子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学年が始まった 

2010.04.09 (Fri)

3人それぞれの新学年が始まりました

小4の娘。
親子で一番受け持ってもらいたかった、次男の6年生の時の担任です。
この先生で次男は授業に集中することを覚えました。
何よりご自身も2男1女のお母さんで、子供が大好きというのがにじみ出ている先生。

「あのね、前のクラスまでの先生がビミョーでね、○○先生って発表があった時、
やったーって思った。他のクラスの子がうらやましいって。クラスの子はね・・・・」
とさすが女の子、詳しく自分の気持ちを入れながら説明をしてくれます。
良かった。この1年安心かな

高校2年の長男。
担任よりも各教科の担当が誰かが気になっていました。
「なんか、去年の方が教科担は良かった・・俺大丈夫かな~
あれあれ気弱な発言。自分の苦手な数学や化学がちょっと不安な先生らしい。
こういう長男の発言に、いつも私は振り回されてしまいます。
表面では「みんな同じ条件でしょ?始まってみないとわからないじゃん」
と言いますが、聞いてしまうと内心とても不安になるのです
最初の子は母も初めての体験ですから・・・

そして一番気になっていた、中2の次男。
待っていましたがなかなか帰ってきません。(またどっかでボーとしてんじゃない?)
やっと7時ごろ帰ってきて、
「どうだった?」
「部活が○○先生になった」(部活が先かよ
「よかったねー。(ほんとによかった)で、担任は?」
「うーんビミョー・・・」

まったく・・いつものことですが、次男の話はよくわかりません。
なにがどうビミョーなのか・・
「アンジェラアキおばさん風」(なんかお料理の名前みたい)
「・・・?
「たぶん眼鏡かけて髪がちょっと長くてウエーブ掛かってるだけじゃねえ?」と、長年次男の通訳を務めてきた長男が解説します。
「そう!」(やっぱりそうなのね

幼稚園の担任は「オッパイボヨヨーンの人」
小5の担任は「ふつうのおばさん」
といった頃からあまり進歩していません小4の娘の方がよっぽど詳しい解説です。
もちろん誰がどこのクラスか、クラスの雰囲気はどうなのかは伝わってきません
まあ、「アンジェラアキおばさん風」の先生に会うのが楽しみです。
(それにしても、学校の先生ってなんて表現されてるかわからないですね、お気の毒・・)

それぞれの新学年。
長男がふと言った一言「俺たちの科、入学した頃と人数が3人くらい減ってた」
義務教育でない高校の厳しい現実です。
1年前、希望に胸を膨らませ、入学してたった1年です。
知らないところで、苦しい選択をした長男と同じ16歳の子がいる、そして親御さんも・・。
私たちも決して他人ごとではない・・とても胸が痛みました

とにかく、勉強はさておき(さておいてはいけない?)
色々あってもどうにか乗り越えてほしい、今はそれだけを願ってやみません。
ここに訪問して下さった皆さんも、そのお子さん方も充実した1年になりますように

「訪問したよ」のインターホン代わりに応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村




<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんばんは。二番めが言いました。「入学式で新入生代表で宣誓文を読むじゃない?あれって、入試の成績トップなんだってね。でも、卒業式の時に別れの言葉を読むのも主席なんだけど、絶対毎年、入学時に読んだ子とは違うんだってね~。そうそう、自分らの時に宣誓文を読んだ子は学校辞めたらしいよ~」ですって。一番上の子の時にも途中(夏休み辺り)から、留学してもう帰ってこないから~とかの理由で辞めちゃった子、進級時に単位が足りなくて留年決定で辞めた子などなどいましたね。義務教育でない厳しさですよね。一番下の幼馴染は昨年の秋から不登校になっちゃって、修了式の日と始業式の日にはなんとか行ったみたいですが、あとはまた行けてないようです。愛子様ではないけれど、学校生活って難しいですね。うちの子たちはきっと、家の居心地があまりよくなかったんでしょうね(^_^;)。学校だけは休まずに行きますから(^_-)。

マミイさんへ

娘さんが言われた話は、息子の高校でもありますね。
入学も卒業も代表挨拶なんて無縁な我が家。
卒業を無事に迎えられるだけでも、良くやったって感じです。
うちも居心地が悪いのか、勉強は苦しいものの学校は楽しいようです^^
つらいのはみんな一緒、周りのお友達に感謝です。
中学の不登校も深刻ですね・・。各クラス1~2人くらいいます。
次男は部活をしに行ってているようなものですが、それでもよしです。
だんだん許容範囲が下の子にいくほど広くなります。
これも色々なケースを見てきたからでしょうね^^;

新学期始まりましたね。
それにしても次男君の表現、おもしろーい!^▽^
我が家は三男が「どうして先生になったんだ先生」から「骨がありそうな先生」に変わりました。
(何様?)ホントに先生も子どもたちに親たちに?、好きなように言われて大変と言えば大変ですね^^;
『色々あってもどうにか乗り越えてほしい、』全く同感です!

ミロママさんへ

三男君の表現、うちの次男より的確かつ厳しい~
「骨がありそう」って・・^^ でも、わかる気がする。
トホホな次男ですが、クラスの選挙で学級委員長に選ばれてきました。
どんな学年よ~って感じですv-11
実際に先生に会ってみると、次男の表現が「なるほど~」って
時もあるから、おもしろいです。
三男君の表現にもミロママさんうなずけるのでは・・・?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。