子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心穏やかに過ごすため

2014.04.04 (Fri)

長男が3浪することになり気持ちが落ち込んでいた時、

学生時代の同級生Yちゃんから息子さんの高校合格の

知らせがありました。

Yちゃんには3人の息子がいて、一番上の子が次男と同じ年で

学校は違うけど部活が同じだったので試合で

よく顔を合わせていました。

去年の夏ごろ、この長男君が学校をやめたいと

悩んでいたようで反抗期も重なりYちゃんは

すごくやつれていました。

結局学校は辞めて、でも次の道に進んでやっと

落ち着いたって頃に今度は3番目の子の反抗期、

どこも行ける高校はありません

そう学校から言われていたそうです。

その息子さんの合格、ほんとに嬉しそうでした。

そんなYちゃんからこんなメッセージがありました。

「人様に迷惑をかけたり悪いことするわけではないから
親が頑張れる間はやりたい仕事ができるように
頑張らせてあげたら。家も一人は薬学の研究をしたいと。
3浪までは頑張って夢を追いなさいと言ってます。
それ以上はお母さんが働けないからそこがリミットです。」

いろいろあって、時には警察に補導されたりもしたそうで・・・

そんなことを乗り越えたYちゃんからの言葉は

なんかストンと胸に落ちるものがありました。

長男が3浪することで誰にも迷惑をかけるわけでもないし

それが間違っているなんて誰からも言われたくないや。

開き直りです。

そう思わないとこの1年なんて乗り越えられない。


今の状況でもしほかの道に進んでいたら

「やっぱり違う。辞めたい」

そう言い出すのでは・・

これで良かったのか・・とずっと不安だと思います。

そのほうが私は辛いです。

実際に去年2浪であきらめ薬学部の道に進んだ人が

「薬剤師になりたくない」と言っていると最近聞きました。
 
大学に入ってみたら医学部をあきらめきれない

仮面浪人の人がたくさんいたとも。

そのお母さんもどうしても医学部に行きたいなら

3浪してほしかった・・

そう言っていたのが今でも忘れられません。

もちろん納得して他の道を自分で選んだならそれも

正しい選択だと思います。

自分で選んだ道なら子供なりに自分で責任を持つでしょう。


子育てに「こうあるべき」というものはあるでしょうか。

確固たる自信をもっておられる方もいるでしょうが、

私の子供3人もそれぞれ性格も違います。

同じ道を目指す長男と次男の受験も生き方も

きっと違ったものになるでしょう。

「みんなちがってみんないい」

その時々それぞれの子供と向き合って親としてできる

精いっぱいのことをしてあげたいと思います。




今まで長男の高校受験から色々と書き綴ってきたブログですが

もう書けそうにないな・・と感じました。

1月には追突事故にあい、3月には父が亡くなりました。

そして長男の3浪、次男が受験生。

少しでも心穏やかにこれからを過ごすために

このブログはここで卒業することにしました。

今までたくさんの素敵な方と知り合えて、

支えていただき とても楽しかったです。

感謝しています。

時期を見てブログを閉鎖しようと思います。

どんなことがあっても

やっぱり子育てっておもしろい

そう心から思います。








<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ブログ閉鎖は寂しいです。

私の主治医は医学部に入るのに6年かかったそうです

その経験があるせいか患者の身体だけではなく心の痛みにも気づいてくれる素晴らしい院長です。
長男さん まだまだ若い❗️
何度でもチャレンジできる
チャンスもある❗️

私は主さまのブログをみつけていろいろ励まされました。
ありがとうございました

長男さんの未来に幸ある事を祈念します。

2月19日の「前期試験まであとわずか」の記事に添削コメントしたものです。

今回の長男さんの不合格とても残念に思っています。
更新が滞っていたので、そうなのかなぁ…と思っていました。
3浪かぁ…たしかに厳しいですね。仰るとおり合格の保証もありませんし、モチベーションもどうかな…と。
でも、家族でよく話し合って出した結果なら、来年の結果がどうであれ悔いなく迎えられることだと思います。
1回ポッキリの人生です。悔いなくすごすことが一番ですよね。

