子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっといつかは役に立つ

2013.07.19 (Fri)

毎日暑い日が続き、先週クラスマッチだった次男はそれから

食欲があまりない日が続き「夏バテ」状態です。

皆さんはいかがですか?

1か月半ほど入院していた義父もようやく来週の月曜に退院が決まりました。

毎日病院に通う日々ももうすぐ終わり、やれやれです。

やはり毎日となると正直大変でした。

おまけに入院費をうちが負担しなきゃいけない状態に・・・

ボーナスなくなりました(涙)。

お金がかかる時期なのに・・・。

医療保険は終身のものにちゃんと入っておかなきゃ

子供たちに迷惑をかけますね。

自分たちの保険も内容をもう一度きちんと確認しなきゃと思いました。


義父は腰椎骨折で手術をしたのですが、

執刀医のベテランの先生のほか2人の医師が担当をしてくれていました。

若手の医師K先生とB先生、手術の説明をしてくれたのはB先生、

とても優しい穏やかな先生ですが、声が小さいんです。

83歳の義父、ずっと頷き聞いていましたが、

「お父さんは全然わからんかった」

と終わった後に言っていました。(やっぱり・・・)

途中で「僕は声が小さいんですが、聞こえますか?」とB先生、

いや、わかっているんなら頑張って大きな声だそうよ~って感じです。

まだ若くて不慣れなのか、説明内容もあちらこちらに飛んで、

看護師の経験もある私でもわかりづらかったです。


一方K先生、声は大きいし術後の説明も骨の模型を持ってきてくれて

わかりやすく説明してくれます。

難しい説明よりも「患者にとって聞きたいこと・大事なこと」を

端的に説明します。

今もしばらく歩くと腰に痛みがあり不安を持っていた義父、

それをK先生に話すと、手術前まで痛みで前かがみになっていたため

筋力が衰えていることが原因、そして「この痛みは我慢しても動かなくては

いけない痛みです。動くことで筋力がつき次第に痛みも楽になります。」と。

それで義父も納得、直前まで「この痛みはなんだろうか?

動いてひどくなるんじゃないか?」って言っていたのでまさに聞きたいことを

的確に説明してくれた感じです。

もう一つ感心するのは、患者さんの動作を確認するときに、

「立ってみてください」ではなく、

「○○さん、ちょっと立つところを見せてもらえませんか?」と。(低姿勢で)

そう言われれば患者さんは、

「よっしゃ~先生がそう言うなら」って感じで立ち上がる、

「あ~ばっちりです!良くなってますね~ありがとうございました」

もう患者さんはご機嫌です。(義父でなく偶然見かけたやり取りなんですが)


ちょっとの言葉の違いなんです。

「先生」って呼ばれてても目上の患者さんだらけです。

偉そうにせず、気持ちよく患者さんに動いてもらう心配りがK先生には感じられます。


別に医師だけではなく、社会に出たら心配りって大事だと思うんです。

人に気持ちよく動いて(働いて)もらう言葉かけ・・・。

でもこれってそれまでのいろんな経験から学ぶことかな・・とも思います。

最近、私立中に息子を入れている母と話をしたら、体育祭のリーダーを

選ぶときに「そんなレベルの低いことはしない」とか

「お母さんがそんなのしたら勉強しないから駄目って言った」

「練習が面倒」など・・冷めてる男子が多くて決まらないらしいんです。

受験がなくていろんな経験ができるから私立に入れてるんじゃないの?

びっくりです。反面、女子は立候補が多いとか。

今の時代、女子のほうがたくましく使える子が多い、男がつまらないのが

なんかわかる気がします。
(こんな男と娘ちゃんが縁がありませんように・・・)

みんなで何かを決めていくこと、先輩後輩のつながり、

終わった時の達成感など学ぶことは多いのにもったいないですね。


娘ちゃんがテニス部に入部したころに、3年の先輩に

「もしかして(次男)先輩の妹??あの先輩優しくて好きだった~」

って言われたそうなんです。もちろん次男は覚えていない人。

でも次男によく聞いてみると

「ボランティアの時、女子はしゃべりながらやってて、それを注意しても
反感かうだけだから、俺は「何話してるの~?楽しそう、俺も入れて」と
ちょっと入って「じゃあここは任せるからお願いね」と言うと
「は~い」って気持ちよくやってくれてた。
女子を制する者は学校を制するって感じ。女子は厄介だからね・・」

だそう。次男も生徒会長を経験して学ぶことが多かったのね。

きっと将来役に立つよ~夫も言いますもん、

「女の人を敵に回すより味方につけると自分の仕事が数倍楽」って。

あ、だから私のこともおだててる??

親から見れば勉強の時間が減ってそんなことをするなんてって思うことは

案外いずれは大きな役に立つ経験になるかもしれません。


ということで我が家は次男が生徒会でこの夏休みは文化祭・体育祭の準備、

そしてクラス合唱の指揮の大役を受けてきました。

娘ちゃんも合唱の伴奏に立候補し、オーディションで決定したそうです。

それぞれ責任をもってやってちょうだいね。

「きっといつかは役に立つ経験」だから!








