子育ては中学からがおもしろい!

医学部受験の日々を母親目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勉強ができる」と「頭が良い」はちがう

2010.07.21 (Wed)

昨日は、失敗だらけの次男に励ましと応援の言葉をたくさんいただきありがとうございました

コメント欄の返事にも書きましたが、英検は次回準2級の1次も受けられるそうです。

それがもし受かれば3級の面接はいらない?なんてちょっと思ってしまいました。
(この親にしてこの次男かも・・)

3級の1次の合格は1年間有効らしいです。 長男が準2級を中学の時にとっているので、

兄がライバルである次男はとりあえずそこまでは燃えています

まあ、受験生ではなく中だるみしやすい2年のうちに、

英検も漢検も準2級まではとっておきたいものです。
(数検・歴史検定なんていうのもあるんですね~)

それから担任の先生によると、定期テストも「技術」の大きな失点がありながらも、

どうやらクラスで1位、学年でも10位以内には入っていたとのこと。

次男はホッとしたようでしたが、それならなおのこと、あれさえなければと悔やまれます。





なんか今回のことで思い出したことがあります。

「勉強ができると頭が良いはちがう」って言葉です。

子供たちが「頭が良い」って言うのは「勉強ができる子のこと」です。

でも私たち大人同士で「頭が良い」っていうのはちがいます・・よね!?

大人は成績表なんて出ません。「学歴」で判断するかといえば、

お勤めしている方はそういう場合もあるかもしれませんが、(付録みたいなもので)

まずはその場に応じた行動や会話などから判断するのではないでしょうか?

保護者同士でも学歴など関係なく、「この人頭良いな~」って感じる方はいるものです。

もっとこの人と話をしてみたいって思う魅力的な人、いますよね!


長男は中学の頃何人かの先生に

「長男君は頭が良いですよ、きっと高校になったら伸びるタイプです」

って言われました。中学で先生に「頭が良い」って言われたら、当然成績を期待するじゃ

ないですか?!でも一向に成績は良くなりませんでした

「先生、お世辞だったのね・・」そう夫と笑ったことがあります。

「先生が頭が良いって言ってくれたから期待していたけど、全然成績が良くなかったじゃないですか?!」

と、卒業後に先生と話をしたときに、先生は笑いながらこう言いました。

勉強ができるだけならたくさん世の中にはいるんですよ。
でも、僕たちが言う頭が良いっていうのは 勉強だけが出来る子のことではないんですよ。
成績が良くなくったって長男君は、最後にはしっかり 合格したじゃないですか!
自分が今何をしなければいけないか・・状況に応じて的確に判断できる
今の言葉で言えば、空気が読めるって言うのか・・そういう意味で
長男君は頭が良いって言ったんですよ」


このころ偶然にも塾の先生からも「勉強ができると頭が良いとは違う」という

お話をされました。いろいろな子供を見ている先生方だから思われることなんでしょうか。



この話を思い出した時、よく考えたら、学校の成績では長男の時よりもはるかに良い次男が

先生から「頭が良い」って言われたことは・・・まだない気がします

まあ、親の私でも、どうひいき目に見てもないな~って思いますが・・

以前次男に何かを注意したときに

「今のところ学校の勉強はできるかもしれないけど、そんなことも自分でわからないなら、

次男は頭が悪い。勉強ができると頭が良いとは違うんだよ!!」


って言ったことがあります。

「え!、俺やばいね・・」 (こののんきな反応にまたいらつく私

そう、本人も言うように少しずつ意識して変えていかなくては「やばい」です。

親元から離れていく後5年くらいの間に、私も意識して次男を育てなくては・・

今回そう思いました。でも1つだけですが、小さな進歩がありました

次男がカレンダーに「塾の夏期講習の開始日」を書き込んでいたのです。

さすがに懲りたのか?・・でも失敗がこの行動につながったなら良かった。

あとはこのカレンダーを見るかどうかですが(見ないと意味がありません) 




