子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤバい、赤点かも

2010.04.11 (Sun)

長男が中学に入ってから、テストを受ける度にその出来栄えを表す表現です。

  百点かも・・・滅多にありませんがよほど自信があるとき
  まあまあ・・・百点ではないもののまあ、高得点が取れそう
  ビミョー・・・自信があまりない  
  ヤバい・・・文字通りヤバい、全然出来なかった

このヤバいって言うのに、「超」とか「マジ」とかつくとさらにひどかったのですが、
高校に入って、この「ヤバい」の修飾語に「赤点かも」っていう最強のヤバさを示す
言葉が加わりました

2学期ごろから「化学」がヤバい状態になりました。
そして、冬休み明けの課題テストで、とうとう
「ヤバい・・赤点かも・・・」という言葉が聞かれたのです。

決して勉強してなかった訳ではありません。
苦手だから、参考書を買って、どの教科より時間もかけていました。
先生や友達にも質問しました。
友達には「それ、理屈じゃなくて覚えればいいじゃん」と言われたそうですが、
理屈がわからないことを覚えられない、わからないまま授業だけが進んでいく
というのです。
おまけに、あまりにもひどい点数で、先生からは顔を見ることなく無言で答案を返された
らしく、今までどの先生からもかわいがってもらった長男にとっては、悔しく
自分が情けなかったのだと思います。私も聞いたときは胸が痛みました

「お願いがあるんだけど・・・、友達が良いって言うからこれ受けてみたい」
そう言って長男が差し出したのは、大手予備校の講師の講座をDVDで受講する
パンフレットでした。
「今でも時間ないのに大丈夫?」
「このままにしていたら、もっとダメになるから今基礎からやり直したい。
 俺にかかるいろんなお金をすべて削ってくれていいから、行かせてもらえない?
 服もいらないから」


中3の受験生の時でも「そんなに塾に入れたければ入れればいいと言っていた、
そしておしゃれ大好きな長男がそんなことを言うのです。
よっぽど切羽詰まっていたのでしょうね
そんなことを言われれば、どうにかしてあげたいと思うのが親です。

「わかった。でもお母さんはやりくりするだけ、お父さんが働いて稼いでくれるんだから
 自分でお父さんに頭を下げてお願いしなさい」

「わかった」
長男は夫にもきちんとお願いし、夫も
「お父さんがしっかり働くから、苦手をそのまま残さないようにがんばれ」と長男に言い、
化学と、ずっと不安だった数学を受講することになりました。
手続きのあと、改めて金額を目にした長男は、申し訳なさそうに
「ゴメンこんなにお金を出してもらって」と言います。
「いいよ、でもね、お母さんは次男も娘も同じようにしてあげたいと思っているから、
 最低限の受講しかさせてあげられない。その他はなるべく先生に聞いたりしてがんばってよ」

「わかってる」
そしてそれ以後服を買ってほしいとか言うことは一切なくなりました。

最後の学期末テストに向けて、約1ヶ月半、部活の後も休日も、通えるときは
必死で受講しました。教室長の先生も驚くほどです。
やはり有名な講師だけあって、「なるほど、そんなことだったのか」と思えたそうです。
そして、学年末テストでは人並み以上の点数をとり、例の先生から
「良く頑張ったな」とほめてもらったそうです。そして、1年の評定は「4」。
今でも得意って教科ではないそうですが、何とかしようという心意気だけは
評価してあげたいと思っています。

これからも出費はかさみそうですが、子供のためならがんばれる
そんな私を応援していただけたら嬉しいです

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

スゴイですね!
長男くん、がんばりましたね!!
次男の大学受験を経験して思ったのですが、
部活組が現役で合格するためには
塾や通信教育、DVD学習。
それらもやっていかないと正直厳しいです。

受験後母から
「あんたがお金出ししぶtって塾いかせんかったけんよ」
と言われました。
いや、私がしぶったわけじゃなくて本人が行きたくないって言ったんですけどねえ^^;

anonさんへ

やはり、部活生は何かプラスしないと厳しいんですね・・
プラスするにも時間のやりくりが大変、やはりいかに効率よくするかが
鍵なのですね
「限りある資源(お金と時間)を有効に」・・です。
3年生からの入試対策は基礎がわかってなければ、並行して基礎もやり直さなければ
ならなくなりますもんね。なんとか基礎がんばってほしいものです。
でもやっぱり数学・化学・生物が苦手意識が強いですので、油断できません^^;
がんばっても人並みしかとれないって嘆いています

出ししぶった・・って人聞き悪いですね~(笑)
でも出ししぶりたくなりますよ・・特にだんなのおこづかい^^(アレ?ちがう?)
事業仕訳対象のNO.1 です

「赤点かも」同じく我が家も2学期からこの表現が加わりました(笑)
しかし、その後が違う。DVD学習を取り入れての弱点徹底的補強☆
そして「洋服もいらないから」と。うちのおしゃれ大事の長男が、もし何かに打ち込むためにこのセリフを言ったなら、
私もぐっときて、大好きなチョコを半分にしてしまいますわ。
苦手教科を学年評定4までにした、なんてすばらしい!! あ~、あやかりたい。
(長男、2年で挑戦するつもりで今、教材を考えてました)
理屈がわからないままに丸暗記ができない、というところもいいな~って思いますよ。

ミロママさんへ

「赤点かも」って、ホント心臓に悪いですよね・・v-12
洋服もね、学校ジャージと制服さえあればっていう生活なので、私服を着る
機会がないから「いらない」って言えたのだと思いますよ^^
でも、もともと苦手だから、がんばっても得意教科にはなりません^^;
その教科が必須って言うのがつらいところです。

ミロママさんが教材考えてるんですか?いつも感心しますv-424
今はいろんな参考書がネットでも取り寄せができるうえに、いろんな人の評価も
見ることができるから、私たちの時代よりかなり恵まれていると思います。
チョコ半分にしたら、ダイエットにもなり一石二鳥ですねv-392

うちは「赤点」とったことありますよ~(^^ゞ。
中間試験だったかな~。すごいですよね~、成績表にしっかり「赤文字」で書いてあるんですよ。わあ、赤点て、ホントに赤で書くんだ~、と妙に感心しちゃったりして(^_-)。
学年末ではなかったので、評定もちゃんといただけたし、進級にも影響はしなかったんですけど、本当に「なかなか面白いものを見せてもらった」と思いました。

マミイさんへ

えーっつ!赤点って本当に赤で書かれるんですか~v-405
しかもマミイさんのお子さんですか???
なんか見てみたい気がしてきました^^
今日ちょうど通知表の「1」って赤文字で書かれるらしいよって噂を聞いたんです。
こわいもの見たさってやつでしょうかv-411
「なかなか面白いものを見せてもらった」って、時がたたないと思えないですね!
さすが先輩マミイさん、良いことを教えてくださってありがとうございましたv-290

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。