子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意教科も得意でなくなった

2010.04.05 (Mon)

長男は国語と英語が得意でした。
得意なものはそのまま伸ばし、苦手なものを頑張ればよいはずでしたが、
高校に入って、国語と英語まで点数が取れなくなりました
理由は・・国語の古文・漢文や英語は覚えなくてはいけないことがたくさんあるからです。
中学までは英語も、あまり難しい単語はなく、国語が得意なら解けたのですが、
高校の英語は、単語・熟語など覚えることが膨大な量なのです。

でも、苦手な数学や怠けていたらとんでもないことになりそうな物理や化学に
時間をかけるあまり、国語や英語に掛ける時間は少なくなったのです。
それで、得意教科が全体の点数を引き上げるってことがなくなったのです。

「俺、何にも得意じゃなくなった・・
この頃長男は、自信を失っていました。
私もまさか、英語・国語で足を引っ張るなんて思ってもいませんでした。

とはいえ授業は毎日どんどん進んでいきます。
長男の科では定期テストでも、大学受験問題レベルが出されるのです。
「定期テストがこんなに難しいなんてあり得ん」
「平均点を目標にしたことなんて、今までなかった」

と、早くもスランプに陥ったのです

でも、周りを冷静に見回すと、すべての教科がまんべんなくできるって子はごくわずかで、
数学が得意でも国語で足を引っ張ったり・・・と程度は違うものの
みんななにかに苦しんでいるのがわかってきたのです。
「自分だけじゃないんだ・・」
そして「成績が良い奴ほど努力している。出来ない俺が努力しないわけにはいかない」
と言い、勉強し続けています。(おかげで、国語と英語は戻りつつあります)
まるで途中下車の許されない超特急列車に乗り込んでしまったみたいです。

テストで失敗する度に何かを思い、自分なりに勉強方法を試行錯誤し続けてるのかもしれません。
失敗に気持ちがへこたれていたら、落ちていくばかり、
毎日精神的にも鍛えられている高校生活です。
気持ちが強くないと受験は乗り越えられないのでしょう

うちの子もよ、それに私も高校時代は苦しんでいたわ~って皆さん、
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

これねー。よくわかります。
中学のときは100点とれてた定期テストが、へたしたら20点とかですよ!(><)
20点じゃまるまる赤点ですけど^^;
超特急列車に乗り遅れた次男は
鈍行でしか進めませんでした。

途中ジェット機にでも乗らないかぎり巻き返せなかったわけです。
高校って夏休みなんかがほとんどないから、
そこで修正もできなかったんでしょう。
そうならないためにも
日々精進です☆ファイト!

anonさんへ

やっぱりみんなそうなんですね。
赤点かも・・とか心臓に悪い言葉もたびたびです。

超特急列車もうちは立ち席なんでスピードの速さにふらふらしています^^;
指定席やグリーン席には座れそうにありません。
そう、夏休みも授業が進むし、今までは楽しかったはずの春休みは、数学160問、
その他の教科もプリント多数・・休みはありません(苦笑)
うちもジェット機必要かな~?(笑)

コラーゲン効くんですね・・・かなり心動いています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。