<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

きっと

学生時代にしか体験できない事ってたくさんありますよね。
勉強も大事ですが、私も子供達にはいろいろなことに取り組んで人とふれあって成長してもらいたいなぁと思います。

学校行事は大変だし面倒なことも多々あると思いますが、きっといつかやくにたつ時が来ると思います!!

私が通っている皮膚科の先生も、今の状態や今後の治療なども分かりやすく教えてくれます。
いい先生にあたるとホッとしますね。

華さんへ

お返事遅くなってすみません。
今日やっと義父が退院したのでバタバタしていました。

お母様、人生の最後にそんな医師だったなんてほんとにお気の毒です。
人間性を疑いますね。
自分の言葉の重さをわかっていない、なんで医師になったんだろう
って思いますね。
長男の同級生でも医学部に合格した数名は長男から見て
決して医師には向かないであろうタイプ。
でも勉強ができるから合格できる・・。
きっとこれからもそういう医師は出てくるでしょうね・・。
華さんの長男さん、優しいからきっと向いていますよ。
お互いに夢を実現させてほしいですね・・。

バンブーさんへ

バンブーさんがホストファミリーを引き受けたことからも
思いが伝わってきますよ。
娘さんたち、しっかり育っていますもんね。
不景気な時代だからか、「勉強が第一」と望む親が
ものすごく増えていることを長男と娘の年齢差で感じます。
どうなるんでしょうね・・・そうやって育った子ってまた自分の子を
同じように育てますよね。

命にかかわる病気でなくても、説明がうまい先生って
信頼しますし、そういう医院は通う方がとても多いですよね。
やはり今は医師も選ばれる時代ですから・・。

お義父さん退院おめでとうございます♪♪
本当に大変でしたねv
これからもリハビリ辛いと思いますが頑張ってもらいたいですねv
経験・・・勉強するだけなら塾で充分ですものね~v
メール世代なので、実際患者さんと話せない医師が増えているってニュース見たことがあります。
友達の看護師も「医者は出身大学で決まるワケじゃないからね~」って言ってました。

長男の高校は1学期に文化祭&体育祭が終わりました。暑かったから大変だったわ~!!3年生を早く受験体制に持って行きたいからかなぁ・・・
せめて体育祭だけでも2学期が良いですv
女子・・・味方に付けられたら最強ね!!

役に立ちますよ!

 勉強する時間を削ってでも、学生時代に行事や部活で経験したことは役に立つと思います。
 
次男くんのように、うちの息子も高校で文化祭などの行事は中心になって頑張りました。同じように高校の合唱でも指揮をしたことを思いだします。

中学・高校で様々な経験をしたから、大学生になってからも、学祭や新入生のクラス対抗運動会みたいな行事でも、クラス代表として中心になっているようです。
リーダーをすると集団をまとめるためには、何をすると楽しくみんなが参加できるか、雰囲気を良くすることを工夫するようです。
イヤイヤやったことは、つまらないし結果がでないことがあると思います。
次男くんと娘ちゃんは、大変なこともあるけど楽しみながら取り組んでいると思います。

応援しています。

ぽうちゃんさんへ

ありがとうございます!
義父は年齢的に気持ちは若くても体力の低下は想像以上です。
いつか私たちも行く道ですからね、体を鍛えておくって大事です。

メール世代ね・・息子たちもそうだから笑えないんですけど・・
そのうち患者さんのほうも会話が苦手・・で、お互いに向き合って
タブレットで会話なんて時代が来るかもですね^^

うちの高校は9月の1週目に文化祭と体育祭があるので
まだ超暑い時ですよ!
3年生の夏も合唱やリーダーは応援の練習・・・。
それでも合格する子はするんですよね~~
もう息子さんの高校は受験まっしぐらなんですね。
あと1年後は・・そう考えると早いものですね^^;

女の子の取り扱いに慣れておくと将来は楽かな?!(笑)

京都の母さんへ

まだどちらの両親も健在なんですね?!
孫にとってはたくさんの愛情があって良いですよね~。
私も天使ではありませんので、退院して心の底からほっとしました。
自分を励ましながら看病しましたよ~だって義理ですもんね。
でもそれで夫が感謝してくれればそれでいいし、子供たちにもそういう
後ろ姿は見せておきたいし、何より自分の親に何かあったら
威張っていけるじゃないですか?!(笑)

次女さん、体調は戻りましたか?
はっきり言えばいいのに・・「迷惑だからやめて」って。(だめ?)
なんか自分本位のお子さんが多くてびっくりです。
このまま大人になるのかな・・心配です。
賢い彼としっかり合格をつかんで困ったちゃんたちとは
さよならしましょう!!この夏、頑張って!!

