子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校説明会とオープンスクール

2010.06.23 (Wed)

長男が中3の今頃は、高校から先生が来て学校の案内をする「説明会」があり、

それを聞いて自分が興味がある学校を夏休みに訪問する「オープンスクール」

がありました。学校での説明会は、私立高校・公立高校の日が分かれていて、

さらに公立の日には実業系高校と普通高校が会場を別にして行われました。

もちろん親も一緒に聞いても良いのです。


長男の場合は大学進学を目的にした「普通校」志望です。

成績上位の子供たちが目指す公立の普通校の候補は2校あります。

1つは自由な校風の伝統校のA高、もう一つは大学進学率が高く厳しいと評判のB高。

私も長男も説明会ではこの2校に絞って話を聞きました。


まずはA高・・子供たちに人気が高いからか、説明に来ている先生が悪いのか・・

まったく熱意を感じません。「家から近い高校に行くのが一番良いです」なんて

言い出す始末。学校の魅力も「うちの高校にぜひ来てください」という想いも

何も伝わってきませんでした



次にB高・・こちらは来てくれた先生が最高?なのか、持ち時間があっという間に

感じられ、もっと話を聞きたいって思いました。話し方も内容も魅力的な女の先生です

「君たちの中学の先輩たちはとてもがんばっています。

君たちもぜひB高に入学して一緒に B高の歴史を刻んでいきましょう。待っています」
 と。

聞いていた子供たちも(長男も)「あの先生にもう一度会いたい」・・そう思ったそうです。



説明会で言えば断然B高が有利、でもオープンスクールになるとその立場が

逆転するのです
。自由な校風で生徒の自主性を重んじるA高は、生徒会が中心となって

色々な歓迎の企画が盛りだくさん。一方B高は先生による大学進学についての話が主。

そうなると子供たちの気持ちはA高に傾くのです。

うちの長男は、B高にしかない科が第1志望でした。

その気持ちは変わりませんでした。だから、「A高の雰囲気を見たら行きたくなるから

オープンスクールには行かない」
と言って、公立はB高だけしか行きませんでした。

多い人は公立だけでも3~4校行ったそうです。


高校は中学とは違い、学校それぞれの特色や雰囲気が大きく異なります。

結局は「親と子供が何を求めるか」・・らしいです。

A高は人気があり全体的に高い偏差値の子供たちが集まりますが、

大学進学ではB高に抜かれてしまいます。

ある面白い先生が、2校をこう比較して言いました。
(A高出身でA 高でも教え、現在はB高の先生)

「学校生活が楽しかった~さあ、1年浪人して大学に行くかっていうのがA高、

勉強はすごく大変だった~でも現役で大学に合格したっていうのがB高、

みんながどっちを選ぶかだ」
 と。(B高でも浪人はたくさんいますが・・)

親の間でも、A高に行くのは「人から言われなくても自分できちんと勉強できる子」という

認識があり、実際にそのタイプの人がA高に進学して行きました。



さて、B高に入学した長男他同じ中学の同級生の感想ですが・・・

「勉強は大変だけど、学校も楽しい。先生が熱く面倒見が良い」そうです。
(大変なだけではなく学校も楽しいならいいか~

そして説明会に来てくれた先生は、思った以上に素敵な先生で、生徒に好かれています。

そして今年長男の教科担で、教え方もすごくわかるそうです。(縁があったのですね~)


どの高校に行けば(行かせれば)よいのか・・・大切なことですが、

なかなか決められない場合も多いようです。(学力も関係しますしね)

でも、実際にオープンスクールで学校に行ってみると、子供なりに

感じる「何か」はあるようです。結局はこの「何か」で選ぶのかもしれません。(直感?)

高校選びは「その後」に大きく影響します。偏差値が高いから良いとも限りません。

上の子に合うから下の子も・・っていうこともありません。

そういう意味で、来年は次男と真剣に選びたいと思っています


今年受験生の皆さんもこれからですね!後悔しないような選択ができることを祈っています。


よろしければ応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ




<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

「高校説明会」「オープンスクール」と聞けば、長男の時の決めるまでのあのしんどさが蘇り・・、
3男の時までに、早く立ち直らなきゃいけませ~ん(笑)
次男君は、もう志望校は決まっているかと思ってましたよ。
この2つとも、とても大切ですよね。

我が家は4人とも違う学校にいきそうです^^;

ミロママさんへ

長男君なかなか決められなかったのでしょうね~?!未だにミロママさんのしんどい思い出に残っているなんて・・・結局の決め手は何だったのでしょうか?v-290 

次男は長男と同じところを目指していますが、第2志望をどうするか決めなくてはいけません。合格できる可能性もまだ低いので、第2志望も大事ですv-356

3男君はさっさと自分で決めちゃいそう!
4男君は・・お母さんが決めてとか・・
私の勝手な想像ですv-411
4人違う学校も楽しいはず!

>「学校生活が楽しかった~さあ、1年浪人して大学に行くかっていうのがA高、
勉強はすごく大変だった~でも現役で大学に合格したっていうのがB高、

うひゃあ!!
この2つの高校のレベルは同じなのですか?
望んでいる大学に、部活をしながら現役で合格できるなら当然B高ですよね!
でもうちはドコ行っても部活やってる限り同じ結果かもなあ。
そうは言っても次男は途中で進路を変えさえしなかったら現役で受かっていたのが開示の点数と各学部の合格最低点でわかったので(現実の結果は残念でしたが)
部活をしながらでも現役合格は可能、と言えると思います。

うちはもう一度やり直せるとしても同じ高校を選ぶだろうなあ~。

長男さんはB高で勉強もがんばりながら学校生活も楽しんでいらっしゃるので、最高ですね^^。

anonさんへ

受験では(長男の科は別ですが)、全体的にはA高のほうが合格最低点も高く、偏差値も上なんですよ。もちろんA高からもたくさん有名大学に進学していますが、最初の偏差値はかなり負けていても国公立大学合格者では追い抜くのです。でも、やはりA高は人気が高いです。どうしてもB高は勉強勉強のイメージが強いからそれを敬遠する人が多いのでしょう。
うちの場合は、あんなに勉強しなかった長男が、こんなに勉強するんだ~っていう姿を見れたこと、仲間に恵まれ楽しいって思っている・・B高でよかったって思います。勉強も、「入ってしまえばこんなものだ」・・って頑張るものです。

もう一度やり直せるとしても同じ高校を選ぶっていうくらいanonさんの息子さんたちは高校生活が充実していたのですね!そんな学校に出会えてよかったですね。受験ってその時の「運」も大きく影響するのかな~って思ってしまいます。次男さんも毎日大変でしょうね?!暑い夏、体調を崩さずに頑張ってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。