さてブログの閉鎖ですが、一読者としてこちらは賛成です。

子供の歳が同じと言うことも有り、更新を楽しみにしていた時期もありましたが、misaさん、やはり最近(長男さんが2浪くらいから?)少し余裕が無いのかな~と見受けられる文章が気になるようになりました。

前回わたしが指摘した「医学部至上主義」てきな言い回しもその一つです。(※直ぐに柔らかな言い回しに書き換えUPされていて良かったと思いました)

自分のブログだから何を書いても良い とは言ったものの、やはりこちらのブログを訪れるのは「受験生」を身近に持つ人が多いだろうと推測します。普通よりデリケートと言うか…。

ご長男さんが、超一流とまでは行かなくとも(失礼お許し下さい)上手く行っている時のmisaさんの文章は自信からか?余裕があり、喜びや不安を正直に綴っていらっしゃって好感が持て心から応援したい気持ちで一杯でしたが、最近はやはり精神的にお疲れなんでしょう、虚勢を張っていらっしゃるような感じがして、読んでいてとても辛く感じました。

前回の「長男の選んだ道」のおひとり目のコメントを公開されましたね?それもどうかと感じています。私のコメントはなぜ公開されなかったのかしら?と。

おひとり目のコメントは、misaさんのファンから見たら所謂エネミーになるような手厳しいものでしたよね?確かに…と思うところはあるものの、そこまで言うの?というような。
案の定、misaさん擁護コメントがついています。

でも私の指摘した「医学部以外だったら長男でも合格できる」という、『医学部以外の受験生が不愉快になるのではと心配しています』…という私からのコメントは公開されませんでした。何事も無かったかのようにお返事も無し。(お返事をしろっていうわけではないです)

上手く言えないのですが、以前のmisaさんだったら、私の指摘を受け文章を変更されたのであれば「後で読んだら配慮がちょっと足りなかった。変更した。」程度のお返しの言葉を仰るくらい素直な感じがしましたし、先に述べたエネミー発言をされたコメントの方こそ非公開にされるような方だったのでは?つまり、コメント欄で読者同士の応戦(炎上)を懸念してです。

この、私の指摘コメントを非公開、エネミーコメントを公開のは、自分の非は無かったことに、また、エネミーコメントされた方を読者(ファン?)による公開裁判されていると感じました。つまりmisaさんの余裕の無い状態が出ていると思うところです。

もちろん私個人の意見ですが、misaさん、あなたはもっと素直な大らかな方だと思います。 環境が状況が大変な時期だというのは解ります。しかし良くない。

このままブログを続けても、misaさんに余裕が出来たときに読み返して自己嫌悪になられると思います。

厳しい事を申し上げて失礼だとは思いますが、おやめになるほうが懸命だと、misaさんのためになると思いました。









受験ってとても個人的なものでひとりひとり目的も志望も違います。
確かにデリケートな問題で、誰もが読むことができる場で書く場合、共感するかた励みになるかたいらっしゃる反面、違う考えのかたもいらっしゃると思います。
私は苦しい気持ちを書くmisaさんの文章もそれでも前向きにあろうとされるmisaさんの文章も好きです。共感を感じますし勇気をもらいました。
志を果たそうと前へ進まれたお子さん、それを見守る親御さんの気持ち、親として痛いほどわかります。これからのmisaさんご一家を心から応援しいています。

ブログ閉鎖はとても寂しいし残念に思います。
けれど賛成も反対もありません。
それがmisaさんの決めたことならば受け入れますし、
もしまた時間を置いてでも書かかれるのならば喜んで見にきます。そうなればいいなと思っています。それがどんな内容であっても。