保険ね~私も確認してびっくりしたことがあるんです。
終身って書いてあっても内容をもう一度確認してみてください!
すべての保証が終身ではないんですよ~~~

華さんへ

私たちが良いな~って思う医師が本当は当たり前のあるべき姿なんだと思います。
息子さん、きっと覚えていますよ、その時の気持ち・・。
お母様は最期に息子さんに夢を与えて下さったんですね。
そう思うと素晴らしい最期だったと思いますよ。

うちの次男は人をガンガン引っ張るタイプではないんです。
どちらかと言えば普段はホンワカしてるんですけど、言うときはちゃんと言う感じかな。
上からの子・・いますよね~^^;
その子がよっぽど自分に厳しくきちんとしていない限り
誰もついてこないですね。
人を動かすって簡単にはいかないんですよね・・。
学校ってそういうことを学ぶ場所なんだと思います。

ウーティーさんへ

ウーティーさんの息子さんも高校時代、頑張っておられましたね!
それをちゃんと理解してしっかり見守るお母さんの存在が
さらにその後の息子さんを頑張らせたのだと思います!
そして勉強以外の経験が大学生になっても役に立っているとのこと、
嬉しいし息子さんにたくましさを感じます☆
次男もそうなってほしいな~。

> リーダーをすると集団をまとめるためには、何をすると楽しくみんなが参加できるか、雰囲気を良くすることを工夫するようです。
 
これって社会に出ても役に立つ大きな力です。
リーダーを経験すると、自分が新人の時もどう動けばよいかが
わかりますよね。
毎日、教科書には載っていない大切なことを学んでいるんですね。

華さんへ

みんながリーダータイプじゃなくても良いと思うんです。
自分の仕事を責任もってしっかりやってくれる存在は
リーダーにとって有難いと思います。
次男さんがそんなタイプかもしれませんよ。
私が一番嫌なのは、何もしないくせに文句や冷めた意見ばかり言う人。
きっと何も体験しないままそうなってしまうのでしょうね。
長男さんの指導者は小学生に高いレベルを求めすぎましたね。
それで自信を無くすなんてかわいそうに・・。
自信を無くす教育なんてね・・。

義理の関係はやはり大変でした。
でもいつかは自分も息子の嫁たちにそう思われる日が来る・・。
そう考えると元気にしておくこと、経済的に迷惑をかけないこと
が一番の子供孝行と感じました。

こんにちは。お久しぶりです。我が家のネット環境がやっと世間並みになって、しばらくぶりに訪問させていただきました。お父様は大変でしたね。今はリハビリ真っ最中でしょうか。
お子さん方もお元気そうで何よりですね。それぞれ頑張られているご様子に心からエールを送ります。何だか言葉がかたくなってしまいましたが、また遊びにきますね。

Yさんへ

Yさん、お元気でしたか?
次男さんは大学生に、娘さんは高校生に・・ほっとされたのでは
ないでしょうか?!
我が家はまだまだ大学生にはなれていません^^;
長男と次男のダブル受験だけは避けたいものです・・。
義父は何とか元の生活に戻りました。
少し離れたところに住んでいるので周りの方に支えていただいてます。
子供たちは・・もう小学生がいないのでずいぶん私も楽になりました。
自分のことも考えたいな~と思う今日この頃です^^
またぜひ訪問してくださいね?!
とっても更新をさぼっているので恐縮ですが(苦笑)

京都の母さんへ

お久しぶりです。こちらも暑いですよ~!!
冷房なしではバテてしまうのでフル稼働です。
電気代がこわいです・・。
私は暑いのに太り気味、なんででしょうね??

あの事故・・そうですか・・。
次女さんご無事で何よりです。
でも被害にあわれた方、あまりにもかわいそうです。
元彼君も命の大切さをわかってくれるといいですね。
うちの娘も行動範囲が広くなり、祭りにも夜友達と初めて
出かけたんですが、帰って来るまで心配でたまらなかったです。
母さんの気持ちと同じです。

長男さんや長女さん、たくましく頑張っていますね。
人にかわいがってもらえる性格っていいですよね☆
若いからこそいろんな経験を積んで、いろんな人に出会って
成長してほしいですね。


華さんへ

華さん、お返事がとても遅くなり申し訳ありません。
やっと夏休みが終わってパソコンを開けたところです。

今年の夏は暑すぎましたね。
息子さんのこともあり華さんバテバテじゃないですか?!
子供に気持ちを伝えるって難しいですね。
響いてほしいことが全然響いてくれないなんてよくあることかも
しれません。
案外、受験に必死に向き合っているお友達に
「お前何やってんの?ばっかじゃね?」
みたいに言われたほうが効果あるのかもしれませんね。
相手のお子さんがどう誘おうと、やはりそこに息子さんの意思が
あるわけで・・・。やはり息子さんが目覚めるしかないのかと
思います。失敗して初めて目が覚めます。
すごく遠回りになるけれど・・。
大人はそれがバカなことってわかっても、子供はわからないんですよね。
悔しいけれど・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。