「頭が良い人」っていろんな意味がある気がします。
みなさんが思う「頭が良い人」ってどんな人でしょうか? 
今日も応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 高校受験へにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ








<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

こんにちは。
勉強が すこぶる苦手な僕にとっては、ちょっと美味しい記事だったかも(笑)

僕も、今までバイト先などで数々の修羅場を潜り抜けてるけど(時には おでこの皮とともに 男のプライドが引っ剥がされることも)、実際に 仕事場などで 要求されるのは、「目の前の問題に 対応する能力」なんですよね。
僕も 予備校の試験官のバイトでは、かれこれ 2年クビを守り続け、今年で 3年目になるのですが、そういうところは、上手く生き残るのに 要求されますよ。
実は僕、今やってる予備校の試験官のバイトで、クビを守るために、土下座するに至るまで追い詰められたことがあるんですよ。そして、土下座した日の 次の勤務日で、仕事を上手くいかせ、華麗に名誉を挽回しました。
土下座したときに出来た 擦り傷も、普段なら とても出来ないような方法で隠して、なんと その成果は、受験生(高校1年生の男子)に、「可愛いから写メに収めよう」と、ケータイのカメラを向けられるくらいに、上手くいきました。
「要領の良さ」と「いざというときに 華麗にホームランを打てる力」、非常に重要ですね。

ジョージさんへ

「目の前の問題に対応する能力」そう、社会で求められることはそれですよね。研究者や一部の仕事を除いては、勉強よりも何よりも、(特に人と接する仕事では)一番大切ですね。「要領の良さ」も頭が良いからできることでしょう。

言うのは簡単、でもそれも日々の訓練、若い時に厳しい職場で働くことは、のちに自分の財産になると思いますよ。
ジョージさんにとっても土下座してでも乗り越えた経験は、絶対に無駄にはなっていませんね!

ありがとうございます。

試験官のバイトも、大勢の受験生を相手にするので、重要になってきますね。

あの 名誉挽回した日のことも、今は すばらしい思い出ですよ。

「勉強」は、自分を磨くための一つの大事なスキルだ、って子どもたちには言ってます。
勉強したことをどう生かしていくか、それが大事なんだって。
(それがどう影響したのか、我が家は誰一人勉強に没頭する者はいません・・)
子どもたちには、人として豊かな生き方をしてほしいし、そして他の人も潤せるような人になったらなお良いし、それに・・・
(やっぱり私は欲張りで、どんどん出てきてしまいますぅ~~:)
misaさんの言う「頭の良さ」、また「感受性の豊かさ」求めていきたいですね。

今年の夏、それぞれの子どもたちに進歩は見られるかな。

ミロママさんへ

私も欲張りですよv-392夫は学歴の高い若手をたくさん指導する立場なんですが、勉強はできて知識はあるけど、人としての常識とかが欠けてるってよく言います。でも、息子たちが成長してくると、自分の息子たちに重ねるんですね・・勉強だけじゃだめだっていうのが口癖になりましたv-356 難しいですけどね!
 

娘は中学の時の学校の成績だけで言えば、今の高校は絶対に「無理~」なはずですが、こうして合格して、しかももうあと半年で卒業、大学生になるかもしれない、っていうのは、「頭がいい」子なのでしょうか?きっと、中学の先生たちは「なぜ?受かったんだろう?」って今までのデータでは信じられないことだったでしょうね。

マミイさんへ

長男も娘さんと同じです。「お前が受かるとはなあ??」って言った先生もいるそうです。「でも最後に伸びるのはお前のようなタイプかもな」と付け加えてくださったそうですv-411 娘さんも「ここは踏ん張り時」がわかる頭のいいお子さんだと思います。きっと大学受験もその成功体験をバネにして頑張ってくれることでしょう!
夏休みとはいえ、勉強が大変でしょうね。
猛暑が続いていますので、体調に気を付けてくださいv-398

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

misa

Author:misa
2男1女の母
長男 医学部医学科2年
次男 医学部医学科3年
娘  公立高校2年
5年にわたる医学部受験生の母終了

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。