最後になりましたが、お父様のこと、お悔やみもうしあげます。
来春お父様の墓前に嬉しい報告ができることを信じています。

misaさん

思春期の気難しい子どものことでふさぎ込んでいた時
偶然misaさんのブログに出会いました。

「子育ては中学からがおもしろい」
タイトルにはっとしました。
そっか、中学からがおもしろいんだと。

それからは何かあるたびにこのタイトルを思い出していました。
そのたびに前向きになれて
元気をもらっていました。

ブログをやめられるのは寂しいですが、
misaさんの言葉は私の中に生き続けます。
素敵な言葉をありがとうございます。

長男くん、次男くん、お嬢さんそしてmisaさんご夫妻
それぞれの未来に栄光あれ!!!

まだまだ

ここ数ヶ月にいろんなことがあったんですね。
お体は大丈夫ですか?

私はmisaさんのブログに出会ったときから、元気を頂いていました。子供のことで悩んでしまうときも、「いやいや、子育てってこういうこともひっくるめておもしろいんだ!」って思えるようになりました。

ブログの閉鎖はとても残念ですが、私の気持ちの中ではまだまだこれからもmisaさんと一緒に頑張ろう!って思っています。(今年は次女も受験生ですし)

来春、お互い嬉しい結果が出るといいですね。

misaさんへ

この記事を読ませていただいて、misaさんとYさんの再会、やはり、人は必要な時には必要な人や言葉に出会えるものなのだな、と感じました。

長男さん自身にとって、今回の選択は間違ってないと思います。
それは、家族以外の他人はもちろん、たとえ家族であっても判断できない、長男さん自身が納得して決めるべきことですから。
(うちの次男が進んだ学部でも3浪はざらにいますし、中にはその上も…。)

misaさんと同じく、子供の受験ブログを長い間書いてきて、misaさんとはお会いしてないけれどブログを通じて交流させていただき、記事の一つ一つに共感し、(勝手に)他人とは思えない気持ちを抱いてました。
(実は、次男が今回受けた国立前期は、misaさんの住んでらっしゃるところに近く、受かったらmisaさんに会えるかも!と、妄想しておりました(笑))

匿名の個人のブログは、
リアルではとても口にできない本音を書くことで、自分の気持ちが整理され日々の生活に落ち着いて向き合える、
読んで下さる方の中で一人でも共感してくれたら、ほんの少し元気、安心を共有できる、
それが、個人のブログのよいところかな、と思っています。
(同じ記事を読んでも、リアルの知り合いだったら、付属する色々な情報が邪魔して、素直に共感はできないでしょう・・・。)
ただ、記事を書くのが自分にとって苦しくなったら、ブログを書く意味はなくなるでしょうし、辞めるのも続けるのもその人自身の自由です。
そこがブログのいいところでしょうし、それ以上の意味もないと思います。

誰でも(どんな家族にも)、「今が一番苦しい・・・。」という時期はあると思います。
misaさんご家族に、近い将来、必ずみんなで笑える日々が来ると信じています。
きっとその時、「あの頃は辛かったけど、今となっては我が家の歴史の一こまだね。」と、笑顔で話す日が来ることでしょう!!!

また、いつかどこかでご縁があることを信じて…。

                            まちこ

はじめてコメントいたします。
3年前から拝読しておりました。
たくさんの勇気を頂きました。
ありがとうございました。
貴女のことは忘れません。
いつまでもお元気で・・・・・
さようなら・・・・

misaさん、お久しぶりです。と言っても私の方は、ずっとブログを拝見していて、前と同じ感覚でいるのですが・・^^;

長男君、がんばりましたね!!
そしていろいろ考えて決められたんですね。
私も、もし経済的なことがどうにかなりそうなら、本人がそう決めたなら、同じく遠くに出して応援すると思います。

