて働きながら勉強して医学部に合格した人がいました。仕事しながらもどうしても医者になる夢を諦め切れなかったみたいです。
私はず~っと「お医者さんみたいな人だな」って思ってたんですけどねv安心感があるっていうか・・・常に穏やかで、何でも話せそうな人柄でした。
だから、医大に行きますvって言われた時も「その方がいいv」って思っちゃったわv
ピィの学校は「S台付属高校」というありがたくない名前を頂いてる学校で、先生は殆ど進路「指導」をせずに「自分の夢を諦めるな!」と応援してくださるようです^^;楽な仕事だよねv
でも夢=現役合格じゃないってことv
「回り道という道は無い、また君の後ろに道は無いv目の前に自分の進むべき道があるだけだ」ともおっしゃいます。
長男君は素敵なお子さんだし、やっぱりそういう人は「医者になるべき人」だと思う。
それにmisaさんの言葉も素敵~♪
ずっと応援してますよ!!

ご両親の気持ち、絶対に伝わっていますね。。
見守ってくれている事、応援してくれている事、それにこたえたいという思い、
沢山の事を抱いて勉強を頑張っていると思います。
そんな中、一瞬力をふわーと抜きたくなる事があると思います。
周りの思いや自分の立場が分かれば分かる程、そうしないと持たないのだと思います。
ラストスパートの時にそうならない様、ラストは一心不乱に目標に向かえる様、協力してあげたいですね。。
misaさんご家族なら絶対に大丈夫です。

ぽうちゃんさんへ

30歳過ぎてって浪人している息子たちより過酷ですよね。
でもどうしてもなりたいって気持ちがあると乗り越えられるものなのでしょう。
最終的に私は学力もだけどその気持ちの強さが大事かな・・って思います。

息子さんの高校、「S台附属」ですか(笑)
台が大でないからあのうちの息子もお世話になったところですね~
お得意様がたくさんいるってことね!
でも先生方の指導、良いと思いますよ!
どうしても現役にこだわるのか、自分の目指すところにこだわるのか・・
生徒によって違いますからね。
学校の進学率の数字より子供のこと考えてくれている気がして
好きですけど^^

応援ありがとうございます~
うちの次男もだけど息子さんもすぐにやってきますね・・受験が^^;
ともに頑張りましょう!!

itikaさんへ

医学部に限らずどんな難関大でも勉強が得意な子にとっては
なんてことないのかもしれませんが、微妙なうちの子にとっては
とってもハードルが高いです^^;
娘さんもいよいよ本格的に受験生になってきましたね。
もう7月になっちゃいましたもんね・・早いです・・。
「勝てる気がしない」多くの人がそう思っていると思いますよ。
でもそう思うからこそ頑張る人に最後は女神がほほ笑んでくれるのかも。
油断は禁物、現役生はこれからが勝負です!!

華さんへ

推薦でも高校時代にちゃんと努力を怠らなかった人は
大丈夫だと思います!
でも医学部も推薦はほとんどがセンター試験が課されます。
それが平等だと思いますね。
同じ評定でも学校によって学力の差はあるでしょうから・・。
記事中の人は学校が絶対に出せないって言われた人なんです。
息子さんとは全然違いますよ~!
まだ部活が終わっていない・・大変ですよね?!
だから余計に受験生って実感がないのかもしれませんね・・。


京都の母さんへ

長女さん、頑張っていますね。
バイトの経験も無駄じゃないですよね。
きっとお金を稼ぐことでご両親に感謝の気持ちも沸くのではないでしょうか?!
長男さん、心機一転って?
何か思うところあるのでしょうね~^^

次女さんの周りは少し落ち着いた感じがしましたが・・
母さんがしっかりお断りできるようになったからかな?^^
元彼君はあんな生活なのに優秀なんですね。
もったいない気がします。
真剣に勉強してちゃんと自立できる男になってほしいですね。

私も1年頑張ります!!
そうしたらあと10年も頑張れそうですから・・^^

ひなさんへ

そうしないと持たない
ひなさんの言葉、そうかもな~って納得しました!
ありがとう☆
手元に置いてみて、去年見えなかったものが見えているだけなのかも
しれません。
人間ですから感情の波はあって当然ですね。
確かにラストスパートにそうならないよう
悩むときはしっかり悩んだほうが良いですね。

華さんへ

帰らない日もあるってことに驚きました!
もしかしたら息子さんもホントは困っているのでしょうか??
そうだったら先生に相談しても良いかなと思いました。
(ご存じのようだし)
本当に困っている・・と。
相手あってのことなら華さんと息子さんだけでは
解決は難しいのでは?と思いました。
息子さんが嫌がるでしょうか・・?
でも自分でどうにもできないならそう考えているって息子さんに意思表示しても
良いのでは?
長男の同級生に逆のパターンがあって、学校介入で解決しました。

 長男くんは高校生の時からずっと戦っていますね。
ご家族も戦う長男くんとずっと伴走しているので、たまには力を抜いてくださいね。
 昨年、著名な教育者の講演会に行きました。
「親しかできないことは、受験生の心身の健康管理」と言ってました。本当にそう思いました。

長男くんと話したのは、雨の日のドライブ中かしら?
misaさんの気持ちは通じていますね。

華さんへ

あ~良かった・・私の勘違いだったんですね。
ですよね・・そうなったら問題です!!
学校の先生に会う機会があれば状況を知っていてもらうのは
良いのでは?すべてお話しても・・。
相手の親御さんにも理解してほしいならそれが近道と思います。

ウーティーさんへ

そうですね・・長男だけでなく私も大学受験生の親
3年目なんだ~改めて思いました。
ホント、どちらも時には力を抜くことが大事ですね^^
とはいえ私も1年1年想いが違いますが。

「心身の健康管理」親ができるではなく「親しかできない」
って言葉の違いに深みを感じます。
ウーティーさんが勧めてくれた役員のおかげで
この数か月は忙しい日々です。
だから長男ばかりに意識が集中せず、お互いに楽なのかも。

お互いに朝は弱いので^^;「ドライブ」中は静かです。
その代り以前紹介したGREEEENの曲が入ったCDをかけながら
送っています。
記事中の会話は焼肉を食べに行った日でした^^
タイミングを間違うと同じ言葉でも通じないですからね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。