子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男の医学部入試①  ビミョー担任との出会い

2016.05.20 (Fri)

次男の高校1,2年の担任はとてもパワフルな女の先生。
いつも熱く子供たち一人一人にちゃんと向き合ってくれて、
親子ともに人気絶大な先生でした。

この先生で卒業までいけたらどんなにいいか・・・
そう願っていたのに公立高校の宿命、「異動」になりました。
あと1年・・だったのに・・・。

そして迎えた新学期、担任は次男の表現では
「ビミョーな先生」
数学の教え方は抜群らしいですが、次男は数学は他の先生。
(志望校別に分かれているので)
クラス運営は・・・存在感なく可もなく不可もなし。
それを聞いてますます異動になった先生のことが
残念でたまりませんでした。

数学の先生ってことはどうせデータがすべてだろうから
面談も淡々としてるんだろう
なんて思っていました。

私は家庭訪問で1度話をしただけですが、次男とは何度も
面談をしていたようです。
「面談の度に推薦はどうか?って言われるんだけど・・」

「推薦入試」
医学部受験では現役生(大学によっては1浪生までも)に与えられた
チャンスカード。
突き抜けた成績の子たちはそのまま難関医学部に向かえば良いのですが、
次男のように成績が「う~~ん現役で一般受験は厳しい」という状態では
絶対にチャンス!
だってそこにはたくさんの浪人生と再受験生が少ない枠を
狙っているんですから。


でも次男は「推薦=地元大医学部」のイメージがあって、
ずっと乗り気ではありませんでした。

そんな面談が何度か続き、9月の終わりごろだったと思います。
「地元大が嫌なら他の大学でもいいぞ」
「え??」
他県の大学も推薦があるのは知っていましたが、
次男にとっても私にとっても意外でした。
他県の推薦に出してもらえるんだ・・・。

一応調べて「ここは?」というところを先生に伝えましたが、
先生から勧められたのは・・・
全く予想外の大学でした。
予想外というのは全く行ったこともない、
「どこ?(大学名で県はわかるけど)」
「どうやって行くの?」という大学だったという意味でです。
(志望理由なんて言うのよ~って思いましたよ)

長男の幼馴染がセンター後、
「俺○○大受けることになったけどどうやって行けばいい?」
ってメールしてきて、「知るか!調べろ」って長男は笑いながら
言ってたけどそれと同じ心境でした(笑)

担任からは
「前に教え子を受けさせたことがある、そいつはセンターができなくて
受からなかったけど、面接も小論文もお前なら得意な内容だと思う。
考えてみたら?」
そう言われて小論文の過去問も数年分渡されました。


小論文と言っても内容は大学によって様々で、
実質、学科試験のような内容もあります。
次男は内容を見て、「いけるんじゃね?」と思い、
一度解いて教科の先生に見てもらったところ、
「できてるぞ」と言われたそう。
それで自信もついたのか、大学のHPをずっと見て、
その大学に惹かれていったのです。
そしてこの大学の推薦入試を受けることにしました。


早くから推薦入試を狙っている人もたくさんいる中、
推薦入試希望者の学内審査が始まる直前に
滑りこみで、見たことも考えたこともない大学の
推薦入試を決めたのです。
親の私の面談はなし、次男と先生で決まりました。


「あの先生じゃなければこの大学はなかったよね
それだけは感謝してる。他はビミョーだったけど」
今でも次男はそう言います。
たまたま教え子を受けさせたことがあって、その内容が
次男に向くと判断してくれたこと。
1,2年の担任だったら地元大を勧められてた気がします。
そう考えると、この先生が3年の担任になったことは
があり、次男にとってはが良かったってことでしょう。
そして何より推薦を選んだのは、長男を見て、
一般入試が簡単ではないことがわかっていたことが大きいでしょう。






<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

なんとv-16
うちの娘も同じパタ~ンでした!
医学部じゃないんですけどね。しかも、娘はセンターも受けなくていいという、ラッキーポンポコポンな受験で、一生分の運を使い果たした感じで・・・v-12
担任も同じく、1年2年は普段はいい感じにゆる~く、しめるところはちゃんとしめる先生だったのに、3年になって常時めちゃくちゃ神経細やかな先生に代わり、能天気親子はいつも呆れられておりました。

でも、その先生のおかげで、娘は推薦で合格できたので、今となっては、恩しかありません。
運は使い果たした感満載ですけどね v-398

続きが読みたいでぇ~す。v-411

にゃんこさんへ

娘さんも同じパターンですか?!
それはまた奇遇、運と縁があったんですね~~
センターもナシなら、あっと言う間に決まった感じですね!

私、担任の名前が思い出せなくて・・・
推薦ではお世話になったのに^^;
で、理由を考えたら、次男があまり先生の話をしなかった
からだという結論に至りました。
良い先生、嫌いな先生、は印象に残りますが、
普通の先生って忘れてしまうんですね。

続き、楽しみにしてくださってありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。