子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この点数でこの順位?

2010.05.12 (Wed)

新しい学年になって初めてのテスト結果が、長男と次男、偶然同じ日に

出されました。長男は課題テスト、学科順位はかなり上がりましたが、

やはり数学と理科(化学・生物)がいまひとつ。でも医学部受験には必須科目。

これは本人もよーくわかっていること、今年もこれにかなりの力を注がなければ

ならないでしょう。


そして次男。これは外注の学力テスト。定期テストとは違って実力テストです。

テストの日には「数学の時間配分間違って、最後の方の問題は解ける問題だったのに

解かないままだった
と悔しそうに言っていたので、本人も私も結果は期待していませんでした。

結果は・・・本人には言いませんでしたが、正直な私の気持ちとして

「この点数でこの順位?でした。

総合点9割に達していないのに、学年順位がかなり上位の方だったのです。


本人はもうその学年順位だけで、ほっとしたみたいです。

私も長男の時だったらそうだったでしょう。

でも、一度高校受験を経験した母は、次男がいないときに長男の時の

成績表をひっぱりだしました。

長男の学年は市内でもトップの成績の学年でした。

同じ時期のテストと比較すると・・各教科平均点が低いのです。

大きなものでは10点くらい。やっぱり・・・

そして、それは私が「この先生の授業ではだめだ」と思っていた教科の平均点でした。


もしかしたら数学が最後まで解けていたら9割とれていたかもしれません。

でもそれも実力のうち。数学を解くにも正確さとスピードが必要です。

次男が長男と同じ高校を目指しているなら、やはり実力テストで9割は必要です。

学校の定期テストなら、各教科100点取るつもりで・・でしょう。
(公立の定期テストは平均60点代になるように作られるらしいので・・)



学年順位だけを子供たちは意識してしまいますが、学校によって成績は

全然違います。他の学校であればもっと下かもしれません。

今の学校で良いから・・と油断していると、高校受験で痛い目にあいます。

そして高校に入ってから苦労します。


次男にはやんわりとそのことを伝えました。

「学年順位よりも何点取れているかが大事」

私も次男も、油断せず冷静に今後のテスト結果を見ていきたいと思っているところです。

 

今日も応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ

 

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

いつも、子供さんのことを冷静に見てらっしゃるのだなあと感心しています。
我が家のは高3の息子がいます。

菜の花さんへ

コメントありがとうございます。
長男に関しては冷静ではいられないです。
初めてなもので・・・v-390
高3の息子さんですか?!ひとつ先輩ですね。受験生でしょうか?
またお話聞かせてくださいね!

本当にそのとおりだと思います。
どうしても子供たちは学年順位だけで安心してしまう傾向にあり、
しかも定期テスト重視のような学校の雰囲気にも
すっかり流されているように感じます。
大事なのは実力テスト、そして気にするべきなのは点数の方。
息子の学年は県内でも決して上位ではないので..なおさら心配な私です。(^-^;)

misaさんと同じ考えですv-433
自分の学校内だけの成績で満足しないように、たえず長女には「安心は禁物」だと忠告してました。
どんなに学校内で成績が良くても、外部のテストなどを受けると世間は厳しいということが明らかですよね。
v-354順位が良かったことをほめてあげ、そして良かったで終わらさず息子さんに、「順位は良くても何点とれているかが大事」だというアドバイスってすごく大事な事だと思います。

hirochoさんへ

定期テストは習った範囲をしっかり復習するため、実力テストは実力をつけるためのテスト、と高校では子供に言われているようです。

どちらも大切ですが、中学は先生によって、あまり意味のない癖のある問題を出す人もいるから困りますv-393

その学校で満足していると、「井の中の蛙」になっちゃいますね。まあ、それが子供なんですけど、親ぐらいは油断しないように見守っていきたいですねv-392

えっちゃんさんへ

えっちゃんさんはそれが長女さんの時からわかってたんですねv-425私は長男の時には純粋に順位がいいと喜んでいましたv-393
とはいえあまり次男のような順位はとったことないのですが・・。
順位は周りから認められて、さらに上を目指そうという気持ちになれば意味もあります。
満足して勉強を怠れば逆効果ですね。
成績も総合点なので、足をひっぱている教科はないかなど子供と一緒に見ていきたいですねv-410

それがあるので、3男の受検を悩んでました。
(3男は地元中に決めたのでもうその悩みはなし)
田舎の私たちの中学では、1番をとっていてもトップ校に入れる保証はないんです。
そうしたら、どうしても対外的な物差しが必要になってくる・・。
まずは9割が目安ですよね。

ミロママさんへ

三男君受験しないんですね。そのパワーをぜひ三年後にとっておきましょうv-392
公立でも三男君は、スポーツでも勉強でもリーダー的存在になるでしょう。そして次男君を見ているから、大きな油断はしない気がしますよ。油断したら時々喝を・・v-411
そう、実力テストで9割が目標だと思います。優秀な子はどんなに評判が悪い中学からでも合格しています。やはり油断せず高い目標を持つっていうことでしょうね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。