ブログで知り合ったときは長男たちは中学生でしたね。
その彼らももう二十歳。かつては戯れていた?長男の同級生たちもみなそれぞれの自分の道を歩んでいます。子育ても(人間育ても)これから先はどうなるかは誰もわからないことです。
例え今は順調なようでも就職や結婚や社会に出て、どんなことが起こるか、わからないです。
3浪くらいなんですか、って思う人たちもいっぱいいますよ。

ブログを離れてもリアルは毎日いろんなことが満載で。
忙しかったけど、集中して自分の世界を広げることができました。ブログもいいし、離れるのもまたいい。
私の方はまたしばらくしたら始めるかもしれません。(misa
さんへの連絡方法がわかればいいのに)

こちらは桃の花が満開で今は桜を待っているところです。
今年は我が家も4年連続4年目の受験の年です。
母はたくましくなりますね。

心からのエールを送っています^^!!1







ブログ、閉鎖されるんですね(><)
misaさんの長男さんのことは中学生の頃から存じ上げていて、直接お会いしたわけではないですが我が子のような気持ちで応援していました。
長男さんが選んだ道のためにもう1年頑張られることも嬉しく拝見しました。

長い人生です。これから先のほうがずーーっと長い。
その中の数年なんてどうってことないです。
うちの子はいま休職を余儀なくされていますが、
みなさんそう励ましてくださいますし、本人もそう考えて復職に向けていまできることを頑張っています。
泣いたっていいんです。いつか笑顔になれるなら。

親は、子供が笑顔でいられればどんなだっていいんです。
それを応援するためにブログを卒業されるのならば、笑ってさよならを言います。

misaさん、息子さんがた、お嬢さん、
そして旦那様。
それぞれの幸せを祈っています。
ずっと応援しています。

気が向いたらまたブログ再開してください(笑)

タイトルに惹かれて、読ませていただいておりました。
中学生は反抗期が始まって苦しい場合も多いのに、中学からおもしろいとは、なんてプラス思考だろう、と。実際、3人のご兄弟の微笑ましいご様子とそれを見守るmisaさんの子育てにずいぶん励まされたものです。

それだけに、今回のことは苦しいご様子がズンズン伝わってきて、心配しておりました。ブログ閉鎖はとても悲しく残念なことですが、また時期がきたら再開して欲しいと私も思います。

最後になりましたが、長男君の選択(=志)は別におかしいとは思いません。先日、秋山仁先生のミニ講演を聞いたのですが、とても感銘を受けました。紹介された詩はこちら
「運命の風」  E.W.ウィルコックス
同じ風を受けていながらある船は東に進み、またほかの船は西に進む。
行くべき道を決めるのは疾風(はやて)ではなく帆のかけ方なのだ。

海の風は運命の風のよう。
生涯という海路を辿るとき、ゴールを決めるのは凪か嵐ではなくそれは魂の構えだ。

 そして、若者に贈る10ヶ条。
デッカイ志を立て、自分流横綱を目指せ。
1週間に1冊は本を読め。
感動を求め、ドンドン外へ出かけよう。
外国語を次々とマスターしよう。
スポーツに汗を流し、強靱な体力を身につけよう。
親から自立し、自分のことはすべて自分でせよ。
出会いを求め、旅に出よう。
真実を語れる友、尊敬する師をもとう。
無から何かを創り上げる創造的な日々を送ろう。
今日は何人の人を喜ばせることができるだろうかと考え、朝起きよう。

では、またお会いできる日まで…

あ〜…残念です…我が子は次男くんと同じ受験生なので、志は違えど一緒に頑張れると思っていたの。
ブログの良さは、上のコメントでも書いていらっしゃるように、リアルじゃ中々話せないことも話せるって事じゃ無いでしょうか。親バカ日記でも何であっても、必死に生きてる自分を出せるばじゃないかな。
私も受験ブログをコッソリ始めたばかりで、miss
さんをご招待したかったの。
いつも読むだけだったのですが、やっぱりダブル受験は吐き出したいことも沢山あるしね…
もし、気が向いたら遊びに来て下さいねv
パスワードをお伝えしにきますから…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。